スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

安藤美姫選手について

2009/01/30 Fri 14:37

前々から感じていたことなのですが、去年の年末に行なわれたフィギュアスケート全日本選手権のときに、安藤美姫選手の発言はちょっとどうなんだろうと感じました
フリーの演技前のウォームアップのときに、安藤選手と村主章枝選手が接触してしまい、そのときに安藤選手は足を痛め、フリーでは得点が伸びずに3位でした
ウォームアップ時の接触というのはけっこうあるようで、みんな気合いが入っている分まわりが見えなくなっていたりするのかなと思います
接触事故の原因はいろいろあると思いますが、どちらが悪いかとかはさておき、安藤選手は試合後のインタビューで「30%以下の力しか出せなかった。右足に『頑張ってね』って言って出たけど、筋肉が張って、投げ出したいぐらいつらかった」と泣きながら言ったり、表彰台で正月の過ごし方について聞かれたときに「たぶん、日本にいる。足が良くないので病院に通うことになる」と言ったり、なんていうか、間接的に村主選手を避難するような物言いが気になりました
その年最後の大会で、ベストの演技をしたいと思っていた矢先、接触事故でケガをしてしまった安藤選手の悔しさはわかります
どうしてこんなときに…と、村主選手を責めたくなる気持ちにもなると思います
でも、それを口に出してしまうのは、聞いていてあまりいい思いがしませんでした
ネットでいろいろ検索したら、安藤選手が「村主選手も痛い思いをしていると思う」という趣旨のことも言っていたのにテレビ番組はカットして報道していたりもしたらしいのですが、そうだとしても安藤選手の発言は言い訳がましいものが多いと思います
今までの安藤選手のインタビューでの発言を見ても、ケガの話をするときにケガを言い訳にしているような言い方をしたりすることもあって、そのたびに「うーん」という思いでいました
もともと私は安藤選手を応援していたし、トリノオリンピックに出場が決まったときも「よかったなあ」と思ったのですが、トリノオリンピックに出場したときの安藤選手がフリーの前に「4回転ジャンプができるのに試合でしないのは私はいやだ。男子の選手でもできるのにやらない人がいる。それはずるいと思う」といった主旨のことを言ったときから「なんだかなあ」という思いを抱くようになりました
安藤選手がそう思うのなら、ただ安藤選手がやればいいことだと思います
そういうベストの尽くし方はあると思います
でも、他の選手を引き合いに出して、自分を正当化するような言い方には幻滅しました
ケガにしてもプレッシャーにしても選手にとってはほんとうにたいへんなものだと思います
そういう立場にない私がどうこう言うことではないのかも知れませんが、もう少し潔さを持ってほしいと思います
それから、自分の思いどおりの演技が出来なかったときの言い訳や逃げ道を持たないでほしいと思います
そのへんが安藤選手の精神的な弱さなのかなと私は思ったりします
トリノオリンピックのときの安藤選手はお世辞にもすばらしい選手だとは思えませんでした
あのころの安藤選手は本当につらい日々を送っていたのではないかと思います
でも、そのあと体もしまって、演技も抜群によくなってきたと思います
その努力はすばらしいと私は感じています
実力は十分にある選手だから、これからも応援したいと思っています
だから、言い訳や暗に他者を批難するような発言はやめてもらいたいです
あの接触事故のあと、安藤選手が村主選手に泣いて謝罪したらしいのですが、そのときに言った言葉が「私の運が悪かっただけ。ごめんなさいと言いたい」と聞いて、またがっかりしてしまいました
あくまでも悲劇のヒロインを演じたいのかと思ってしまいました
あなたが謝らなくちゃいけないのは、そこじゃないでしょ、と思うんですけどね
安藤選手自身は自分が発言した言葉がまずかったという意識はないのかもしれません
スポンサーサイト
芸能界・スポーツ界のこと。 | コメント(20) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。