スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005年11月15日に行なわれた紀宮さまの結婚式の雅子さまの衣装です
20051115.jpg
このときの紀宮さまの衣装がこちら…
20051115_n.jpg
雅子さまの衣装は少し黄みがかったオフホワイト、紀宮さまは真っ白なドレスです
紀宮さまは結婚式ですから白い衣装を身につけるのはごく自然なことだし、まわりも当然紀宮さまが白い衣装を着るであろうことは予想がついたと思います
雅子さまの衣装について、色目がクリーム色だの…という見方もありますが、私にはこれは白の部類に入る色だと思いますし、いくら色目が真っ白でないにしても、白は白です
もし一般の結婚式に雅子さまの衣装と同じ服を着てきている人がいたら、マナー違反なのでは?と思うでしょう
皇后さまや紀子さまの衣装を見ると、皇后さまは光沢のあるシルバーのような衣装、紀子さまは薄いブルーグレーの衣装でした
雅子さまのこの衣装がいろいろ言われるのは当然だと、私も思います

なぜこの衣装を着たのか…いろいろ考えてみました
事前にお互いが何を着るのか打合せのようなものはなかったのでしょうか
披露宴のときには、雅子さまは負担の大きい和服ではなく洋服で…ということが事前に話しあわれていたとどこかの記事に書いてあったので、結婚式のときの衣装も当然そのようなことがあってもおかしくないと思うのですが…
これは今までの衣装かぶりとは少し違いますよね
偶然紀宮さまと衣装が重なってしまったのならまだしも、紀宮さまの結婚式なのですから、花嫁と衣装が重なるのはまずいと思います
それに重なったのは白ですから、よけいまずいですよね
事前の話し合いがないにしても、白は避けるのがふつうだと思います
皇族の人たちが着替えをするときには、おつきの人が手伝うのだと思うのですが、誰も何も言わなかったのでしょうか
それよりも前にこの衣装を作るとき、この色でいいのかどうかについて、誰も言わなかったのか…それが疑問です
とは言え、当の本人の雅子さまがこの色ではまずいのでは…と思わなかったのかどうか…そこに批判の矛先が向くのは当然ですよね
このマナーは一般人の私も知っていることだし、おそらく大方の人たちが心得ていることだと思います
それがなされていなかったというのはやはりまずいのではないかと思いますね
雅子さまに批判的な人たちがいろいろ言うのも当然なのではないかと思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。