スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
fujinkoron20090809.jpg
香山リカさんと鹿島茂さんの対談:女が考える 「平成の皇室」の記事(「婦人公論」2009年8月9日号) の記事をアップする前にこちらをアップするつもりだったのですが、また間違えてしまいました
なので、順番は逆になりますが、今日これをアップします

ずいぶん前に発刊されたものですが、このあいだようやく図書館で借りることができました
「婦人公論」2009年8月9日号では皇室についての特集が組まれました
本誌曰く、女性誌ではおそらく前代未聞の本格的な「皇室」特集なのだそうです
内容は事前に読者に行なったアンケート結果と、それへの分析と対談、皇室に関する素朴な疑問となっています
なかなか興味深い内容だったので、少し紹介したいと思います

まずは読者に行なったアンケート結果です
回答者は1,000人強、平均年齢は59才でした質問は全部で4つありました

Q1:皇室でいちばん関心があることは何ですか
Q2:雅子さまと紀子さま、どちらに惹かれますか
Q3:愛子さまと悠仁さま、天皇になっていただきたいのは
Q4:ご成婚50年を迎えられた天皇皇后両陛下を、どのように見ていますか

この結果をすべて紹介すると著作権に関わる(ような気がする)ので、Q2を中心に述べたいと思います

アンケート結果をざっと見て、数字で表れている部分はそのままだと思うのですが、それぞれの質問に寄せられている読者コメントはほんの一部分なんだろうなと思いました
特にQ2では、読者のコメントは「雅子さまに惹かれる理由」と「紀子さまに惹かれる理由」というものでした
私が見る限り、紀子さまに惹かれる人たちは雅子さまには批判的な感情を抱いている人が多いように思うのですが、そういう意見は掲載されていませんでした
このアンケートに寄せられたコメントの中にはそういう意見が必ずあったと思います
紹介されている読者コメントは嘘ではないけれど、当然ながらすべてではないのだろうと私は思います
それを踏まえた上で、アンケート結果を見ていきたいと思います

Q2の質問「雅子さまと紀子さま、どちらに惹かれますか」では雅子さまが54.6%、紀子さまが33.4%でした
私は正直に言うと紀子さまのほうが多くなるんじゃないかと思っていたのでちょっと意外でした
私の個人的な感じ方なんですが、紀子さまファンで雅子さま批判をするのはネット上ではすごく多いように思います
紀子さまファンの人のブログや雅子さま批判のブログって私にはとても多いように思います
ネットだけを見ていると、大方が雅子さまには批判的な心情を抱いているのではないかと思うくらいです
でも、この質問への回答を見てちょっとほっとしました

年齢別での回答結果もあったのですが、すべての世代において雅子さまに惹かれる人の数が紀子さまに惹かれる人の数を上回っていました
しかし、年齢層が上になるにつれ、紀子さまに惹かれる人の割合が高くなっている結果となっていました
雅子さまに惹かれる人たちの読者コメントを見てみると、自分自身も心療内科に通っているとか、仕事に重きを置いていたことがあったとか、長男の嫁で苦労したことがあるとか、雅子さまの抱えているさまざまな悩みを実際に経験したことから、雅子さまに惹かれているようです
私は2人目不妊を経験したことがきっかけで雅子さまのことが気になりはじめたので、同じような感じだなあと思いました
よくこのように自分の経験から雅子さまに同調するようなことを述べると、「皇族と一般市民とでは違いがある」などと言われてしまうのですが、一緒に考えているわけではないんですよね
自分がとても苦しい経験をして、それと同じような経験を雅子さまをしているのだろうと思いはせると、一般市民の私以上に雅子さまがシビアな状況にいるということが気になるわけです
一般市民なら多くの人から注目を受けることもありませんが、雅子さまは皇太子妃で多くの人から見られる立場です
私の経験に限って言えば、私は2人目が授からずに悩んでいたときに、数人に「2人目はまだ?」などと聞かれたことはあって、そのときはショックを受けたりもしたけれど、ほんの数人だったし、そういう人たちとはなるべく会わないようにすることはできました
でも雅子さまはそうは行きませんよね
ほんの数人に言われただけでも私はつらかったのに、雅子さまは国民が大きな期待をしているし、皇室内も宮内庁もみんな「オヨツギオヨツギ」ですから、相当にしんどかったと思います
皇太子妃はお世継ぎを設けることが大きな責任であることははじめからわかっていたことだ、と言う人がいますが、こんなに悩むことになるなんて想像することができたでしょうか
女性も(男性も)、結婚してそのうち妊娠して出産して…というのを当たり前のように思い描いています
雅子さまもそうだったと思います
それがなかなか叶わなかった…このことは雅子さまのせいではないと思います
私は2人目不妊に悩んだのは1年ほどと今考えれば短かったのですが、そのときはいつ授かるのかもわからず、本当に辛く長く感じました
1年でもこんなにしんどいのに雅子さまはもっと長くしんどい思いをしていたんだろうなあ…と思うと、雅子さまのつらさを強く感じます
そういう自身の経験を通して雅子さまに惹かれる人が多いのかも知れません

一方紀子さまに惹かれる人の理由は、謙虚だが芯がしっかりしているとか、いつも穏やかで笑顔を絶やさないとか、立場をわきまえているとか、そういう理由が挙げられていました
なんとなくですが、自分自身と重ねるのではなく、「皇室に嫁いだ人はこうあるべき」という考えに沿っているから紀子さまに惹かれるというかんじがしました

その他の理由では両方に惹かれているという意見が多くありました
ひとつ目を引いたのは、「こういう質問に女性誌独特のいじわるさを感じる」というコメントです
たしかにそうですよね…こういう質問を設けることで雅子さま派、紀子さま派を作り上げることになるからです
私としては、どちらに惹かれるというわけでもなく、雅子さまへの過剰な批判についてもの申したいという立場なわけで、このようにカテゴライズしてしまうことにはやはり少し抵抗があります
私だったら「その他」の立場になると思います
ただ、たしかに今の世の中には雅子さまに惹かれている人と紀子さまに惹かれている人が存在しているので、カテゴライズするわけではなく、どうして惹かれるのか、その数はどれくらいなのかを知ることができる質問だと思います

Q3の愛子さまと悠仁さま、どちらが天皇になっていただきたいか…という質問ですが、わずかに愛子さまのほうが多い結果でした
年齢別で見ると、30代以下では圧倒的に愛子さまなのに対し、40代以上では悠仁さまが上回っていました
こういう質問に対し、「愛子さまは天皇にはなれない立場なのにこういう質問をするのはおかしい」と言う人がいますが、たしかにそりゃそうです
ただ、女性が天皇になるということが現実的になるかもしれない議論がなされたこともあったし、世界でも女性に王位継承権を与える法改正などが行なわれているし、社会全体がそういう動きになっているが故の質問なのだと私は思います
愛子さまと答えた人の理由は、これからのことを考えると男系男子での継承は難しいのではとか、皇室も時代とともに変化していくものだとか、これからの時代の流れを考えたときに、今どういう方向性を見出しておいたらいいのか、という意見が多く見られました
悠仁さまと答えた人には、男系男子を継承していってほしいとか、女性が天皇になるのは思いのほかたいへんなのでやはり男性が天皇になるべきだとか、これまでのやり方を続けていくことこそが当然であるという考えや、女性が天皇になるためのさまざまな問題を考えるとやはり男性のほうがいいのではないかという考えが見られました
愛子さまを天皇に…という人の中にも、愛子さまが天皇になるのはたいへんなのではないかという意見の人もいるようです
女性天皇は、天皇としての役割はもちろん、お世継ぎの負担もあるし、出産・子育てなど、たいへんな責任を負わなくてはならなくなります
たしかにそうですよね…
私が女性天皇の記事を書いたとき、私はそういう負担についてはあまり考えていなかったように思います
時代の流れからすると女性天皇が容認されるべきだと思うし、悠仁さまが生まれたことも単に1代だけ問題を先送りしたにすぎないと思うし、これからも天皇制を続けていこうと思うのならやっぱり女性天皇を認めるべきだろうと思ってはいたし、それは今も変わらないのですが、愛子さまが天皇になるとなると、たしかにたいへんなことがたくさん出てきそうですよね
女性天皇が妊娠や出産、子育てをしているあいだ、さまざまな公務や祭祀はどうするのかなどなど、新たな問題が出てきて、いろいろと変えていかなくてはならないことがあとからあとから出てきそうです
付随する多くの問題が解決されなければ、愛子さまが天皇になってもたいへんなことばかりになってしまいそうです
そう考えると、やはり悠仁さまのほうがいいのではないか…という思いにもなります
私だったらどう答えるか…正直わかりません
やっぱり「その他」になってしまいそうです

面白い結果が載っていたのですが、Q2とQ3の関連性を見てみると、Q2で雅子さまに惹かれると答えた人の中でQ3で愛子さまと答えた人が6割以上だったのに対し、Q2で紀子さま・Q3で悠仁さまと答えた人は何と全体の4分の3を超えていました
まあ当然と言えば当然の結果だとは思うのですが、こんなにも差が出るとちょっとオドロキでした
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。