スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
情報源は「週刊文春」2006年2月23日号だそうです

天皇家にとって「お世継ぎ」は最重要の課題であったが、皇太子ご夫妻のお考えは天皇とは異なっていた
元宮内庁関係者が明かす
「天皇皇后が『お世継ぎ』を望まれるご意思は強く、いわば『デューティ(義務)』だとお考えでした
ところが皇太子ご夫妻は『子どものことは自分たちで考える』というお考えだった
その後も天皇皇后は、皇太子ご夫妻が四年間も子宝に恵まれないことについて何の対策もお取りになっていないことをお知りになって、さすがにご心配が募られたようです
そこで、宮内庁御用掛で皇后さまの掛かりつけ医であった産婦人科医の坂元正一氏にいろいろとご相談されました
ところが坂元さんは皇后の信頼が厚いためか、皇太子ご夫妻から警戒されてしまったそうです
坂元さんは『自分のことを両陛下の側の人間だと思われるらしく、敬遠されてしまう』と嘆いていた
両陛下にご報告するにも材料がなく困っていたみたいです」
そこで坂元御用掛の代わりに東宮侍医長が皇太子ご夫妻におうかがいを立てることになったという
97年頃のことだ
「東宮侍医長は温厚な人だったので苦慮したようですが、失礼なことは承知の上で、『基礎体温表を出していただけないでしょうか』とお願いに上がったのです
それが皇太子ご夫妻のご不興を買ってしまった
『他人が口をはさむものではない』と厳しいご返事をいただいたと聞きました
その後、東宮侍医長は遠ざけられ、雅子さまへのお目通りは一切許さなくなり、連絡はメモのやり取りだけに限定されたそうです
彼はまもなく東宮御所を去ることになりました」


毎回毎回週刊誌の記事を読むたびに思うんですが、この情報を明かしている「元宮内庁関係者」って一体誰なんでしょうね
ほんとにそういう人が実在するのか、一体どういう人が週刊誌に情報を流すのか、とっても興味があります
私はこの記事から、東宮御所だけに限らず、皇室全体が雅子さまに対し「お世継ぎはまだかお世継ぎはまだか」というまなざしを向けていたのだなあと感じます
記事からすると、皇太子夫妻はお世継ぎを設けることを義務だとは考えず、自分たちで考えるという考えだったとのことですが、果たしてそうでしょうか
結婚後の会見で、記者から何度も何度も「お世継ぎ」について質問されていますが、「十分承知している」という認識だったように記憶しています
私は皇太子夫妻はお世継ぎのことをきちんと考えていたと思います
子どもを授かるということはとってもプライベートな問題ですが、皇太子夫妻の立場では、こういったプライベートな問題が「公」の部分にも関わってくるわけで、そのへんがとても難しいと思います
例えば、じゃあ雅子さまがなかなか子どもを授からないということを公言して、不妊治療を行なっているということを明かせばよかったのでしょうか
そうすることはとても勇気がいると思います
私も2人目不妊で悩んでいたとき、人には絶対に話しませんでした
話したい気持ちはあったけど、同じように不妊を抱えている友だちに話して、気持ちをわかってもらえたとしても、もしその友だちが先に子どもを授かったりしたら、私は「おめでとう」って言ってあげられるだろうか…という自信がありませんでした
順番はわからないけど、必ずいつか授かるのだというのなら、もう少しゆとりも持てたかも知れませんが、不妊治療を続けていると、ときにふっと「もしかしたらこのままずっと授からないのかもしれない」なんていう思いがよぎってしまったり…
不妊治療を続けるということは、「いつかきっと授かるだろう」と信じているということです
それが励みになっています
ただ、それってほんとに不確かでなんの保証もない、とにかく「信じる」ってことだけ…そういう気持ちで日々を過ごすのは思った以上にしんどいものです
雅子さまもそういう思いでいたのだと思います
この記事から伺える皇室の雰囲気が雅子さまを追いつめていたことは容易に想像がつきます

私としては、こういう情報がどうして外に漏れるのかが疑問だと思うし、本当にもと宮内庁関係者が見聞きしたにしてはあまりにも具体的すぎて、想像が働いているような気がしてなりませんが、この記事の内容が事実だったとして意見を述べたいと思います
基礎体温は不妊治療をするにあたって重要な情報になるものだと思います
基礎体温から不妊の原因をある程度突き止めることもできます
高温期がない状態なら無排卵の可能性もあるし、高温期が短い状態なら黄体機能不全の可能性が疑われるし、基礎体温を見ただけで「不妊の原因はこれだ」と確定はできませんが、想像をつけることはできると思います
私も2人目不妊で治療をしていたときには基礎体温を測り、体温表を提出していました
なので、医師が基礎体温表を提出していただきたいと思うのはごく自然なことだと思います
ただ…どういうふうにそれをお願いしたのでしょうかね
皇太子夫妻がまわりがお世継ぎムードむんむんになっているのを痛いほど感じている中で、自分の直接のかかりつけ医ではない人からいきなりそういう話をされたら警戒するだろうなとは思いますね
東宮侍医長が聞くのはごく自然だと思いますが、きちんと話をして「基礎体温表を…」と言ったのでしょうか
いつもいつも思うんですが、皇室内でのコミュニケーションがいつもうまく行っていない気がします
この東宮侍医長が直接皇太子夫妻に述べたのか、それとも側近を通して伝えたのか、それによってだいぶ変わってくると思います
側近を通して「基礎体温表を提出してほしい」とだけ言われたらやっぱりいやだろうなと思いますね
だからと言って「他人が口をはさむものではない」と言うのはどうかとは思います
東宮侍医長が皇太子夫妻の体の心配をするのは当たり前のことだし、いわば義務だし、「他人」ではないと思いますし…
その後と東宮侍医長は遠ざけられてメモの受け渡しだけになったとありますが、それはお世継ぎの問題に限ったことなのでしょうか
皇太子夫妻は私たちよりも多く定期検診みたいなものを受けていると思うんですが、そういうときには東宮侍医長とのやり取りがあったはずでしょう
まったくお目通りが通らなくなったってことはないと思うのですが、もしほんとにそういう状態になったのだとしたら、東宮侍医長の役割をまったく果たせない状態になってしまっていたということになります
それではちょっとまずいですよね…
自分の体のことは自分の責任ではありますが、皇太子・皇太子妃という立場にある場合、自分の健康が自分だけのものではないとも言えますから、東宮侍医長がきちんと皇太子夫妻の健康管理をする必要があると思います

それから、結婚後4年間のあいだ子宝に恵まれないことについて何の対策もとっていなかったとありますが、もし本当なら4年はちょっと長いかなあと思います
昔は2年子どもが授からなければ不妊の疑いがあると言われていましたが、今は1年だとも言います
本当に4年間何もしていなかったのだとしたら、「お世継ぎのことを考えていない」と思われてしまっても仕方がないかなあとは思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。