スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

三方の持ち方のこと

2009/09/29 Tue 05:30

何となく、騒がしくなりそうな感じがしますが、気にせずに行きたいと思います
少し前後しますが、婚約時のときのことでひとつ落としていたことがあったので、今回はそのことを書いています

雅子さまの納采の儀での三方の持ち方がおかしいという指摘がありました
私には三方など持ったこともなく(たぶん)、どこを持ったらいいかわからないので、全然気がつきませんでした
調べてみたら、(参考にしたのはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%B9_(%E7%A5%9E%E9%81%93)です)三方は親指を左右の縁に、その他の指を折敷と台に当て、目の高さに持つのだそうです
こちらがそのときの雅子さまの写真です
sanshin_m.jpg
雅子さまは台の部分だけに手をそえていますから、それからすると雅子さまの持ち方は正しくはないのでしょうね
でも、これってどれだけの人が知ってるんですかね?
ちなみに、紀子さまもこれからすると正しい持ち方とは言えないのではないかと思います
こちらが紀子さまの納采の儀のときの写真です
sanshin_k.jpg
紀子さまは三方のふちの部分だけに手を添えています
こちらが正しいと批判派はおっしゃってますけど、ちゃんと調べたんですかね?
どちらも使者の持ち方が正しいですよね…さすがといったところでしょうか

それから納采の儀で、「皇太子さまから雅子さまに贈られた真珠の指輪を、路上にて「どれどれ、見せてごらん」と値踏みをするように見る雅子さまの母優美子さん」という説明のついた写真が掲載されていたのですが、私には優美子さんが真珠の指輪を値踏みするように見ているようには見えないんですけどね
こちらがその写真…
19930412.jpg
たしかに視線が指輪のほうに行っていますけど、「値踏み」してるかどうかは、例によって批判派のたぐいまれなる豊かな想像力が故による思い込みじゃないでしょうかね

また、雅子さまの振袖が着崩れしていると書かれているが、そうなんでしょうか…そんなに着崩れしているとは思えませんけど
もしそうなのだとしたら、着付けも悪かったんじゃないでしょうか

毎度のことなのですが、いろいろ言われるとめんどくさいので明記しておきます
ひとつ断っておきたいことがあるのですが、それは、結果的に雅子さまと紀子さまを比較することになりますが、私は比較してどちらがどうだと言いたいわけではないということです
雅子さま批判をする人たちは紀子さまをあがめ奉る人たちが多く、同じことをしても雅子さまだけを批判し、紀子さまは批判せずということがよくあります
よく見てみると決して雅子さまだけが批判されるのはおかしいということを言いたいがために、紀子さまについても語っているということはわかっていただきたいと思います

今回ははじめて画像を加えてみました
このほうがわかりやすいですよね
次回から衣装のことについての記事をアップしていくつもりなのですが、衣装のことを文のみでああだこうだ言ってもわからないし、衣装以外のことでも画像があったほうがわかりやすいなあと思います
これからはなるべく画像を取り入れていくつもりです
過去の記事もにもできるだけ画像を追加していこうと思っています

追記:匿名のコメントで数カ所間違いのご指摘をいただきましたので、2009/10/1に修正しました
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(11) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。