スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
情報源がわからないので誰が伝えたことなのか不明です
これの何が問題なのか…日本の神道を学ぶのに英語の本を使うのがおかしいってことなのでしょうかね
もしそうなのだとして…ですが、留学経験のある私の意見を言わせてもらうと、日本語で書かれたものよりも英語で書かれたもののほうがわかりやすいってことはよくあると思います
有名な話では、たとえば「源氏物語」で帝か光源氏か忘れちゃったけど、「殿おほとのごもりて」を英訳すると「He slept」になる…といった具合です
もちろん微妙な日本語のニュアンスとか、響きとか、そういうものは伝わらないですけど、意味はわかりやすいですよね
英語では表現し切れないものもあると思います
神道について深く理解するには、日本語で、日本語のニュアンスなども理解しつつ学ぶ必要があるのかも知れませんが、それは皇室に入ってから実際に体験しながら学んでいけばいいことだし、婚約中は「神道入門」程度でしょうから、英語で学んだっていいんじゃないかと私は思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして。ずっと読ませていただいています。かなりの部分で同意見ですが、今この時期に婚約時のことを取り上げるのはなぜでしょうか?
ちなつさんへ
コメントありがとうございます
この時期に婚約時代のことを、とのことですが、私は雅子さまへの批判について時系列で追っています
雅子さまの批判はたくさんあって、なかなか進まないので、今さら過去のことをどうこう言うのもどうなの?と思われるのも当然だと思います
本当は、過去の批判についても書きつつ、現在のことも書いていくべきなのだと思ってはいますが、なかなかそうできないでいます
でも、もしこれは…というようなことがあれば、時系列に従ってではなく、記事を書くつもりです
宮内庁長官の会見の内容などがそれに当たります
皇室関連の記事についてのもくじを作成してあるので、参考にしてください
(http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-20.html)
ちなつさんのご意見もおきかせいただけたらうれしいです
最近ずっと更新されていませんね。
お体の具合でも悪いのですか?
ソラさんへ
こんにちは
ご心配いただいて、ありがとうございます
わけあって更新していません
体の調子は万全です(笑)
もう少ししたら更新しますね

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。