スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005年11月15日に行なわれた紀宮さまの結婚式の雅子さまの衣装です
20051115.jpg
このときの紀宮さまの衣装がこちら…
20051115_n.jpg
雅子さまの衣装は少し黄みがかったオフホワイト、紀宮さまは真っ白なドレスです
紀宮さまは結婚式ですから白い衣装を身につけるのはごく自然なことだし、まわりも当然紀宮さまが白い衣装を着るであろうことは予想がついたと思います
雅子さまの衣装について、色目がクリーム色だの…という見方もありますが、私にはこれは白の部類に入る色だと思いますし、いくら色目が真っ白でないにしても、白は白です
もし一般の結婚式に雅子さまの衣装と同じ服を着てきている人がいたら、マナー違反なのでは?と思うでしょう
皇后さまや紀子さまの衣装を見ると、皇后さまは光沢のあるシルバーのような衣装、紀子さまは薄いブルーグレーの衣装でした
雅子さまのこの衣装がいろいろ言われるのは当然だと、私も思います

なぜこの衣装を着たのか…いろいろ考えてみました
事前にお互いが何を着るのか打合せのようなものはなかったのでしょうか
披露宴のときには、雅子さまは負担の大きい和服ではなく洋服で…ということが事前に話しあわれていたとどこかの記事に書いてあったので、結婚式のときの衣装も当然そのようなことがあってもおかしくないと思うのですが…
これは今までの衣装かぶりとは少し違いますよね
偶然紀宮さまと衣装が重なってしまったのならまだしも、紀宮さまの結婚式なのですから、花嫁と衣装が重なるのはまずいと思います
それに重なったのは白ですから、よけいまずいですよね
事前の話し合いがないにしても、白は避けるのがふつうだと思います
皇族の人たちが着替えをするときには、おつきの人が手伝うのだと思うのですが、誰も何も言わなかったのでしょうか
それよりも前にこの衣装を作るとき、この色でいいのかどうかについて、誰も言わなかったのか…それが疑問です
とは言え、当の本人の雅子さまがこの色ではまずいのでは…と思わなかったのかどうか…そこに批判の矛先が向くのは当然ですよね
このマナーは一般人の私も知っていることだし、おそらく大方の人たちが心得ていることだと思います
それがなされていなかったというのはやはりまずいのではないかと思いますね
雅子さまに批判的な人たちがいろいろ言うのも当然なのではないかと思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは。うさぎと申します。いつだったかコメントさせていただいたことがあると思うのですが、HN忘れてしまいました(^^;

雅子さまのドレスは「シャンパンゴールド」というお色です。
秋の結婚式のお呼ばれなんかには華やかで綺麗な、お呼ばれのドレスにふさわしいお色です。

ただ、最近は、花嫁のお色直しのカラードレスでシャンパンゴールドのドレスが流行っていることもあり、また、写真に写ったときに実際よりも白っぽく写ることもあってか、避けられる方もいらっしゃるようですが、もともとは結婚式のゲストにふさわしいお色なのです。
本来マナー的には全く問題はありませんが、最近は過敏になっていて避けられる方も多いようですね。

昔はお通夜に喪服は失礼だったのが、今ではも服でないと失礼みたいに思われるのと似ているかもしれませんね。

あと、雅子さまのドレスは写真で見るとかなり白に近く見えますが、これは写真がストロボの加減で色が飛んでいて、余計にそう見えている、ということはあります。
式の様子をTVで拝見しましたが、お席についておられるときは、シックなゴールドという感じだったと思います。
うさぎさんへ
こんにちは、コメントありがとうございました
雅子さまのドレスのことですが、写真で見ると白に写ってしまっているし、同じ衣装を一般参賀でも来ていて、その写真も白に見えるので、白なのではないかと私は思っていました
実際にこのドレスを目の当たりにしたことがないので、どういう色なのかは正直わかりません
一般参賀の写真も色が飛びすぎて白く写っているだけなのかも知れませんし、その辺は想像するしかないんですが…
紀宮さまの式の席についているときの雅子さまの映像や画像を探したのですが、見つかりませんでした
もしネット上にあるのなら教えてください
これからもご意見聞かせてください
先般あるサイトで、雅子妃の悪事についてのCIAへの連絡を呼びかけられたので、私のサイトをCIAに連絡しておきました。
これから雅子妃の反日性などの数々の悪事にCIAのメスが入るでしょう。
No title
はじめまして、春と申します。

うさぎさんのおっしゃっているように、シャンパンゴールドは、結婚式のゲストドレスにふさわしいお色です。
花嫁の白をとても引き立てるのです。
このお写真でも並べてみると、白がより純白にみえるように思います。

最近は、マナーブックなどがあふれ、ほんとうに過剰反応になっているようですね。
春さんへ
コメントありがとうございます
雅子さまの衣装はシャンパンゴールドなのですね…
そう確認できる写真などがあればいいのですが、今出回っている写真だとどちらかというと白に近く見えますよね
たしかに雅子さまのやることなすことはすべて批判の対象にしてしまっているところがあるので、批判している人もある程度わかってやっていることなのかもしれないなあとは思ったりもします
それに、写真というのはそのときによって色目が変わって写ったりするので、写真だけでは判断できないところもありますよね
No title
皇室に対して捏造報道と偏向報道を繰り返すマスコミ

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-433.html

>反日マスコミ同様、悪質な妨害をするような人間が、皇族、一般人問わず存在して
いることを裏付けているような気がする。悠仁親王殿下の健やかな御成長のために
も、皇室に巣食う反日の病巣が、一日も早く取り除かれることを祈るばかりである。
衣装かぶり
雅子さまがわざといいますか計画的に衣装かぶりをされたとは考えられません。
そのような器用な方では無いのは批判されている方々もわかっているように思います。

雅子さまの負担を無くすためにお着物では無くドレスにされましたけど、そんなに体調が悪かったのでしょうか?

そこまで考えていらしたなら何故シャンパンゴールドのドレスを着ることになられたのか。

シャンパンゴールドは白に間違われてしまいがちな色。
お付きの方々は変な気遣いばかりされ批判される雅子さまがお気の毒になります。

ひなさんへ
コメントありがとうございます
私も雅子さまは計画的に衣装かぶりをするような人だとは思えません
今まで数々の雅子さまの批判を見てきて、どちらかといえばうっかりして…ということが多いのではないかなあと思います
ただ、衣装のことは雅子さまだけではなくまわりのお世話をする人にも責任があるのではないかと思います
写真で見ると雅子さまの衣装は白に近く見えます
実際に肉眼で見たときにどんな色に見えるのかわからないのですが、これだけあれこれ批判されてしまうのですから、こういう色は避けていったほうがいいのかも知れません

負担を減らすために着物でなくドレスに…ということは、私にもよくわかりませんが、たしかに着物は体を締めつけるので、しんどいと言えばしんどいですよね
体の調子というよりも、和服を着ると緊張しすぎてしまうという気持ちの問題だったのかもしれません
いずれにしても、精神科の医師のアドバイスによってそう決めたのだったら、そうする必要があったからなのではないかなと私は思っています
No title
雅子様の写真には補正がされていますね。
実際よりも黄色がかって写真に写っていますが、
実際はもっと白に近いです。

皇后様や紀宮様のご到着の写真の背景とくらべれば、雅子様の写真に補正がされているのは一目瞭然ですね!

誰の結婚式でしたっけ?!
りささんへ
コメントありがとうございます
タイトルにもあるように紀宮さまの結婚式です
雅子さまの写真の補正がなされているとのことですが、私は写真にそれほど詳しくないのでイマイチよくわかりません
補正がなされているという指摘は批判派がよくしていますよね
それで、もう一度写真を見てみました
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20071031131110.jpg
これを見て思ったのは、背景を見ると、雅子さまの写真の背景にある建物のタイルの色が紀子さまや皇后さまの背景にある建物のタイルの色と比べて明るくないでしょうか
つまり…補正されているのだとしたら、より白く補正されたのではないか…と私は思いました
どうでしょうか…
No title
衣装を真似ているのかどうかは私にはわかりませんが、雅子様の写真はりささんの書かれている通り、補正されていますね。
背景を見ると明るく補正されているようにも見えますが、雅子様の顔色を見れば(あんまりな土気色)、故意に黄味を強くしてあることがわかります。
つまり、黄味を強くしてあるからゴールドっぽく見えるけれど、元の色はもっと白っぽいはずです。
一応、WEB関係の仕事をしている者です。
みかさんへ
(http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-163.html#comment1012への返信です)
コメントありがとうございます
記事を読んでいただければわかりますが、私は例えこの色のドレスを雅子さまが着ていたとしてもふさわしくはなかったのではないか、という意見です
写真が補正されているかどうかなど述べていませんし、他の場面で同じドレスを着ているときの雅子さまの写真を見ても、このドレスはかなり白に近いものであるという認識です
背景が黄みがかっているとか、顔色がどうだとか、同じ場所で同じ時間に撮られた写真と比較してはじめて言えることなのではないでしょうか
WEBの仕事をしている→写真補正の知識もあるということを言ってるのでしょうか
もしそうなのでしたら、画像を部分的に色補正ができることもご存知かと思います
もっともそのような補正が行なわれたと言いたいのではありません

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。