スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

衆議院議員総選挙

2009/08/31 Mon 07:09

久々の投稿です
昨日は衆議院議員総選挙でした
はじめから民主党有利と言われ、政権交代がささやかれていて、自民党にとっては苦しい選挙なのはわかっていたのですが、こんなにも大差がついたのには驚きです
ここまで自民党が議席を減らすとは思っていませんでした
いろんな意味で「すごいなあ」と感じました

私は特に支持している政党はなく、どの政党に投票するべきか、どの候補者に投票するべきか、全然決まらないまま投票所に行き、その場で適当に投票してしまいました(笑)
私には政治のことはほんとによくわからなくて、正直度の政党が政権を握ってもそう変わらないんじゃないかなあという思いがあります
特に民主党って自民党とあんまり変わらないような気がします
民主党のメンバーを見ても、自民党から流れて行った人が多いですよね
今の自民党もどうなのかなあという思いはありますが、自民党を離れて民主党に入ったメンバーを見ていると、自民党への恨みみたいなものを抱えてるような気もして、本当に日本をよくしていこうという意気込みが感じられなかったりします

民主党政権時代がやってくることに対して、私は「まあそれもいいんじゃないの?」という思いです
民主党の政策がいいか悪いかはわからないけど、とりあえずやらせてみるのもいいのではないでしょうか
実際、民主党は政権交代になりそうだという雰囲気になってから、今まで自民党を批判するネタにしてた項目をちょろっと変更したりしてるし、言ってることはたしかにそのとおりだけど、いざ実行するとなるとなかなか難しいってことはたくさんあると思います
民主党が今まで主張していたことがどこまで実行に移せるのか、見守っていきたいです

自民党も今回の大敗を受けて、与党としてのおごりを少しは反省してくれればいいと思います
長いあいだ政権を確保していればそれにあぐらをかいていただろうし、でも政権を失って、そんなことはもはやしてられないのだと言うことを実感し、本当に日本のことを考えていってくれればいいですよね

それから、公明党はどうするんでしょうか
私はある人から「創価主婦」なんて命名されちゃってますが、ほんとに創価学会信者じゃないんですよね(笑)
公明党って議席数は少ないのに、自民党に寄生してちゃっかり与党になっちゃってましたが、自民党が敗北したら寄生している意味がなくなってしまいます
ジャイアンのそばにいるスネ夫みたいなものです
ジャイアンのそばにいて威張ってたら、ジャイアンは実はのび太だった、ってかんじかな(笑)
今後公明党がどうするのかも見物です

公明党もそうですが、今回は幸福実現党から多くの立候補者が出ました
思うんですが、宗教が政権を握るのは怖いと思います
信者はその政党が本当によいのか、その政策が本当に正しいのかを判断することなく、自分が信仰する宗教だからというだけで投票してしまいます
こういう政党はいい票集め団体として利用されてしまうんじゃないでしょうか
公明党は自民党のコバンザメだったけど、自民党も公明党の票に助けられていたわけだし、言い換えれば公明党の票を利用していたってことですよね

これからの日本がどうなるのかわかりませんが、どの党が政権をとっても、最終的に国民にとってよりよい方向に行ってくれればいいと思います

ずいぶん長いこと書いていませんでしたが、明日からまた皇室について書いていくつもりです
スポンサーサイト
政治のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)

臓器移植と脳死

2009/06/22 Mon 05:50

先日衆議院を臓器移植法改正案が通過しました
今までの人の死は原則心臓死というのが変わり、脳死が人の死であるという案です
そして臓器移植の年齢制限がなくなります
この問題は一言でこちらがいいとか悪いとかでは片付けられない難しい問題だと思います

もし私の子どもが臓器移植をしなければ生きられないと言われたら、臓器移植をする道を探すでしょう
海外に行ってでも、どんなにお金がかかっても、なんとかしようとすると思います
そういう状況のときに、国内でも子どもからの移植が可能となるこの案の可決をうれしく思うでしょう

けれど、もし自分の子どもが事故などにあって、脳死状態だと言われたら、体もあたたかく心臓も動いているのに、この子が法律では死んでいると認めることができるだろうかと考えると、とてもできない気がします
そういう状態で、子どもから臓器を取り出すための手術などをさせるなどできないと思います

私が思うに、「脳死」という状態を作り出してしまった医学の進歩が最大の問題なのではないでしょうか
昔も心臓は動いているけれど、脳が死んでいる状態というのはあったはずですが、脳が死んだらそのあと間もなく心臓も停止し、脳も心臓にも死が訪れていました
脳死という状態は継続するものではなく、死の兆候のようなものだったのだと思います
それが、人工呼吸器などで脳死という状態が長いこと保てるようになり、脳は死んでいても他の体の部分は元気に動いている状態が生まれ、そういう状態だからこそ可能になる臓器移植という可能性が広がったように思います
脳死という状態が生まれ、臓器移植が可能になったと言われたら、臓器移植をしなければ生きられない子どもを持つ親は臓器移植を考えるのは当たり前だと思います
人間の尊厳だとか臓器移植の是非だとか脳死の判定だとか、そういうことをさまざまに考えてが故ではなく、子どもを助けたいという親の純粋な気持ちから生まれる思いです
自分がそういう立場なら間違いなく同じように思うでしょう

私は今回の改正法案の通過に「うーん」という思いがあるけれど、子どもを助けたいと思う親たちがこの法案通過をうれしく思うことを責めるつもりはありません
いくら倫理的にどうだとか言われても、子どもが助かるのならどんなことでもしようと思うのが親心だと思います
それをよく理解した上で、本当に脳死を人の死としてしまってもいいのだろうか、という気持ちにはなります

けれど、それを考えるには、もうすでに世の中には(特にアメリカなどの臓器移植先進国では)臓器移植が一般的になりすぎているように思います
どの国でも臓器移植を待つ人は多いし、それぞれの国がこの問題に関して国内でどうにかするように…というのはごく自然な流れだと思います
そういう中で日本国内で臓器移植が難しいというのは、臓器移植を望む人たちからしたら「どうして?」という思いになってしまうのでしょうね
具体的にどうするべきなのか、私にもわからないけれど、こういう一歩がまた新たな難しい問題や状態を生んでしまうような気もします
政治のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)
自民党の加藤紘一元幹事長が、テレビ番組で、2002年に北朝鮮から一時帰国した拉致被害者たちを、約束どおり北朝鮮に戻すほうがよかったと発言したそうです
このことが原因で、現在の日朝関係が打開できないのだとの見解で、もし約束どおり拉致被害者を戻していれば、被害者が何度も日本北朝鮮間を交流することになっただろうと言ったそうです
また、北朝鮮に戻してしまうと拉致被害者は殺されてしまうんじゃないかと安倍前首相らが言ったけど、殺すなんてことができるわけないじゃないか、と安倍氏批判をしたそうです
なんていうか…こういう発言てほんと心ないと思います
たしかに、拉致被害者を戻さなかったことで北朝鮮が逆ギレして、それが今の日朝関係に影響を及ぼしてるっていうのはあると思います
国外交渉というのは、なるべく波風を立てないように行なっていくのが理想だと思うし、そういう意味では、日本が拉致被害者を戻さなかったのは、けっこうな強硬手段だったと思います
政治的な視点から見れば、そのことで日朝関係が打開できないのは痛いことなんだろうけど、拉致被害者やその家族たちの気持ちをわかっていないなと感じます
あのとき、拉致被害者5人を日本に引き止めたことで、北朝鮮に残してきた家族と長いこと離れ離れになってしまって、つらい時期を過ごしたことと思います
でも、そのあと拉致被害者の家族たちも日本にやってきて、今は日本で家族そろって暮らしていて、こうなったのは、もしかしたら、あのとき拉致被害者を日本に引き止めたからだったかもしれません
もし、あのとき北朝鮮に戻してしまっていたら、もしかしたら家族は日本に来れなかったかもしれません
今の日朝関係の険悪さを「あのときああしてればどうのこうの…」などと言って批難するのは政治家としてどうなの?って思います
曽我さんのお父さんはもう亡くなってしまったけど、曽我さんの娘さん2人には会うことができたし、私はあのとき拉致被害者を戻さなくてよかったと思います
政治的にはかならずしもいい方法ではなかったのかもしれないけど、はなればなれになっていた家族の感情を思うと、今になって「ああしないほうがよかった」なんて言うのはあまりに非情だと感じてしまいます
国外交渉ではいつもいつも相手ペースになってしまう日本が、あのときは珍しく強攻的に出たように思いました
いろいろな考え方があるとは思うけど、ああすることが間違っていたとは言えないと思います
ただ、まだ北朝鮮には拉致被害者が残っているので、5人の拉致被害者家族が帰ってきたからよかったよかったとは言えないんですけどね
それにしても、こういうことで安倍氏批判をする加藤紘一氏ってちょっと見損なってしまいました
私は安倍派でも加藤派でもないのでどっちの見方っていうんでもないんですけど、日本の外交の下手くそっぷりを安倍さんだけに押し付けるのはどうかなと思います
政治のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)

守屋事務次官の接待事件

2008/02/01 Fri 23:12

これもまたずいぶん前の話ですが…
守屋次官が逮捕される前にマスコミのインタビューに答えているようすを見ていて、あんなにぼんやりした顔で受け答えをする人が政治に携わっていて大丈夫なんだろうか、と心配になってしまいました
政治ってとても難しいことだと思います
私にはわからないこといっぱいあるし、頭の切れる人がするべき仕事だと思うのに、この人で大丈夫なのかなあという人って政治の世界にけっこう多いですよね
見た目だけではわからないこともあるかもしれないけど、もうちょっとしゃっきりしてほしいものです
政治のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)

失言じゃないけど・・・

2007/07/25 Wed 17:55

安倍首相が「改革を実行できるのは自民党と民主党です!!」って言ったというニュースを聞きました
民主党じゃなくて公明党の間違いだったわけで、すぐに訂正したけど、バツの悪い笑みを浮かべる安倍首相を見て、あれまあ・・・という気持ちになってしまいました
こういう言い間違いはよくあることで、自分は言ったつもりはないのに、ふいに口をついてしまったってかんじなんだろうけど、よりによってこの時期に民主党のこと褒めちゃうような言い間違いをしてしまって、まずった~って感じです
口は災いの元とはよく言ったものです
私も気をつけなくちゃ・・・口だけじゃなく、ブログでも推敲することを常としなくては、と思います
何を書くのも自由だけど、それにしたってあんた、そりゃあどうよ?ってこと、多いですからね
政治のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。