スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

三方の持ち方のこと

2009/09/29 Tue 05:30

何となく、騒がしくなりそうな感じがしますが、気にせずに行きたいと思います
少し前後しますが、婚約時のときのことでひとつ落としていたことがあったので、今回はそのことを書いています

雅子さまの納采の儀での三方の持ち方がおかしいという指摘がありました
私には三方など持ったこともなく(たぶん)、どこを持ったらいいかわからないので、全然気がつきませんでした
調べてみたら、(参考にしたのはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%B9_(%E7%A5%9E%E9%81%93)です)三方は親指を左右の縁に、その他の指を折敷と台に当て、目の高さに持つのだそうです
こちらがそのときの雅子さまの写真です
sanshin_m.jpg
雅子さまは台の部分だけに手をそえていますから、それからすると雅子さまの持ち方は正しくはないのでしょうね
でも、これってどれだけの人が知ってるんですかね?
ちなみに、紀子さまもこれからすると正しい持ち方とは言えないのではないかと思います
こちらが紀子さまの納采の儀のときの写真です
sanshin_k.jpg
紀子さまは三方のふちの部分だけに手を添えています
こちらが正しいと批判派はおっしゃってますけど、ちゃんと調べたんですかね?
どちらも使者の持ち方が正しいですよね…さすがといったところでしょうか

それから納采の儀で、「皇太子さまから雅子さまに贈られた真珠の指輪を、路上にて「どれどれ、見せてごらん」と値踏みをするように見る雅子さまの母優美子さん」という説明のついた写真が掲載されていたのですが、私には優美子さんが真珠の指輪を値踏みするように見ているようには見えないんですけどね
こちらがその写真…
19930412.jpg
たしかに視線が指輪のほうに行っていますけど、「値踏み」してるかどうかは、例によって批判派のたぐいまれなる豊かな想像力が故による思い込みじゃないでしょうかね

また、雅子さまの振袖が着崩れしていると書かれているが、そうなんでしょうか…そんなに着崩れしているとは思えませんけど
もしそうなのだとしたら、着付けも悪かったんじゃないでしょうか

毎度のことなのですが、いろいろ言われるとめんどくさいので明記しておきます
ひとつ断っておきたいことがあるのですが、それは、結果的に雅子さまと紀子さまを比較することになりますが、私は比較してどちらがどうだと言いたいわけではないということです
雅子さま批判をする人たちは紀子さまをあがめ奉る人たちが多く、同じことをしても雅子さまだけを批判し、紀子さまは批判せずということがよくあります
よく見てみると決して雅子さまだけが批判されるのはおかしいということを言いたいがために、紀子さまについても語っているということはわかっていただきたいと思います

今回ははじめて画像を加えてみました
このほうがわかりやすいですよね
次回から衣装のことについての記事をアップしていくつもりなのですが、衣装のことを文のみでああだこうだ言ってもわからないし、衣装以外のことでも画像があったほうがわかりやすいなあと思います
これからはなるべく画像を取り入れていくつもりです
過去の記事もにもできるだけ画像を追加していこうと思っています

追記:匿名のコメントで数カ所間違いのご指摘をいただきましたので、2009/10/1に修正しました
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
皇室全般画像掲示板

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

から来た者です。
貴方のことが話題になっています。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.cgi?res=90816

ログが流れるのに備えてウェブ魚拓もとっておきました。
http://s03.megalodon.jp/2009-0930-2128-34/www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.cgi?res=90816
先程のコメントの後、家事の合間にちょこちょこ過去の記事を読ませていただいていますが、まだかなり時間が掛かりそうです。

雅子妃に対する意見は十人十色で良いと思いますし、管理人様の意見も勉強になります。
それにしても、何故このブログがこんなにも攻撃されるのでしょうね?
違ったら申し訳ないのですが、「笑っちゃいます」「気にしない」という言葉の裏に、煮えたぎるような怒りや悔しさが隠れているところが、読む人の心を逆撫でするのかな?とちょっと思いました。雅子妃のクスクス笑いを思わせるところとか…
管理人様もブルーフォックスさんも正義感が強い方なんですね、きっと。

でも管理人様のブログなんですから、気の済むまでこの問題に取り組めばよいではありませんか?
私は雅子妃問題より、管理人様の気がすむ日がいつになるのか、言い尽くして満足出来る日がいつ来るのかに興味があります。
自分の家族が、ネットの噂や中傷(社会問題とはいえ、他人のために)に果敢に取り組んでキーボードをたたく後姿を想像すると空恐ろしいものがありますが、ここは他人事と割り切って興味深く読ませていただきますね。

実は、管理人様に自分と同じ匂いを感じました。しかも、私は雅子妃メンテリティーが同じなんです。
これは残念なことですが、雅子妃への苦言を肝に命じて、彼女を反面教師にして良い人生を送りたいと思っているんです。

長くなってごめんなさい。
更新楽しみにしていますね!
匿名でごめんさんへ
コメントありがとうございます
あなたのおっしゃること、本当にそのとおりだと思います
私には煮えたぎるほどではないにしても怒りや悔しさがあると思います
そういう思いは文のあちこちに表れているんでしょうし、私もそうやって表すことでストレス解消しているのかもしれません

たしかに私はあの人と似た部分があるんだと思います
意見は違えど似た要素は持っているなあと思うんです
相手にしないでおけない、ほおっておけないところとか…

私がこのブログを立ち上げるきっかけになったのは、正直に言えば、純粋に皇太子妃批判だけを語りたかったわけではなかったのだと思います
前のブログでこんなことがなければ、ここまでのブログを書くことはなかったかもしれません
そういう意味では、純粋でない気持ちで書き続けることに、少し戸惑いや後ろめたさみたいなものを感じています

もし私の気が済んだのなら終わりにしてしまうのか…それではあまりにも無責任ですよね(笑)
純粋な気持ちでなかったにしても、皇太子妃批判については思うことがたくさんあるし、気が済んだ時点でやめるということはしないつもりです

私が言い尽くして満足出来る日…そんな日が来てほしいものです
そうすればもっと軽い気持ちで、純粋な気持ちでこのブログを更新していけそうだからです

またご意見お聞かせください
匿名でも全然構いません
はじめまして、きゃろると申します^^
どこのリンクから辿って来たのか忘れましたが、もう1年以上前くらいから拝見させてもらってます。

上手く書けませんが、雅子様への批判の多くは人にたいする思いやりや温かい眼差しに欠けるものが多く、見ていてとても悲しくなります。
また愛子さまへの中傷も、雅子さまに属する方として同じように中傷の対象とされているのだと思いますが、何の罪もないただの小さな子供を酷い言葉で中傷するその心を思い、深い深い悲しみを覚えます。
怒りと悲しみは実はとてもよく似た感情です。
管理人さんの怒りや悔しさも、こういう深い悲しみからくるのではないかと私は思っております。

皇太子妃批判については思うことがたくさんということですが、あまり熱くならず冷静に言葉をつむいでいただけたら、読んでいる方としても安心して読むことができると思います。
冒頭の一文目にはちょっとハラハラしてしまいました(^^;

どういう気持ちでこのブログを続けておられるかはともかく、あたたのようなご意見を拝見できるだけで、私は少しだけ温かい気持ちになれるのです。ありがとうございます^^

これからも更新楽しみにしております。
負担にならない範囲で続けていただけたら嬉しいです。がんばってくださいね。

あと、すでにご存知で余計なことかとしれませんが、FC2はコメントを管理人の承認制にすることもできます。
特定の方のコメントを拒否するほどでもないけれど、コメントの内容によって決めらるので便利ですよ。
そういう判断でブログの運営がスムーズになることもあるかと思います。
きゃろるさんへ
コメントありがとうございました
きゃろるさんのような意見の方からコメントがいただけるとなんだかとてもほっとします

これまで記事を書いて来て、たしかに人が見たらいやな思いがするだろうなという書き方をしていることがあるなあと思います
前のブログでのことや、あるのサイトでの私へのさまざまな中傷のこと…それらに対する気持ちがあるからなんですけど、私の書き方が他の人たちをいやな思いにさせてしまっているのなら、それはいいことではないと思います
最近コメントをいただいた方からも同じようなご指摘を受けましたしね…
これからはもう少し言葉を選んで記事を書いていこうと思っています

コメントの承認制のことですが、私としては、記事に関係のあるコメントなら受け付けようかと思っています
今のところ拒否しているのはアダルト系のものだけにしてあります
もしこれからひどくなりそうならまた考えるつもりです
三方の持ち方簡単ですよ。管理人さんが、あっています。しっかり持って掲げます。お雛様の三人官女の真ん中が持ってるでしょ?正しく持たせてあげてね。
雅子さまは多分遠慮がちに持ってしまわれたのでしょう。紀子さんも上過ぎますが緊張のせいだと思いますよ。慣れないと、ガッシリ持ってはいけないと思っちゃいますよ。学生時代に巫女さんのアルバイトするとわかりますよ(笑)。
ところで『真珠の指輪』は、たしか皇后さまのお持ちだった物を賜ったはず。お母様は感激していらっしゃったのでは?大きな真珠ですもの。
何事も感謝と謙遜は大切ですね。
久邇晃子さんへ
コメントありがとうございます
三方の持ち方のことですが、私自身もまったく知らなかったのでちょっと自信がありませんでした
雅子さまにしても紀子さまにしても、ああいう畏れ多い場ですから相当緊張したでしょうし、どのように持ったらいいのかわかっていたとしてもなかなか実行できなかったってことも考えられると思います
私が見る限り、手を添える位置が違っていたとしても、雅子さまも紀子さまもそれは気になるほどの間違いではなかったと思うので、別にいいのではないかと思っています
雅子さまのほうは批判派が粗探しをしているだけだと思います
皇室ゆかりの久邇晃子さん(ハマナスとは別人格か)を騙り秋篠宮ご一家を侮辱し続ける者を摘発・逮捕せよ!
2010/01/03 10:07


1月2日の一般参賀の間現れなかった工作員「ハマナス」(雅子妃の印の名)は9割9分雅子妃本人。

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/1396481/

から続きます。


久邇晃子さんの名を騙る工作員は新年一般参賀中も出てきていました。「ハマナス」とは別人格かも知れません。
さすがに同じパソコンから別のHNで書き込めば自作自演だとばれることぐらいは気づいたのでしょうか。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
久邇晃子さんへ
コメントにロックがかかっていたので、久邇晃子さんへのみのコメントになります
あなたからのコメントを読んで、なるほど…と思いました
たしかにぴったり当てはまりますね
もしかしたら本当にこういう障害なのかもしれないなあと思いました
私ははじめはこの人は私が普通の主婦だってことをわかっていてやっているのかとも思ったのですが、最近のコメントなどを見ていると本当にそう思い込んでいるように思えてきました
雅子さまのことについても、自分がこうだと思い込んでそれを信じ切っているのでしょうから、これでは議論の余地はありませんよね
ますます相手にしないことだなという思いが強くなりました
私としては、これからも相手にしないで自分のブログに自分の考えや思いを書き綴っていくつもりです
それに以前に比べるとだいぶマシだと思います
コメント数も少ないですし、この人のブログに私の誹謗中傷の記事が頻繁に更新されるということもなくなっています
これも「相手にしない」が故ではないでしょうか
「沈黙は金」とはよく言ったものだなあと思う今日この頃です
3年たっても言い訳ばかりのdiary_daily
質問から逃げ続ける卑怯者のdiary_dailyに警告する。
「久邇晃子」を名乗る者は実在の方のお名前を僭称しているも同じであり、雅子妃周辺の関係者との疑いも濃厚である。
そのような人物にかかわっていれば貴殿もCIAの追及を受けることになるだろう。
既に他の方がこのブログのことをCIAに通報してくださっている。
もちろん創価学会関係者として。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。