スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
皇太子さまと雅子さまの婚約内定が伝えられ、雅子さまの旧友である土川純代さんが、土川さんの別荘での雅子さまのようすを映したビデオがテレビで紹介されたそうです
YouTubeにもアップされています
このビデオに対し、「1992年5月GW時点で既に伝蓋旧友・土川純代さん一家協力の下、限りなくやらせと思われる「超キャリアウーマン小和田雅子さんってば実は子供好きで家庭的な女性なの」PV撮影、婚約内定会見当日にNHKで放映事件」などと書かれていました
なんていうか…思い込みが激しいと言うか、想像力が豊かと言うか、笑えてきます
1992年5月は、皇太子さまと雅子さまが結婚する前の年のことです
このときに「プロモーションビデオを撮影していた」とするならば、雅子さまはこのときにはすでに皇太子さまとの結婚を決意していた、ということになると思います
でも、婚約会見の皇太子さまの言葉によると、皇太子さまが雅子さまにプロポーズをしたのが10月3日、雅子さまが皇太子さまに返事をしたのが12月12日です
皇太子さまは何年かは言いませんでしたが、婚約会見が1993年1月ですから、当然これらは1992年のことだと思います
つまり、1992年5月の時点では、雅子さまは皇太子さまとの結婚を決意してはいなかったということです
雅子さまが土川さん一家に協力してもらって「プロモーションビデオ」を撮影してもらったとか、想像力が豊かなのにも程があると思います
雅子さまが「超キャリアウーマン小和田雅子さんってば実は子供好きで家庭的な女性なの」ということを印象づけるためにやらせを行なったとは考えにくいのではないでしょうか
っていうか、こんなこと、誰だってわかるでしょう…あほらしくなってきますね(笑)
それから、撮影している土川さんの口調が「小和田さん」「A型の性格を出して、きれいにお台所をしてくださっています」「リサ(土川さん長女)はちなみに“オワ”と呼んで、たいへん慕っています」などと、友人にしては丁寧すぎで、公開することを前提にしたような台詞との指摘もあったのですが、これまた想像力豊かすぎてびっくりしちゃいます
土川さんが丁寧な口調になったのは、解説しているからでしょう
こんなふうにビデオを撮るとき、スポーツなんかの解説者みたいな口調で説明したりするでしょう
それだけのことです
思うんですけど…雅子さま批判をする人には紀子さま大好きの人が多いように私は思うんですが、たとえば紀子さまのこういうビデオが紹介されたとしたら、「丁寧すぎる口調」を「やっぱり紀子さまのお友達は違いますね♪」だの「家庭的でお台所もできて、子どもが好きで、理想的な女性だわよね~♪」などなどと言うんじゃないでしょうか
雅子さまのことは何でもかんでも悪いほうへ悪いほうへ想像が働き、紀子さまのことは何でもかんでもいいほうへ想像する…そういうところがあるように思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。