スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1997年に東宮御所の公室棟の改修が行なわれたのだそうです
宮内庁のWEBページで調べたのですが、ずいぶん前のことなので確認ができませんでした
でも、それが実際に行なわれたのだとして意見を述べたいと思います
私が参考にしているさまざまな「事件」が記述されているサイトによると、この改修は公室棟の耐震補強工事・車椅子用リフト設置等・バリアフリー化などを行なったのだそうです
東宮御所には住居となる「私室棟」のほか、公的な行事などで使われる「公室棟」、東宮職職員らが使う「事務棟」があり、今回は「公室棟」の改修です
これが何の問題があるのか…私にはさっぱりわかりません
参考にしたサイトには「母方祖父江頭豊が遊びに来るのに便利にするためじゃないか?」などと書かれていましたが、まったく何でもかんでも結びつけてしまうのにちょっとびっくりします
よくもまあそういうことを次から次へと思いつくものだなあと感心するほどです
東宮御所の公室棟にこのような改修を施すのにはさまざまな理由があると思いますが、私が想像するに、ずいぶん前から建っている建物だから耐震構造にはなっていないでしょうし、それに耐震補強を行なったのだと思いますし、車いす用のリフトを設置したりバリアフリー化をしたのは、公共の施設は今や常識と言ってもいい必要な要素だからだと思います
東宮御所にはいろんな人がやってくるでしょうし、中には車いすを必要とする人もいたり、足腰の弱った人もいるはずです
そういう人たちのために改修工事を行なうのはとても理にかなっていると思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
お返事ありがとうございました。
私も改修工事は特に問題視する事ではないと思っています。
雅子さまの事は私が想像する以上にご苦労されて精神的にお疲れになるのは無理がないと感じています。
雅子さまの事は私の病や子どもの事をネットで調べているうちに知りました。
どうか無理をなさらず穏やかにお過ごしいただけたらとねがわずにはいられません。
その点では管理人さんの優しさは大きな励みになるでしょうね。
大変でしょうけど貴方も無理をなさらずにご自分やご家庭を第一人に考えてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ひなさんへ
またコメントをいただき、ありがとうございます
皇室のことってわからないことが多くて想像ばかりが先行してしまい、どこまでが事実なのか判断が難しいことがありますよね
私としては、わからないのならわからないということを踏まえた上で意見を述べるべきだと思っています
つまり、想像したことやまた聞きしたことを鵜呑みにして決めつけたりしないということです
これはなかなか難しいことで、自分の意見を後押ししてくれるようなことを小耳に挟むと信じたくなってしまったり…人間の自然な姿ではあるとは思いますが…
でも、なるべく公平な目を持って書き綴っていきたいと思います

私や私の家族を気遣ってくださってありがとうございます
まずは自分のふだんの生活を第一に考え、ブログは時間の許す限りにしたいと思っています
よかったらまた意見をお聞かせください

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。