スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009年1月1日の新年一般参賀のようすです
20090102_01.jpg

皇后さまと雅子さまの写真がこちら
20090102_02.jpg

雅子さまも皇后さまも白い衣装です
デザインなどは違いますが色は一緒だと見なしてもいいと思います
これが衣装かぶりか…と言えば、衣装かぶりだと思います
私個人としての考えですが、他の皇族同士で衣装がかぶるのはまだいいとしても、皇后さまとかぶるのはどうなんだろう…と思ってしまいます

前にも紹介しましたが、「女性公論」2009年8月22日号の特集で皇室のことが取り上げられているのですが、その中にある「御所の"オク"を仕切る女官とは」という記事があります
その中に書かれていた一部がこちらです
joseikoron_nyokan.gif
でも、式典などの皇族女性の衣装を見ていると、果たして本当に女官同士の意思疎通が図られているのか疑問に思ってしまいます
雅子さまに限らず他の皇族女性も衣装の色がかぶっていることって多いですよね
既出なので避けますが、皇后さまの衣装と同じ色のときもちょこちょこあります
今回の雅子さまの衣装もそうですけど、本当にちゃんと衣装がかぶらないようにしているんでしょうか
雅子さまを快く思わない人たちは、雅子さまの衣装がかぶったときばかり挙げているし、それを雅子さまが意図的に行なっていると思っているようですが、衣装かぶりは他の皇族女性にも見られるし、もし「女官ルート」というものがあるのだとしたら、それがきちんと働いていないように思います
それともこの「女官ルート」というものは、マスコミが勝手に想像して存在させてしまったもので、実際にはないのでしょうか
私は「女官ルート」のようなものがあるのはごく自然なことだと思いますが、実態についてはわからないので、想像ばかりが膨らんでしまいます
皇室についての記事などを書く人は、少なくとも私よりは皇室について知っているのだと思いますが、直接女官を取材したり、皇族にインタビューして得た情報というよりも、皇室を取材しているうちに見えてきたことなどから「こうなのではないか」と思ったことを「こうなのだ」と記事にしてしまっている部分もあると思うし、実際どこまで知っているのかはわからない気がします
皇室ジャーナリストだの皇室研究家だの、いろいろ肩書きはありますが、まるで自分が皇族のそばに仕えて目の当たりにしたことかのように語ることもあるので、私は「なんだかなあ」と思うことがよくあります
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。