スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1994年7月に東宮御所を改修したとのことです
いろいろ調べてみたのですが、その改修を裏付ける資料は見つかりませんでした
本当に改修が行なわれたのかどうかはわかりませんが、行なわれたのだとして意見を述べたいと思います
改修工事は、私室棟メインで銅板屋根の葺き替え・鹿おどし付き日本庭園・夫妻好みの内装にするのが目的とのことで、改修費用は3億800万円だったそうです
これが高いか安いか…庶民の目から見たらとっても高いです
改修だけでこんなにお金がかかるなんて…と思ってしまいます
でも、皇太子一家の住む家ですからね…建売住宅みたいなわけにはいかないと思います
この改修費用が妥当な金額なのかどうかは私にはわかりませんが、皇太子ともなればこれくらいかかるものなんじゃないのかなあと思います
それに、他の宮邸だってちょこちょこ改修工事は行なわれています
あんまり発表はされないみたいですけど、東宮御所に限ったことじゃないんじゃないでしょうか
宮内庁ホームページの公共工事の入札・契約情報のページ(http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/chotatsu/kokyokoji/nyusatsu-keiyaku.html)を見るといろいろわかります
PDFになっているのでいちいち開いてみなくちゃいけないのが面倒ですが、ちょっと見てみました
このページに載っている工事の中で、宮邸と東宮御所だけのものをまとめたものがこちらです
koji01.gif
日付の入っていないものは予定になっている工事、変更前請負金額は、あとから請負金額が変更になった工事の、変更前の請負金額のこと…まあ大して重要ではない情報です
これを見るとけっこういろいろ工事が行なわれていることがわかります
中でも秋篠宮邸(図のイエローでハイライトしてあるもの)は多いですね
家族が増えたり、子どもがいたりすると工事も必要になってくるのだと思います
これから先も、秋篠宮邸と東宮御所は子どもの成長に合わせて必要になる工事も多いかも知れません
これらの工事の金額を見て、どれも「ずいぶんかかるもんだなあ」というのが私の正直な感想です
「ほか工事」とついているものは、これだけでなく、その他にも細かい工事があるっていうことなのでしょうが、それにしたって…と思ったりもします
例えば、H19年6月28日の三笠宮邸網戸サッシ改修工事ですが、400万以上かかっています
網戸サッシに400万…そんなにかかるの?って正直思ってしまいますよね
一般の住宅よりも窓数が多いのでしょうけど、網戸とサッシだけでそんなにかかるもんかなあ…うーん…と思いますが、一般的なものよりもよりよいものが使われるのでしょうし、それくらいになるのかもしれません
その他にも「そこまでかかってしまうのか…」と思う項目はありますが、なにしろ皇族ですから、いちばんいいものを用いて工事を行なうんでしょうし、私たち一般市民が想像する工事とはいろいろと違うのだと思います

まあ、庶民との違いは置いておいて、1994年の東宮御所の改修工事だけが取り上げられるのはどうかということですね
工事費用のことは正直私にはわかりません…私には膨大な金額だと思うんですが、その他に行なわれている工事の費用も膨大だと思うので、東宮御所だけにお金がかかっているってわけじゃないと思います
思うに、工事にお金がかかる順番としては、まず天皇皇后両陛下が住む皇居、次が東宮御所、それから各宮家だと思います
そう考えると、東宮御所が他の宮家よりもお金がかかるのは当然だと思います
私にはずいぶん秋篠宮邸の工事が多いように思いますが、成長著しい子どものいる一家ですから、当然と言えば当然なのでしょう
そういう観点から見れば、工事費用のバランスはこんなもんなんじゃないかという気がします
1994年に行なわれた工事には、屋根の葺き替えと庭の整備・内装工事が含まれていますから、まあこれくらいの費用になっちゃうんじゃないかなと思いますね
先ほど紹介した宮内庁のページには庭などの手入れの工事価格も出ていますが、庭にもけっこうお金がかかるもののようです
気になる人はPDFを開いてみてください
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
政府は観光庁などいらない官庁を国民のカネをつぎこんで次々と作っているのは最悪だ。宮内庁は国民と全く関係ないのにもかかわらず、莫大な国民のカネが宮内庁に湯水のようにつぎこまれている。国民の血や肉をすすって国民を不幸に陥れながら天皇はのうのうと優雅に暮らしている最悪の犯罪人だ。宮内庁を廃止して、天皇家にはメイドとして最小限の人員だけを天皇家に雇わせる形にして、あとはすべてやめさせるべきだ。公務員が天皇の世話をするのは間違いだ。国民のカネを天皇家につぎ込んではいけない。
みさこさんへ
みさこさん、コメントありがとうございました
たしかに宮内庁で使うお金は少なくはないと思います
でも、それは単に天皇家に贅沢をさせるためではないのではないかと私は思います
私は皇室に対して尊敬や賛美やあこがれのような気持ちはあまりないのですが、だからと言って「皇室なんていらないやい」とまでは思っていません
私は皇室についてあれこれと語っていますが、皇室が存在しなかったとしても何か私の生活にメリット・デメリットが生じるとも思えないし、今現に存在しているものを廃止するべきだと訴えるほどの強い思いはありません
むしろ、今存在している皇室をこれから先どのように考えていくべきなのか…という思いがあり、それが皇室の存在ありきでのことです
もしこれから先、例えば皇位を継承する男子がいなくなり、結果皇室がなくなってしまうようなことになるのだとしたら、そういう形で皇室がなくなるのは残念だと思いますね
単純に女性天皇・女系天皇を認めればいいという問題ではなさそうではありますが、それも含めてどうしたらいいのか考えています
もし、国民の多くが「絶対に男系男子じゃなきゃダメだ!」という意見で、その結果皇位が途絶えるのなら、まあ仕方ないか…とは思っています

それに、天皇がのうのうと優雅に暮らしているわけじゃないと思います
皇室に関心を持って以来いろんな本を読んでいますが、表は優雅でもなかなかたいへんな暮らしぶりだなあと思います
あえてお金をかけてそういう窮屈でたいへんな生活をさせてしまっているのを嘆く気持ちには少し共感もしますが、みさこさんのように天皇を最悪の犯罪者だと思っているわけではないので、ちょっとみさこさんには共感できそうにはない気がします
みさこさんがこのような思いを抱くに至った過程があると思うんですが、どのような経験をされたのでしょうか
何か天皇家に恨みを持つようなことがあったのでしょうか
もしよろしければ教えてください
みさこなる人物は東宮批判派でありかつ反皇室。
ここの管理人は反皇室の東宮擁護。
その両者の争いはこっけいだな。
今のサッシって、雨戸や枠やセットになってて高いのよ〜家なんて二カ所直して300万だったわ。
宮邸は質素でいらっしゃいますm(__)m
ハマナスさんへ
コメントありがとうございました
最近はたしかにいろんなサッシがあって、値段も高いものから安いものまであるんでしょうね
でも、さすがに2ヶ所直して300万というのは高い気がしてしまいます
私としては…工事名に「網戸サッシ改修工事」とあったので、雨戸は含まれておらず、網戸とサッシの「改修」にすぎないのだと思いました
改修というのがどの程度の工事なのかはとてもあいまいですが、「取替」ということばが使われていないので、取り替えるのではなく部分的に取り替えての「改修」なのだと理解しました
すべての網戸サッシを「取替」するのなら、まあこれくらいはかかるもしくは、それ以上かかるものだとは思いますが、実際はどうなんでしょうか…改修は取替も含めるのかもしれません
いずれにしても、私としては「こんなにかかっておかしい!」という見解ではありません
皇族だし、窓数だって多いだろうし、それなりにいいものを使うものだし、これくらいかかるのかもしれないなあ…という思いです
あと、三笠宮邸の工事を取り上げたのには特に意味はなく、東宮御所や他の宮邸の工事も同じようにそれなりにお金をかけて工事しているのだということを言いたかっただけです
私は古いものを捨てて新しいものを買うよりも、古いものに手を加えて大切に使っていくほうが好きなので、たとえそれなりに値の張ったとしても、それを大事に修理・修繕して使っていくやり方には賛成です

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。