スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

金箔箪笥のこと

2009/09/02 Wed 05:30

雅子さまが皇室に嫁ぐ際、嫁入り道具として桐箪笥を注文したら、それに金箔が塗られ、それを小和田家が「注文したものと違う」と断った、ということがあったのだそうです
私は皇太子さまの婚約が内定した当時のことはよく覚えていますが、こんなことがあったことは知らなかったので、あの頃は皇室にはあんまり興味がなかったんだなあと今思います
このことは、テレビでも大きく取り上げられ、週刊誌でも写真入りで記事になったし、注文を受けた業者がマスコミを呼んで撮影をさせたらしいので、事実だとして間違いないと思います
「女性自身」1993年6月22日号と「週刊女性」1993年6月22日号の記事を読んだのですが、まったくひどいもんだなあと思いました
これが雅子さまを批判するための「事件」だって言う批判派ってどうなの?って思います
私は雅子さまをはじめ小和田家はたいへんな被害者だと思いますね

週刊誌の記事なのですべて事実なのかはわかりませんが、おおよそは以下のようなもののようです
小和田家は雅子さまが皇室に嫁ぐ際のお嫁入り家具を石川県金沢市にある「辰巳屋」に注文をしたそうです
嫁ぐ日まで数日と迫ったある日、マスコミが「小和田家に金箔の総桐箪笥が納入される」と報道しました
辰巳屋はマスコミを呼んでこの箪笥を見せ、撮影させたのだそうです
小和田家で頼んだのはふつうの桐の箪笥だったのに、辰巳屋の独断で金箔が貼られたとのこと
小和田家は辰巳屋に断りの電話を入れ、この箪笥は雅子さまの嫁入り道具とはならなかった、ということです

どう思います、金箔の箪笥?
そりゃ金箔が好きな人もいますけど、私はいやですね~
何でもいいですけど、何か自分が注文したものに金箔が勝手に貼られてしまったら「え?」って思いますよね
金箔じゃないにしても、注文したものと違ったものが作られていたらいやですよね
これってごくふつうの心情じゃないですかね
しかも箪笥ですよ…こんなキンキラキンの箪笥、使いたいですか?
私はいやです…好みですけど、嫌な人のほうが多いんじゃないでしょうか

この件に対し、こんなことが仮説として書かれていました:
1:『辰巳屋』が謝罪文を発表したように、辰巳屋だけが先走って金箔を貼らせた
2:派手好みで箪笥の機能なんか全く無知な小和田家が注文した
3:小和田家とつながりのある政治家(森義朗元総理説あり)あたりがキックバックを目当てに贈った
なんていうかね…批判派は2か3だって言いたいんでしょうね
2に対し、辰巳屋はそれを認めていないし、謝罪文を発表しミスを全部かぶった形になっているなんて書かれてます
3に対しては、それを示す資料はないとのことです
つまり、2と3は批判派の想像に過ぎないってことですよね
しかも、想像しているだけにも関わらず、「皇室、それも皇太子に嫁ぐ娘のために、老舗でも何でもないところへ機能度外視の派手派手箪笥を「たった100万円程度」で注文するなど、あまりに常識からかけ離れている」という小和田家が金箔箪笥を注文したと断定して書かれている文章もあって、ほんとアホなんじゃないかと思いますね
記事からすれば小和田家は金箔箪笥なんて注文していないんでしょう?
機能度外視の派手派手箪笥を勝手に作ったのは「辰巳屋」なんじゃないでしょうか
そんな箪笥を断るのは当然だと思いますけどね…

小和田家が注文した箪笥は、ふたつだったようです
真ん中に開きのあるものと、段々のついたもの…引き出しがいっぱいあるものってことだと思います
「週刊新潮」1993年6月17日号によると、同じ金沢市内の老舗箪笥店の店主は、金箔はふつう漆の上に貼るもので、桐の上に漆を貼ったら桐は呼吸ができなくなるから、漆ではなく特殊な接着剤などで金箔が貼られたのだと予想していますが、そんなふうに金箔を貼ると桐のよさが台無しになる、と述べています
辰巳屋で桐箪笥が作られたのではなく、辰巳屋から加茂市の茂野タンス店に発注が来て、茂野タンス店では辰巳屋が金箔を貼るというので最後の色塗りをせずに辰巳屋に納品したとのことです
実際に金箔を貼ったのは八千代化工というところらしく、辰巳屋は商社的なことしかしていないわけですよね
小和田家は嫁入り箪笥を「知人の方にお願いして発注しました」と言っていて、老舗でもない辰巳屋に注文するのはおかしいとの批判も書かれていますけど、知り合いの人にお願いして注文したわけですから、その知り合いの人っていうのがどうなの?っていう気がします
あいだを取り持ったのは、地元の代議士だという説、小和田さんが福田赳夫氏の総理秘書官についていたときの官房副長官が森喜朗氏だったからという説、それから東京の名門ホテルのお偉いさんが八千代化工の社長と仲がよく、そのホテルを小和田さんがひいきにしているのでホテルがあいだを取り持ったという説などなど、いろいろあるみたいです
2番目の福田元首相だの森喜朗だのっていうのはよくわからなかったんですけど、調べてみたら森喜朗さんは石川県の出身で、小和田家と福田家は家族ぐるみのつきあいがあるのだとか…
桐箪笥を頼むなら新潟のはずなのになぜ金沢に?という疑問も、知り合いの人がたまたま金沢を紹介してくれたからなんじゃないですかね
他の土地にだっていい業者はいるかもしれないですし…
皇室に嫁ぐに際しての嫁入り道具となるとやっぱりそれなりのものを、と思うのが自然ですから、知り合いの人にお願いしていいところを紹介してもらおうと思うのもごく自然だと思います
結果的にとんでもないところを紹介されてしまった、ってことなんでしょうね

辰巳屋はこの件に関し、「小和田家より有難いご注文をいただき、当社としても誠心誠意を傾け、製作いたしました。当地は金箔伝統工芸の地であり、桐箪笥に金箔を貼ることにより、一層、耐久性・難燃性に優れ、水や油にも強いという特色がありますので善意により独断で作らせていただきました。また、金箔貼桐箪笥は、一部報道されているような高価なものではありません」と述べています
小和田家はこの件に関し、ご好意でと思っておりますので……。新聞で実物のタンスを見たときはびっくりしましたが、今は何とも思っていません」と述べています
そして宮内庁は小和田家がこの金箔箪笥を断ったことについて、「小和田家として、業者の好意から出たものとはいえ、あまりに華やかなものはいかがか、受け取りは控えたほうがとお考えになり、そのようにお答えになった。」と述べていますから、どう見ても辰巳屋が勝手に金箔を塗ってしまったというのが正しいのだと私は思います

それから、100万円の桐箪笥では安すぎるなどとも指摘されていました
桐箪笥にほとんど縁のない私はどれくらいのものかわからないので、楽天で調べてみました(笑)
一番高かったのが1,938,000 円でした
でも7番目くらいで1,200,000円台になります
小和田家が頼んだのもこれくらいなのでしょうか
私は特別安いとは思いませんけどね…どうなんでしょうか
楽天なんかじゃダメなんでしょうかね?
記事によると皇室関係者、宮内庁からの桐タンスの注文は、高島屋や三越などを通ってくるので、とりあえず高島屋で見てみたら高いもので200,000円で、三越では見つからず、行き着いたのがここで1,000,000円でした
思うに、100万円ほどの桐箪笥ってそこそこいいものなんじゃないでしょうかね
批判派たちは何を基準にああだこうだ言ってるんでしょうか
もっとちゃんと調べたほうがいいと思いますよ~
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。