スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

はじめにお読みください

2010/11/10 Wed 05:25

このブログについて
このブログでは、主に雅子さまになされているさまざまな批判について書いています
ひとつひとつを調べていく上でわかってくること・管理人が感じたこと・思ったことなどを綴っています
このブログで取り上げている雅子さまへの批判については、「ドス子の事件簿」というサイトに時系列で記載されている「事件」を参考にしています
このサイトに記述されている順番に追っていますが、こちらで記事として取り上げた後に「ドス子の事件簿」において記事の追加・削除・変更が行なわれた場合はスルーしています
記事は現在定期的にひとつずつアップしていますが、これが変更になる場合もあります(2011/9/10削除)

コメントについて
基本的にコメントは受け付けており、コメントされた方に対し、管理人がお返事を返(2010.11.14修正)しています(2011/9/10削除)

コメントは承認制を取っています
コメント後すぐに表示されず、管理人の承認を得た後に承認されます
どのコメントを承認するかは管理人の決定によりますが皇室に関する意見交換・話し合い・議論の場となるようなコメントをお待ちしています
(2011/9/10追記)

コメントをいただくにあたり、注意していただきたいことは、このブログを管理人以外とのやり取りのためだけに使用していただきたくはないということです
ひとつの話題に対し必要以上に管理人以外とやりとりが行なわれるような場合は、コメントを削除することがあります
コメントの内容が他の投稿者に対して非礼と思われるものは管理人の判断で削除することがあります
また、管理人とのコメントのやり取りの末にブラックリスト行きとなった人物については、コメントをいただいても返信しません
管理人が返信しない場合もありますのでご了承ください(2010/11/12追加)
コメントをいただいた際、IPアドレスをチェックする場合があります
これは、IPアドレスが違うのに同じHNでの投稿・IPアドレスが同じなのに違うHNでの投稿・偽造IPアドレスによると思われる投稿などが時折見られるためです
普通にコメントしている分にはまったく問題になることはありません

管理人について
管理人diary_dailyについて、あちこちのサイトで事実に基づかない断定的なことが書かれています
あまりにも事実とかけ離れているので、これまでほかっていましたが、最近ではそれが一部において事実として認識されてしまっている状態のように見受けられます
このことに対し、管理人がもの申さずにいることが、事実上そうであると認めてしまっていると解釈されているかもしれないため、この場ではっきりとしておきたいと思います
管理人はプロ市民ではありません
管理人は創価学会会員ではありません
管理人は在日ではありません
管理人は韓国人や中国人など、日本人以外ではありません(つまり日本人です)
管理人は工作員ではありません
管理人は右翼ではありません
管理人は左翼でもありません
管理人はHNを偽ってこのブログにコメントしていません
管理人は皇室関連について、このブログ以外にコメントすることはありません
管理人は雅子さまの母や雅子さまの妹ではありません(2011/9/10追記)

以上を踏まえた上で、ブログをお読みください
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(58) | トラックバック(0)
コメント
言い訳に次ぐ言い訳、見苦しい限りだ
管理人殿へ

いったいいくつ嘘をついているのか?

×管理人は創価学会会員ではありません
×管理人は工作員ではありません
×管理人はHNを偽ってこのブログにコメントしていません
×管理人は皇室関連について、このブログ以外にコメントすることはありません



○管理人は一般市民のふりをした創価学会工作員です。雅子妃批判者たちを徹底的に貶め、事実を知らない人たちをだまし、雅子妃批判の情報に触れさせることを阻止しようとしています。
○管理人は”ひな”のHNを使いこのブログにコメントしています
○管理人は皇室関連について、現在のところはこのブログ以外にコメントすることはありませんが、過去にはあちこちのサイトにブルーフォックスを追いかけまわして中傷してました。

なお、この後魚拓をとらせていただく。


こんばんは
管理人さん、全て了解しました。

最近、緊張感なく書き込むことがあるので初心に戻る気持ちで読ませていただきました。


私事ですが最近、立て続けにいろいろあり、落ち込む毎日を送っています。

ドクターからは「つらい事にも意味があるんだよ」と言われ、私なりに考え
このつらい出来事をプラスに考えれば絶対、未来に役立てるような気持ちになれました。



20代の頃、職場に向かうのに電車を利用していました。
いつも知的障がいの青年が一緒にいて電車内でトラブっていました。

その時は「この子のお母さんは何してるの?1人で外出させて」 と思っていたんです。

今も、電車に乗ると知的に障がいのある方を見かけます。
1人で電車に乗り仕事場などに向かっているのでしょう。


今、自分の子が知的障がいとして生まれて育ててくる過程で悲しい事も多々ありましたが、良かった事もたくさんありました。


今、電車内で見かけても「この子のご両親は、どんな思いで子育てして、単独で外出させるまでに、どんなつらい事があったんだろう」と考えてしまいます。


もしかして、自分の子どもが健常だったら、あの時の気持ちのまま人生を終えていたかもしれません。


人生って修行の場とよくいいますが子どもに教えてもらい少しですが成長出来たと思っています。

管理人さんも、変な書かれ方をされて、つらいでしょうね。

きっと、このつらさにも意味はあると思います。
でも、どうかご自愛くださいね。


No title
基本的にコメントは受け付けており、コメントされた方に対し、管理人がお返事を返しています


超上から目線wコメントを返してやってるって感じ!傲慢か日本語を知らないかどちらかでしょう。
句点を打た無い文章を平気で書くのだから、日本の小学校を出ていないことは確かもしれません。
ひなさんへ
コメントありがとうございます
ひなさんのような、普通にコメントしてくれる人には、このようなことをいちいち伝える必要はないと私は思っています
ひなさんはあまり気にせずに今までどおりコメントしてくださいね

ご自身の辛い経験が物事に対する捉え方を広げるというのはたしかにありますね
私も不妊を経験して人を思いやる気持ちが少しだけ増した気がします
同時に、自分が経験していないことに対しても、「自分にはわからないたいへんさがあるのだ」と思うようになりましたし、「わからないなりにそのことを理解する」という姿勢を大切にするべきだと学びました
人生には楽しいことばかりじゃなくて、「どうして?」っていうような辛いことや悲しいこともありますが、それを「辛い」「悲しい」で終わらせるのではなく、それと同時に学ぶことや得ることがあるのだと思います
それに気づくには、時間が必要なときもあるし、時としては全然気づけなかったりもするんでしょうね
思うに、やはり「思いやりの気持ち」が大切なのではないかと…
人の立場になって思いやる気持ちがあれば、自然と相手を理解していけるような気がします
偉そうなことを言ってすみません
なかなか難しいですけど、そういう気持ちを努めて持って行けるようにしたいと思います
2010/11/12 01:42にコメントした名無しさんへ
無記名のコメントが多かったので、ややこしいのですが、http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-256.html#comment730のコメントに対するお返事です

超上から目線とのことですが、ここは私のブログですから、管理人である私による管理がなされて当然だと思います
句点を打たないのは、別に意味はありません
何となく句点がないほうが文章がきれいに見える気がするかなあ…という程度のものです
本当は読点もないほうがいいんですけどね

日本語を知っていると豪語できるほど日本語について研究者並に知っているとは言えませんが、日本で日本語教育を受けて育ち、一人の日本人としてコミュニケーションを取るのにまったく不自由はないだけの日本語の知識はあります
No title

>管理人が≪お返事を返して≫います

これは、重言です。ご存じですか。

>まったく不自由はないだけの日本語の知識はあります

ご自分をそう言い切れるのは本当にご立派でございます。自信が御有りなのでしょう。
重箱blogですので、倣って、隅をつついてみました。成る程。「生まれたての子供」に違和感を覚えないわけです。
竹さんへ
コメントありがとうございます

「お返事を返して」…ほんとですね、「馬から落馬する」のと同じですね…失礼いたしました
教えていただいてありがとうございます
早速修正します

私が「まったく不自由はないだけの日本語の知識はあります」と述べたのは、不自由しないのには十分な日本語の知識があるという意味で、日本語に長けているという意味ではありません
たとえば…敬語の使い方や、先ほど指摘していただいた「お返事」の件のようなことに関しては自信のないところや無知な部分はありますが、日常生活においては不自由していないし、多少間違いがあっても意味はわかってもらえる程度だと思うし、もし決定的に間違っていたとしても、説明されればわかるし、そういう程度の知識はありますよ〜という意味です
自信なんてとてもとても…です
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
創価学会は北朝鮮宗教である!
管理人殿へ
「あなたがそう思ったからだと思いますよ」
という言い方を覚えておいでだろうか。
旧サイトにおいて貴殿が当方に書いてきた一言だ。
管理人殿は時折おかしな日本語を使われるが、在日朝鮮人系創価学会員であろうか。

「創価学会は北朝鮮宗教である!」

No title
管理人様
 創価学会員とかプロ市民とか、そういうのどうでもいいけど
事実を検証なさってコメントなさらないと。
HN久邇晃子さんのコメ「一般参賀に愛子内親王が出た」事実はありませんよ。
全くの出鱈目です。
もし私が「皇太子様とSEXした事がある」と書いたら、ノーチェックで載せるんですか?

だから創価や在日のプロパガンダだと思われるのよ。
名無しさんへ
コメントありがとうございます

> 管理人様
>  創価学会員とかプロ市民とか、そういうのどうでもいいけど
> 事実を検証なさってコメントなさらないと。
> HN久邇晃子さんのコメ「一般参賀に愛子内親王が出た」事実はありませんよ。
> 全くの出鱈目です。
> もし私が「皇太子様とSEXした事がある」と書いたら、ノーチェックで載せるんですか?
>
> だから創価や在日のプロパガンダだと思われるのよ。

私の書いていることをよく読んでください
私は久邇晃子さんの書かれたことを事実として受け止めてはいません
調べた限りそういったことはなかったのではないか…と思っています
その旨記載してあります
あなたこそ、私の述べていることをきちんと検証した上でコメントしてください

「ノーチェックで載せるんですか」って言われても、コメントはコメントがなされた時点で記載されてしまいますから、チェックしようがありません
ですから、そのコメントに対して本当にそうなのかどうかは自分なりに調べたりコメントした方にお聞きするなどしていますよ
私のコメントを読んでいただければわかることです

> もし私が「皇太子様とSEXした事がある」と書いたら、ノーチェックで載せるんですか?

とは何とも下品な例えですね
言ってみれば、あなたがそうしたかどうかなど私にはわかりません
事実か事実でないか以前の問題…モラルの問題になります
おはようございます。
こちらのブログを度々拝見させていただいています。

皇太子様ご一家の皆様を大好きな者として、「なるほど」と感心したり
頭の下がる思いで一杯になったりしておりました。
コメント部分も楽しく、心ある人々の楽しい語らいを笑顔で読ませて戴いてもおりました。

今まで、拝見させていただいてるだけで、コメントをしたことはありませんでした。が、
心無い方に心無い言葉を浴びせられてる様子に何だか憤慨して思わずコメントさせていただきました。
私の様に陰ながら応援してる、そんな方々も少なくないと思います。
ブログ主様が、心無い言葉を浴びてることを憤慨してる方も やはり少なくないと思います。
皇太子様御一家を敬愛し、あるいは親しみを感じ、あるいは同情してと・・心を寄せる多くの日本人が、いる(数々の信頼出来るアンケート結果にあらわれてますよね)ことを感じて下さればと思ってコメント致しました。

突然のコメント驚かないで下されば、ありがたく思います。
卯月さんへ
初めまして、こめんとありがとうございます
卯月さんからのコメント、うれしく読みました
これからブログを続けていく上でとても励みになります
このブログには相当数のアクセスがあり、多くの人が訪れてくれているのですが、ブログを見てどのような印象を受けるのだろうと少し気になっていました
批判的に見る人も多いと思いますが、卯月さんのような方もいらっしゃるのだと知り、このブログを始めてよかった…と思えます
私自身、他のブログにはコメントしないですし、最近はコメントすることを控える人のほうが多いのかも知れません
そういう中でもこうしてコメントをしてくれる人がいるのは私にとってとても大きいです
もしよろしければ、これからもご意見等お聞かせ下さい
私の意見と違っても構いません
よろしくお願いします
創価学会工作員diary_daily殿、本年も新年早々、工作活動および"ひな"自作自演御苦労さま
お久しぶりである。
(ログだけはできるだけ取らせていただいているが)

新年早々の工作活動、ご苦労様である。
本年も徹底的に貴殿の工作活動を暴いていくので、お覚悟はよろしいか?

貴殿のサイトを下記の通り、拙サイトJUGEM支局において、インラインフレーム機能にて常時紹介させていただくこととした。

http://bluefox-speed.jugem.jp/

やはり、ご本人にお知らせするのが筋と思ったので、悪しからず。
何様のおつもりでいらっしゃいますか
 初めまして。皇室に関する記事、全て読ませて頂きました。わたくしは何派でもありませんが、そちらさまは、雅子様大好き雅子様派だということはよく分かりました。あなた様は、雅子様批判サイト等では、事実関係を確認せずに、憶測だけで批判したり、外見批判をしたりして、品がないというようなことを仰っています。さりながらあなた様は、ヘアスタイルについてコメントと称し、批判しています。秋篠宮様の前髪が長すぎて鬱陶しい、紀子様は固めすぎ、眞子様佳子様はサイドが整っていない、悠仁様も長くて整っていない。でも雅子様については、雅子さまがそうしたいのならまあそれでいいのでは、と書かれています。それから紀子様が体型と肌を保つのにも相当お金かかってそうだし、という記述も事実関係確認なしの、あなた様の憶測でしょう。さらに紀子様の発言について、何ともコメントしようがないのですが、もし後者なら雅子さまに言えばいいことで、会見で言う必要はなかったのでは?と思います 、という記述、これも憶測でございましょう?貴方様こそ事実関係確認せず、言いたい放題やりたい方だいなさっているようにお見受け致します。このような有様では、創価工作員と疑われても仕方ないように思います。もし違うのでしたら、こちらが納得できるように、身の潔白を証明して下さいませ。わたくしは何にも属しておりませんが、皇室の方々が、宗教や政治関係者に利用されることを好ましく思っておらず、ただ一国民として行く末を案じているだけでございます。
diamanteさんへ
コメントありがとうございます
私は雅子さま大好き派であるつもりはありません
何様のつもりでいるつもりもありません
私としては雅子さまに向けられたさまざまな批判について、情報源や信憑性を確認しつつ、状況やそうなったであろういきさつを推測するなどして語っているつもりです
想像したり推測して述べている部分は、あくまでも想像・推測だとして語っています
決して断定したり思い込んだりして語ってはいません
それを踏まえた上でお読みいただければと思います
ヘアスタイルについてはヘアスタイルは個人の好みでよいとした上で、それぞれの皇族について自分が感じたことを述べました
お返事ありがとうございます。
ヘアスタイルについて語るのも外見批判するのも、同じ品のない低俗な行為だと思いますよ。しかも貴方様は、雅子様についてだけ、雅子様がなさりたいようにすればいいのではないか、という風に書いてらっしゃるので、胡散臭く感じてしまいました。
diamante さんへ
コメントありがとうございます
ヘアスタイルについて語るのと外見批判するのが同じ品のない低俗な行為だとは私は思いません
雅子さまに対する外見批判をご存知でしょうか

雅子さまについてだけ「雅子さまがなさりたいようにすればいいのではないか」というふうに書いているわけではないと思います
記事をかいつまんで読まないでほしいです
でももしそういう印象を与えてしまう記事だったのなら、私がもう少し他の書き方をすればよかったのかもしれません
私にはそういう意図はありませんのでご理解いただきたいです
ご立派な管理人様
 価値観の違い了解いたしました。ヘアスタイルだけでなく、何でも語りたいことを、これからも存分に語るがよろしい。雅子様だけはどんなことでも雅子様のなさりたいように、とお書き下さいませ。わたくしは、かいつまんで読んでなどおりません。失礼ですよ。大変不愉快です。それから、かいつまむとは、要約するという意味です。日本語の使い方に気をつけあそばせ。出自を疑われますよ。日本人でいらっしゃるのでしょう?
 貴方様が、創価工作員でもなく、雅子様派でもなく、小和田家の関係者でもないのなら、どうしてこれほどまでに雅子様雅子様雅子様と、雅子様批判おかわいそうと、雅子様のことばかりお書きになるのですか。貴方様が本当に潔白で、何派でもないのなら、秋篠宮様や紀子様の批判に対しても何か調べたり、お書きになったりしてはいかがですか。秋篠宮同妃両殿下は、両陛下によく仕え、国民に尽くしているのに、反日勢力や創価工作員からいわれなき批判をされていますよ。それについては何も思わないのですか。
 
はじめまして
他のサイトで、こちらに書き込みがあると知り、読ませていただきました。
あなたのおっしゃる事はもっともだと思います。
私は管理人さんとは何の関係もない人間ですが、あなたの質問に、ぐうの音も出ないです。

出来たら管理人さんには天皇陛下や秋篠宮家のヘアースタイルだけではなく、高円宮家の三人の女王さまのヘアースタイルについても語ってほしかったです。
秋篠宮家だけだと、どうしても対立した感じに受け取られてしまいますよね。
紀宮さまも学生時代、長い髪を束ねずブローもきちんとされているようには思えませんでした。

皇太子さまも若い頃、寝癖などがあった記憶があります。

学習院って私は他校より校則は厳しいものだと思っていました。

私が学生時代は髪が肩にかかったらポニーテールはダメでしたがきちんと結ばなければいけなかったんです。

しかし、紀宮さまや高円宮家の3人の女王さまも学校へ髪をのばして通学していましたし、皇族だけが許されていたのか気になります。

管理人さんは、今の雅子さま批判に対して発言されるだけで、いっぱいいっぱいなのではないでしょうか?

秋篠宮さまの批判に関して書いていたら高円宮さまはどうか。。など広まっていきそうですし、私はこれ以上のお願いは無理があると思います。

勝手に書いてしまってすみませんでした。


diamanteさんへ
コメントありがとうございます
価値観の違いについて書いた覚えはないのですが、たしかにひとそれぞれ価値観は違いますし、私diamanteさんの価値観も違うのでしょうね
「かいつまむ」の意味ですが、なるほど、そうなんですね…きちんと意味を知らずに使ってしまいました
すみません
勉強になりました
私の言いたかったのは、「都合のいいところだけを抜き出している」という意味ですから、「かいつまむ」ではおかしかったですね
きちんと読んでもらえれば雅子さまに対してだけ「好きなようにすればいい」という思いではないのはわかってもらえると思ったのですが…

私がこのブログを書いている理由ですけど、書きはじめたら相当な作業になるでしょうし、お金になるわけでもないし、書かなくったって自分の生活はふつうに流れていくわけだし、そこまでする必要があるのか、そこまでする気持ちがあるのかどうか、けっこう迷いました
それでも書くことに決めたのは、それだけの思い入れがあったからだし、正直に言えば、旧ブログを荒らした「広告塔」に対して「コンチクショー」という気持ちが多少はあったからだと思います
私が雅子さまへの批判に対していろいろ書いているのは、そのことに興味があるからだと思います
さまざまな批判を見ていて、事実無根だったり、一部分だけだったり、歪曲されていたり、雅子さまに限ったことではないことであったりするのではないか…という思いがあり、いろいろと調べはじめたのですが、今のところ私の予想どおりの結果が出ているなあと思います
きっかけは自分が2人目不妊を経験してつらかったからだったのですが、いろいろ調べていくうちに皇室や皇族にも関心が出てきて、いろいろと知りたくなってきました
今定期的に記事を書いてはアップしていますが、けっこうな作業で、ひとつの研究・ひとつのプロジェクトみたいになってきました
たいへんだけど、はじめにやり遂げようと思ったことだし、私自身もっと知りたいので、これからも続けていくつもりです

秋篠宮さまや紀子さまへの批判があることも少しですが知っています
それに対しては、雅子さまへの批判と同様に、事実無根だったり歪曲されていたりするものもあるでしょうし、それらに対してはいかがなものかという意見です
それに対してもお書きになってほしいとのことですが、雅子さまへの批判だけでも手一杯ですし、私がターゲットとしているのは雅子さまへの批判についてですから、秋篠宮さま・紀子さまへの批判については書いていません
ただ、思いとしては同じような気持ちを持っています
ですから、私は秋篠宮批判派ではないし、秋篠宮批判派であり東宮擁護派の人たちとは意見が合わないのではないかと思います
雅子さまを擁護するような発言をしただけで創価工作員だの小和田家関係者だのと短絡的に決められてしまうのはびっくりです
普通のひとりの人間が私のような思いを抱くことも十分にあると思います
ご立派な管理人様
 ひなさんの名を借りてのお返事ありがとうございます。
 もはや貴方様の自作自演、明らかです。
 雅子さま批判に対して発言されるだけで、いっぱいいっぱいなのではないでしょうか、ということですが、秋篠宮様の前髪が鬱陶しいとケチ付けるお暇はあるのでございますね。中立なお立場から、公正に判断することのできる、ご立派な人格者のなさることは、わたくしのような下賤の者には理解できませんでした。ごめんあそばせ。
 雅子様の外見批判だって、皆さんそれぞれ思ったことを語っているだけだと思いますよ。それなのに、ご自分が、あろうことか皇族のヘアスタイルを鬱陶しいと語るのは、低俗ではなく、品のある行為だと思っていらっしゃるのですね。これからも存分にお語り下さい。自分がすることだけは品がある、正しいことだ思ってらっしゃるご立派なお方。
 秋篠宮様と紀子様に対する反日勢力や創価学会からのいわれなき批判をどう思うかという質問、完全無視でいらっしゃいますが、貴方様にとって都合の悪い質問でございますか。ご自分から、私は創価工作員ですと認めているようなものですよ。
 わたくしは、何も知らずに人を工作員だと決め付けるのはよくないと思っていましたが、貴方様のそのような態度、最早工作員と断定するしかありません。
 これからはどのようなハンドルネームで自作自演なさるのか、楽しみにしております。
ひなさんへ
コメントありがとうございます
高円宮家の3人の女王さまの髪型も「うーん」と思っていました
このあいだこの記事を読み返してみて思ったのですが、私はばさっとしている髪型があまり好きではないみたいです
いくら長くても愛子さまみたいにきっちり三つ編みにしているとだらしなく見えないし、雅子さまもサイドをまとめているのでそれほどだらしなくみえないと感じました
皇后さまや紀子さまの髪型にもいろいろ言いましたが、スッキリまとまっているのに好印象を持っています
サイドの髪が顔にかかると、それだけでだらしなく見えてしまうんですよね…
かつて皇太子さまも学生時代など、七三に分けた髪が落ちてきてしまっている写真などがありましたが、その時代は固めるスプレーなんてなかったのでしょうかね
ついでにいわせてもらえば、紀宮さまもすとんと下ろした髪型が多かったし、まとめたほうがすっきりするのになあと思っていました
また、紀宮さまは和服のときにもおかっぱのままで、和服にはアップした髪型や、アップしないにしても前髪の上のあたりだけでも束ねるといいのになあと思ったことがあります

私が中学生だった頃はまだまだ校則が厳しかったのですが、最近はそうでもないのかもしれませんね
学習院でも同じなのかもしれません…わかりませんけど…
でも、校則云々の前に、きちんと見える髪型にしたほうがいいなあと思います
diamanteさんへ
コメントありがとうございます
diamanteさんも早起きなのですね
自作自演…この言葉を見るたびに溜息が出てしまいますが、私は自作自演していませんし、ひなさんは私とは別人です
先ほどあなた宛てのコメントを書いているときにあなたからこのコメントをいただきました
昨日は出かけていたので返信できなかったので今日しているわけですが、それだけで完全無視だとか言われるのはびっくりです
あなたが私を自作自演している工作員だと「断定」したということに残念な思いですが、思い込みでこういう「断定」をした人とはわかりあえないことが多いので、たぶんdiamanteさんとも平行線になりそうですね

私はこれからも自分の思ったこと・書きたいことを書き綴っていこうと思います
公平に判断することは難しいことです
私だってそうしているつもりでもどうしても主観が入ってしまうし、思い込みだってあると思います
ただ、それをしないようにと努力しているつもりですし、何か人から意見されたらそれに聞く耳を持っているつもりです
No title
わたくしは海外在住ですので。
ご立派な管理人様
 お返事ありがとうございます。日本時間では考えられないような時間帯の投稿、失礼致します。貴方様の言い分、よく分かりました。完全無視と書いたことへの非礼、お詫び致します。そして秋篠宮ご夫妻に対する考えも了解致しました。これからも存分に雅子様への思いのみ、お語り下さい。
 それから、ひなさんと同一人物であると決め付けたこともお詫び致します。そこで一つお願いがあるのですが、次回ひなさんからコメントが書かれた時は、いつも管理人様が疑われるような狙ったタイミングで投稿しないように、とお返事に添えて頂けませんか。心お優しいひな様がそのようなつもりでないのは、承知しておりますが、真に管理人様を思うのなら、お気を付けあそばした方がよろしいと存じます、とお伝えください。
 貴方様が管理人とのやり取り以外に、コメント欄を使わないように、と注意していらっしゃるので、ひなさんに直接お願いすることができません。何卒よろしくお願い致します。
diamanteさんへ
コメントありがとうございます
日本時間の早朝のコメント、まったくかまいません
いつでも好きなときにコメントいただいても大丈夫です

ご理解いただけたようでうれしく思います
これからは変わらず自分の思うことや感じたこと、意見などを書き綴っていきたいと思います

ひなさんのことですが、そのようなことを私がお願いする必要はないと思います
ひなさんが私の自作自演かもしれないなどと、短絡的に思い込まなければいいだけのことです
「はじめにお読みください」にも書き記してありますが、私は自作自演などしていません
それから、私は私とのやり取り以外にコメント欄を使わないようにと書いてはいませんよ
一時そうお願いした人もいましたが、今は「管理人以外とのやり取りのためだけに使用していただきたくはない」だけです
少なくともdiamanteさんからコメントをいただくようになる前に「はじめにお読みください」はアップしていました
diamanteさんはもっと以前から私のブログを訪れていた方なのでしょうか…
今は他の方にちょろっとコメントを宛てる分にはかまいません

「はじめにお読みください」に書かれていることを踏まえた上でコメントをいただきたいと思いますので、もう一度読んでみてくださいね
でも近いうちに修正なども入れたいと思います
http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-256.html
自作自演を疑われているおかわいそうなご立派な管理人様をお救いする為に
 心お優しいひな様、貴方様は、1月9日に、他のサイトで、こちらに書き込みがあると知り、読ませていただきました。とコメントなさいましたが、どちらのサイト様ですか。URLを教えて頂きたく存じます。どちらのサイト様か確認できれば、ご立派な管理人様の疑いを晴らす為の助けになると思います。
 貴方様がもし、噂と違い実在の人物ならば、ご協力ください。いつも管理人様を励まし、ピンチになるとすかさず現れて、味方になっていらっしゃるお優しい方ですから、管理人様の無実を晴らす為、お力を貸して頂けますよね。URLを教えるなんて手間のかからない簡単な、誰でもできることですから、教えて下さいますね。教えて下さると確信して、楽しみにまっております。
事実確認の為に
 卯月様、初めまして。まず、自作自演と疑ったことをお詫び致します。
 
 貴方様は12月26日に、数々の信頼出来るアンケート結果、と書かれていますが、ソースはどちらでしょう。
 わたくしも大変ご立派な管理人様や、貴方様のように、正しい判断ができるようになりたいので、アンケートを見てみたいです。ソースのご提供を願います。インターネット上ならURLを、雑誌、書籍の類なら、題名と著者名、出版社を教えて下さいませ。雑誌か書籍である場合は、日本の親戚か友人に頼んで、図書館で探してもらい、コピーを取って送ってもらおうと思います。
 管理人様から自己中心と言われましたが、価値観は違えど、日本を思う気持ち、皇室を敬う気持ちは同じです。
 ご立派な管理人様からは、自己中心女が何をいうかと思われるでしょうけど。
 
 ちゃんとソースが確認できれば、わたくしだけでなく、他の方々も納得し、管理人様や自作自演と言われている方々の疑いも晴れますよ。
 ご協力くださいね。
拙サイト開設4周年に際し、改めて創価工作員サイトとして大々的に紹介させていただいたのでご報告申し上げる
管理人殿
貴殿のこちらのFC2サイトがスタートしたのが2007年1月16日であった。
間もなく4周年であるな。
当方は本日4周年を迎えた。

宿敵たる貴殿のことも、改めて大々的に取り上げているので、礼儀としてご報告申し上げる。

 逆恨みによりブラックリスト行きにされた、管理人とは互いに宿敵のブルーフォックス 拝

diamante様
海松子びっち様
そしてルビー様

はじめまして。
皆様のご活躍、大変うれしく思います。
拙サイトでも、徹底的にこの管理人の工作活動や自作自演を暴いておりますので、是非ご覧ください。


http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/100850
どうして
どうして、みんな仲良くしないの。

涙が流れて止まらない。
創価の何がお嫌いなんですか?

家は、浄土真宗西本願寺です。


なんか夫が亡くなった時も、こんな感じでした。

もめて分骨して、福井と京都、名古屋に分骨しました。

くだらなかった。

浄土真宗西本願寺派は親鸞上人です。


ドサッと勉強しなさいと本をもらいました。

他力本願の意味もあまりにも深すぎていみわかんないって感じです。

ハンセン病患者さんを侮蔑しまくった宗教なのに、誰も悪く言わないんですね。



死刑判決を受けた受刑者が西になっただけで冤罪です。ひなさん署名くださいなんておかしな話です。


事件の内容も知らないのによくみんな署名するなぁと見ていました。


私もブラックリスト行きの覚悟です。


親鸞上人も人間ですよね?
同じ人間が作った宗教の何がどう違うのですか?

創価をつぶしたいのですか?
雅子さまだけでしょうか?
民主って民主党の事ですか?


どなたか教えてください。


返答事前考察
 コメントありがとうございます。

 ブラックリスト行きなんかにしませんよ。
 
 ブラックリスト行きになるのは、人に迷惑な非常識なコメントをしている人だけです(考察1、批判派その他反対意見を述べ続けた者、高貴な私の意見に同意しない者、何よせっかくブログ読ませてあげてるのに)

 いつも親切にしてくれて、必ず助け船を出してくれる人をブラックリスト行きにする要素はありませんから。

 どうか安心して、これからもいつでもコメントして下さいね。
 
 私の意見と違っても構いません。(考察2、他の者がこの言葉を、返答を受ける者のみと知らず、違う意見をしたら、自己中心と恫喝)

 diamanteさん、貴方のは、意見ではなく、要求でしたという、逆ギレは無用です。

 それから失礼なのは十分承知してますから、説教も無用です。
 
 自分は、生まれてから今まで、一度も失礼なことをしたことなどないと、思ってらっしゃる方。
 

 仲良くしようとしたのに、気に入らない表現をしただけで、ブラックリスト行きにされ、管理人から自己中心と言われた女より
訂正
 仲良くしようとしたのに、気に入らない表現をしただけで、管理人から自己中心と言われブラックリスト行きにされた女より

補足
 自己中心と言われてから、ブラックリスト行きになったものですから。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
許してください。
No title
疑ってごめんなさい。
No title
創価工作員なんて思ってません。
あらら
大荒れですね(笑)
どうか無理せずマイペースに続けていただけたらと思います
ココさんへ
(http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-256.html#comment1002への返信です)
(への返信です)
コメントありがとうございます
大荒れ…というよりも、私が単にブログを更新できずにいただけですけどね…
これからは少しずつですが、進めて行きたいと思います
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
いつもありがとうございます。
いつもブログの更新、ありがとうございます。
私は、必ずしも「ブログとは、他者と議論をしながら進めていくべきものだ」とは考えていない人間なものですから、
コメント欄をいろいろな意見をお持ちの方にも開放なさっている、管理人様のお心の広さに、頭が下がる思いです。
これからも陰ながら応援させて頂きます。
(突然のコメント、失礼致しました。)
たぬきさんへ
コメントありがとうございます
私も「ブログとは、他者と議論をしながら進めていくべきものだ」とは考えていませんが、皇室のことは私自身まだまだ知らないこともたくさんあるし、ブログを始めるにあたって「批判的な考え方を持っている人たちはどう捉えているのだろう」という疑問もあったので、コメントを受け付けることにしました
言いがかりのような「事件」を取り上げた記事に、さらなる言いがかりのコメントをいただくようなこともありますが、「なるほど」と思うこともあるし、私の認識間違いが明らかになることもあるし、メリット・デメリットはありますが、一定のマナーを守った上でのコメントのやり取りならしていきたいと思っています
いろんな人がいていろんな考えを持っているのですから、どこで線引きをするべきかが難しいのですけどね…
ときどき疲れてしまうこともありますが、今のところは続けるつもりです

実は少し自信をなくしていました
私が数多あるブログの中のたったひとつのブログで意見を述べたところで何がどう変わるわけでもない気がしていて(何かを変えようと思っているわけでもないのですが…)、ブログを続ける意味があるのかしら…などという考えがふっとよぎったりしていました
でも、たぬきさんからコメントをいただいて、少し前向きになれた気がします
私も他のブログにはまったくコメントしないので、膨大なアクセス数を見ると、ROMに徹している方も多いのだろうとは思います
その中でも反対意見をお持ちの方もいるでしょうけど、たぬきさんのように陰ながら応援してくれている人がいるということが励みになります
これからもよろしくお願いします
No title
初めてコメントします。僕はインターネットの一部サイトでの
雅子様への罵詈雑言のあまりのひどさに激しい憤りを感じています。また、そのようなサイトを雅子様がご覧になられた時のご心痛を思うと本当に心が痛みます。一方的な中傷に対し管理人さんは一方的に雅子様を擁護するのではなく、冷静で客観的な態度で
「真実」を追及していると思います。貴方の努力に頭が下がります。陰ながら応援していきたいと思います。
ミトラさんへ
コメントありがとうございます
私のこのブログに対する姿勢を的確に読み取って下さったこと、うれしく思います
おっしゃるとおり、さまざまな批判事項を冷静に見て、「たしかにこれはそう受け取られても仕方がない」というものもあるし、それはそれできちんと述べて行きたい、というのが、私の姿勢です
ミトラさんのような方からコメントをいただくと励みになります
何かご意見などありましたら、またコメントしてください
こういうサイトもあるのだな
皇室関連の検索をすると、顎が外れるほどひどい中傷が並ぶのに驚いていました。
出来るだけ客観的に検証しようとするブログはとても貴重ですね。
情報源も少ないでしょうし、大変だと思います。

私がぼんやりなのかもしれませんが、心療内科の分野の病気で療養していることについて批判的な人がいるのはしょうがないにしろ、宗教批判だとか、家柄とかで、なぜ人格否定のような暴言につながってしまうのか、全く理解できません。
正直、病気に対して周囲が過保護すぎる気がしていたのですが、患者の好きなことをさせて経過を見ようとするだけで、あれだけバッシングされるなら、過保護になるのもしょうがないのかな、とすら今は思っています。
自分が同じ状況になったら、何をするにも怖くなりそうです。

もう大人なんだから、細かいことは水に流して、皇太子と秋篠宮がもっと仲良くしている姿をアピールすればいいのにな、と思います。
特にお互いの子供たちのために。

ちなみに私は無宗教、中庸(その時の気分で右翼にも左翼にも、まあこだわりなし)です。
それが平均的な目の前の生活にいっぱいいっぱいの日本人かと、最近まで思っていました。
人を愚弄しないと保てないこだわりなら、持っていなくてよかったとすら、皇室について検索すると考えてしまいます。

長く続けると対象に愛情が湧くこともあると思いますが、是非、ことさら擁護視点でもなく、淡々と検証を続けていただければ、いち日本人(基本筆記の際は皇室関係者は称号表記ですが、こんな日本人もいます)として嬉しいです。
yさんへ
コメントありがとうございます

私も初めてネットでの皇室批判を目にしたときは本当にびっくりしました
ここまで批判的になれるのにも驚いたし、その情熱・一生懸命さ・必死さが理解できず、「何故なのだろう」という疑問ばかりが残りました
その疑問は「いろんな人がいていろんな考え方があるのだ」という思いに辿り着くにとどまっています
雅子さまが適応障がいと診断されて以降については、私自身が適応障がいについて・精神的な病いについて知っていると言えるほど知っていないために書けずにいますが、雅子さまをひどく批判する人たちに精神的な病いについての知識があるのだろうかと疑問に思います
最近感じるのは、そのように批判なり擁護する人たちの皇室に対する思いは、私のそれとはかなり温度差があるのだということです
思い入れがあればあるほど感情も激しくなるし、まるで自分のことのように怒ったりムカついたりするのでしょうね
私にはそこまでの思いはなく、ただ私なりに冷静に今の皇室の現状を見つめて感じたこと・思ったことを書き綴って来たつもりです

私もyさんと同様無宗教だし、右翼でも左翼でもないし、私のような人が大方だと思っていました
でもネットでのさまざまな批判を見ているとそうとも思えないときがあります
それなりの言い分はあるのでしょうが、あまりにも度の過ぎた誹謗中傷には心を痛めます
もし自分や自分の大切な人が同じ状況だったら…と想像することはできないのでしょうか

皇太子一家と秋篠宮家の不仲もささやかれますが、皇室と言えども一般市民と変わらず、兄弟だからと言って仲よしこよしというわけではないところもあるでしょうし、当事者にしかわからない問題もあるでしょうし、それをまわりが監視してあれこれ言うのは、小姑以上の煩わしさだろうと思います
更新待っています
初めてコメントします。

私は特に皇太子ご一家擁護派でも秋篠宮家擁護派でもなかったのですが、今の皇太子ご一家への誹謗中傷はひどいものですね。

何が真実なのか知りたくて、あちこちのブログを見るうちにdiary_dailyさんにたどり着きました。
秋篠宮家擁護派で、diary_dailyさんのように冷静に真実を見つめようとしているブログをご存じですか?ぜひ読んでみたいです。



はなさんへ
コメントありがとうございます
すみません、秋篠宮擁護派で冷静に書かれているブログというのを私は知らないのです
私もそういうブログがあれば、読んでみたいなあと思います
ただ、やはり「擁護派」となれば、偏った見方になってしまうのかもしれません
私は雅子さまへの批判を主とする皇太子一家への批判についてもの申していますが、かといって自分が東宮擁護派であるつもりはないんですよね
ただ、見る人から見ればそう見えるのかもしれませんし、「東宮擁護派じゃない!!」と言い張るつもりはありません

最近は全然ブログを更新していませんが、あまりにも東宮批判への情熱が高い人たちが多くて、何と言うかついていけなくなった気持ちでいます
思うことはいろいろあるのですが、文章にするまでに至らず…という感じです
初めてコメントします。
私は最近までこんなに皇太子ご夫妻への批判があることを知らなかったのですが、同時になぜこんなにみんな批判するのか?と思っていました。批判されている事柄も別に批判される事柄ではなくない?ってことも私的にはたくさんあってなんか悶々としてたのですけど、このブログを見つけて勝手にですが自分と考えが似てる!!と思ってスッキリしました。変な文章ですいません。
パンダさんへ
コメントありがとうございます

ご意見が似ているとのこと、うれしく思います
最近は全然更新していなくて申し訳ないです
私なりにいろいろ思うことはあるのですが、なかなか文章にならないって感じです

皇太子ご夫妻への批判は本当にひどいものだと思います
いろいろ考えるのですけど、いくら私がこのように雅子さまへの批判を検証し、批判されるべきことではないと述べても、批判的な考えを持った人の考えが変わるわけではないし、結局のところ何がどう転んでも批判的な視点で見る人にとっては批判の対象にしかならないように思います
そういう人たちに何か言ってもエネルギーの無駄かな…と思うようにもなりましたし、私が頑張ったところであまり役には立てないように思ったりもしていました
でも、パンダさんのような方に出会えると少しほっとします

ご意見がありましたらまたコメントください
そんなことはありませんよ
またコメントします。

diary_daily様、

そういう人たちに何か言ってもエネルギーの無駄かな…と思うようにもなりましたし、私が頑張ったところであまり役には立てないように思ったりもしていました

と書いていらっしゃいますが、そんなことはありませんよ。

今の皇太子ご夫妻へのバッシングはおかしいと思う方は、全国にいらっしゃるはず。
このサイトを見て、納得される方も多いはず。
記事を読んで、ご夫妻を応援しようと思う方も、たくさんいらっしゃると思いますよ。

私もその一人です。元気出して下さいね。


返信コメントありがとうございます。
本当にdiary_dailyさんのおっしゃる通りだと私は思います!結局批判する人は批判します。誰が何を言おうと考えを改めることはないと思います。diary_dailyさんが疲れるのもわかります。(すいません勝手に疲れていると思っています。)でも私は勝手にdiary_dailyさんに感謝しています。なぜかと言うと私の言いたいことを代弁してくれてる!!!!からです。
こんな私もいるのでdiary_dailyさんの頑張りは役立っていますよ!!ちょっと意味不明かもしれませんが・・・すいません。
はなさんへ
コメントありがとうございます

そうおっしゃっていただけて…本当にうれしく思います
同じように感じている人がいるんだとわかったのもうれしいけど、励まされた気がします

実はこのブログをめぐって少し落ち込むことがあって、それもひとつの原因でブログから遠ざかってしまっていました
えらそうなことをズラズラ書くほど偉い人間じゃないのに…なんて思ったりもしてました
でも、わかってくれる人もいるのだと思うと、本当にうれしく感じました

たいへんな立場にいる雅子さまにとって適応障がいを克服するのは本当にたいへんなのだと思います
一般庶民とは同じわけには行かないのですよね
何をするにも注目されてしまうし、失敗が許されない立場だし、公務も100%の保証がなければ許可できないのかもしれませんよね

今回オランダ国王の即位式に出席できて、よかったと感じています
いい方向に行くとよいです

またご意見お聞かせください
パンダさんへ
コメントありがとうございました

うれしいコメント、本当にありがとう
力強くて何だかくすぐったいくらいです
私は自分自身が2人目不妊を経験したことから雅子さまのことをあれこれ考えるようになって、ブログに考えを綴るようになったのですが、けっこうこてんぱんにやられた時期もあって、「うへー」となってしまったこともあったし、「なにくそ〜」と思ったこともあったし、気持ちに波があって、このことで私生活に影響も受けてしまったこともありました

ブログから遠ざかっていた理由は他にもあるのですけど、あまり根を詰めすぎずにまた思いを綴って行けたらよいな…と思います

またコメントくださいね
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。