スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2002年7月20日両陛下訪欧の出迎えのときの雅子さまと紀子さまです
20020720_01.jpg
別角度からの雅子さまの写真がこちら…
20020720_02.jpg
色は何色なんでしょうか…白ではなく、クリーム色のような、うすーいグリーンのようなそんな感じの色に見えます
雅子さまも紀子さまも同じような色ですね
紀子さまの衣装のほうがやや緑がかっているかなあというかんじはします
紀子さまのほうが帽子のつばが大きめ、雅子さまのジャケットのほうが短めで飾りボタンが使われているなどの違いがありますが、色目はほとんど一緒だし、バッグや帽子の色もほとんど一緒ですね
他の角度からの写真などがあるか捜したんですが、これだけしか見つかりませんでした
衣装がかぶっているのはたしかなんですが、印象としては、それほどでもないように思います
私の感じ方かもしれませんが、こういう白または白に近い色でかぶってもそれほどおかしくないような気がします
これまでいろいろ衣装かぶりについて調べてきましたが、これはまあそれほどでもないのでは、という感じはしますね
側近同士の連絡ミスなのか、意図的な衣装かぶりなのかどうかはわからないので想像でしかものを言えないですね

ところで、この記事のときにこういうことを載せるといろいろ言われそうな気はしないでもないのですが、2005年5月14日に両陛下がアイルランド・ノルウェー訪問から帰国されたときの出迎えのときの写真を見てください
20050514.jpg
左側の写真と右側の写真と同じときのものなのですが、衣装の色がずいぶん違って見えませんか?
左側の写真では、皇后さまと皇后さまに隠れている紀子さまと紀宮さまの衣装が白っぽく見えます
でも、右側の写真を見ると紀子さまはベージュの衣装、紀宮さまは薄いグリーンの衣装です
はじめ左側の写真だけを見たときに、雅子さま以外の人も見送りの際に衣装の色がかぶってしまうことがあることを証明する写真になるなあと思ったのですが、右の写真を見つけて、これは光の加減でそう見えてしまっているのだとわかりました
左側の写真では紀子さまはほとんど見えていないので、色合いがあまりよくわかりませんが、皇后さまと紀宮さまはともに白っぽい衣装に見えます
実際には紀宮さまの衣装は薄いグリーンなのですが、左側の写真だけではわかりませんよね
私は衣装かぶりのことを語るに際し、他の角度から写した写真がないかどうかチェックするんですが、1枚しかない場合は色合いなどが正しくわからないこともあるのかなあと思いました
仮に数枚あってもわからないこともあるのかもしれません
写真に限らず映像でも同じことが言えるのだと思います
通販などで買った服が、載っていたカタログでの印象と全然違っていた…ということは誰にでもあると思うんですが、そういうかんじでしょうか
過去の衣装にしろ、これからの衣装にしろ、私たちは写真やテレビの映像などを見て判断することになるわけで、実際に自分で目の当たりにするのは難しいですよね
実際には色がかぶっていないものもかぶっているように見えることもあるのかもしれません
極端なことを言うのなら…写真や映像にどう映る色の衣装なのかまでを考えて衣装選びをするほどの心遣いが必要なのでしょうか
もっともこれは、写真や映像を見てああだこうだ言う一般市民がいるから必要になってくる心遣いだとは思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
雅子妃や皇太子と反日勢力との数々の接点について、どう正当化するのか答えてください。
禁止キーワードって何?姑息じゃない?
衣装もうかぶらないでしょう。
雅子さん公務なんてやる気がサラサラないから。
・・・・ さんへ
コメントありがとうございます
衣装がかぶってると言っているのは私ではなくて批判派の方たちです
以前も誰かのコメント返信にも書きましたが、私は雅子さまの数々の批判についてドス子の事件簿というサイトを参照しています
そちらにリストアップされている批判について順を追ってひとつずつ記事にしているわけです
ですからそちらのサイトに衣装かぶりとする「事件」が新たに追加されれば私のサイトの記事も増えるというわけ…
ちなみに、衣装かぶりの記事はあと数個残っています

雅子さまはたしかに今行なっている公務は少ないですけど、まったくしていないわけではないですよね
雅子さまが公務をやる気がないかどうかはあなたにはわからないと思いますよ
まるで雅子さま自身から聞いたかのように「雅子さまは公務をやる気がサラサラない」などと言うのはどうかと思います
例によって勝手に想像して勝手に思い込んで、それがいつしか自身の中で「事実」になってしまった…というパターンかと思います
>例によって勝手に想像して勝手に思い込んで、それがいつしか自身の中で「事実」になってしまった…というパターンかと思います

では、雅子妃の反日との数々の接点についてどうお思いか、回答していただきたい
皇族が反日とかかわるなどとんでもない話だ。

また、公人として社会人として、大人として女性としての数々の恥ずかしい振る舞いについてはどうお思いか、回答していただきたい。
写真や動画で残っている証拠は、勝手に思い込んでなどというものではない。

この人には回答するが、あの人には回答しないとでも言うのか?
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。