スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ちょっと前ですが、天皇陛下と中国副主席のことが話題になっていました
通常天皇陛下と会見するためには1ヶ月前に申し出なくてはならないのだけど、1ヶ月を切っての申し出で、一度は宮内庁が断ったものの、鳩山首相の意向もあってやむなく実現したとかなんとか…そういう内容だったと思います
私は政治のことはあんまりよくわからないのですが、これが政治利用かどうかと問われたら、中国副主席が天皇陛下と会見することがこの中国副主席にとってメリットになりそうだし、日本政府の意図はよくわからないにしても、そうさせることに何らかのメリットが見込まれるからなんだろうし、「政治利用」だと言われても仕方がないのかなあという思いがします
小沢さんに批判が集まっているそうですが、小沢さんのものの言い方はちょっとどうなのかなと思いました
1ヶ月ルールについて、「誰が決めたのか?」と言いますが、それは宮内庁のほうで天皇陛下の日程を組むために1ヶ月前までに申し出てほしいということをお願いしていたわけで、それを守らずに会見をお願いしておいて「誰が決めたのか?」と逆ギレするのはおかしいんじゃないかなと思いました
一応の決まりがあって、でもどうしてもその決まりの中でできないことも出てくることもあって、そういうときに特別にお願いして融通してもらうということはどの世界でもあることですよね
今回だってそういうかんじだと思います
そういうときに、融通してもらったほうとしては、融通してくれてありがとうとかすまないねとか、そういう気持ちになるものだと思います
それなのに小沢さんと来たら、「他の優先順位の低いものをやめればいい」だとか、なんて言い草!と思ってしまいました
元々小沢さんてあんまり好きじゃなかったけど、ますます好きじゃなくなってしまったなあ…

あと、宮内庁のことですが、宮内庁の役人というのは、天皇陛下の代弁をしているみたいな意識があるんじゃないかなと思いました
天皇陛下の代弁なのだから、何も言わせないよ~みたいなかんじでしょうか
何か言われるのは信じられないというかんじなのかなあと思いました
今回だって自分のほうが折れる結果となったことに、「俺にたてつくなんて…」みたいな気持ちが宮内庁長官にあったような気はします
まるで天皇陛下という盾に守られているような、そんなところはあるのかなあと思いました

天皇陛下は政治に介入したりしない立場だけれど、天皇陛下の言うことの影響力ってとっても大きいと思います
もし天皇陛下が「女性天皇も認めるべきだと思う」と発言したら、きっとそういう方向で進んでいくんだろうなと思うし、天皇陛下が言ったことに逆行するようなことをしたら非難囂々になるような気がします
だからこそ、天皇陛下は発言に相当注意していると思います
そういう状態で、宮内庁から発せられるさまざまな情報は、天皇陛下の意思が汲まれているのではないかという思いがしてしまうし、宮内庁長官の発言も「個人的な見解」としながらも、「自分がいちばん天皇陛下の気持ちをわかっている」という自負が感じられたりもします
実際問題、天皇陛下と宮内庁長官がどれほど腹を割って話せているのか…多いに疑問だと思います
宮内庁長官もマスコミと同様に自分の主観から「こうなのではないか」と想像して話している部分も多い気がするからです
実際のところはほんとにわかりませんが、発言の影響力の大きい天皇陛下から本心を聞くことは難しいし、まわりがいろいろと想像してしまうのも仕方ないのかもしれないですよね

今回のことでは、どうしてどうしても中国副主席を天皇陛下と会見させたかったのか…そこが知りたいです
ルールを破ってまで、避難を浴びてまで要求を通すだけのメリットは何だったのか…とっても興味があります
想像ですけど、天皇陛下と会見をしたという実績を持った中国副主席が中国国内で立場がよくなるのはたしかかなと思います
天皇陛下とどういう話をしたのかわからないですけど、政治の話をしたところでそれは単なる世間話に過ぎないし、会見の内容よりも「天皇陛下に会った」ということが大きいんでしょうね
しかもそれが、「本当はダメなんだけど天皇陛下側に融通してもらって会うことになった」となれば、箔がつくのでしょう
それを「政治利用だ」と言われてしまうのは仕方ないんじゃないかなあと思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。