スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
皇太子夫妻は2002年12月5日にニュージーランド・オーストラリアご訪問を前に記者会見を行ないました
少し引用が長くなります

まず、雅子さまへの質問は
「約8年ぶりの両殿下そろっての外国親善訪問になりますが,どのような感慨をお持ちでしょうか。
また,両殿下ご自身の外国親善訪問の意味や在り方についてどのようにお考えでしょうか。
今後の外国訪問の中で,どのように「自分らしさ」を出していこうと考えていらっしゃいますか。」


これに対し雅子さまの答えは、
「ご質問にありましたように,今回公式の訪問としては8年ぶりということになりまして,ニュージーランドとオーストラリアを訪問させていただくことができることになり,大変うれしくまた楽しみにしております。
中東の諸国を訪問いたしました折のことは今でもとても懐かしく本当にいい経験をさせていただいて,その時の思い出は今でも皇太子さまとよく話題にしたりしておりますけれども,その後8年間ということで,そのうち最近の2年間は私の妊娠そして出産,子育てということで最近の2年は過ぎておりますけれども,それ以前の6年間,正直を申しまして私にとりまして,結婚以前の生活では私の育ってくる過程,そしてまた結婚前の生活の上でも,外国に参りますことが,頻繁にございまして,そういったことが私の生活の一部となっておりましたことから,6年間の間,外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は,正直申しまして私自身その状況に適応することになかなか大きな努力が要ったということがございます。
今回,昨年子供の愛子が誕生いたしまして,今年,関係者の尽力によりまして,ニュージーランドとオーストラリアという2か国を訪問させていただくことができることになりましたことを本当に有り難いことと思っております。」

というものでした

これに関連し、記者は以下のような質問をしました
「先ほど1問目のお答えの中で,ご結婚以前の生活は外国に頻繁に行かれていて生活の一部になっていたと申し上げられましたが,ご結婚してから,なかなかそういう機会に恵まれず,大きな努力があったというふうにおっしゃいましたけれども,その時のお気持ちですね。
努力があったこととか,自分なりに気持ちの整理などされた部分もあると思いますけれども,その辺をもう少しお聞かせ願いたいと思います。」


これに対し雅子さまはこう答えています
「そうでございますね。また子供が生まれましてからいろいろ状況も変わっておりますので,その前のことをはっきりと思い出すのもなかなか難しい面もあるのですけれども,やはり国民の皆さんの期待というものが,いろいろな形での期待があって,その中には子供という期待もございましたし,他方,仕事の面で外国訪問なども国際親善ということでの期待というものもございまして,そういう中で,今自分は何に重点を置いてというか,何が一番大事なんだろうかということは,随分考えることが必要だったように思います。
結婚後,いろいろな機会に恵まれて,国内各地を訪問することができまして,それは,私のそれまでの生活の中では,なかなか国内の各県をまわったりということは,それまでは余り経験―もちろん私的な旅行で観光地のような所をいろいろ訪れるという機会はもちろん何度もございましたけれども―いろいろな地方へ行って,その地方の特有の文化ですとか,食事ですとか,施設,いろいろなものを見せていただいたり,そういう中で,国内のことについていろいろな事の理解を深めることができたということはとても大きく,私にとっても財産になったと思っております。
そして,もちろんこちらにおりましても外国からのお客様をお迎えしたりとか,また,両陛下がお迎えになる外国のお客様とお会いしたりという形では,もちろん,外国の方とのつながりというものは続けてきたわけではございますけれども,今回久しぶりに公式に訪問させていただくということで,それから,申し忘れましたけれども,公式の訪問以外には,ジョルダンのフセイン国王が亡くなられた折のご葬儀と,それからベルギーの皇太子殿下がご成婚なられた時には,そちらに伺わせていただくことができましたことも大変有り難かったと思っております。」


雅子さまの「…公式の訪問以外には,ジョルダンのフセイン国王が亡くなられた折のご葬儀と,それからベルギーの皇太子殿下がご成婚なられた時には,そちらに伺わせていただくことができましたことも大変有り難かったと思っております。」という言葉ですが、ジョルダンのフセイン国王の葬儀に伺わせてもらえてありがとう…というのはおかしいという批判派の指摘です
たしかに、お葬式ですから、「ありがとう」という言葉は似つかわしくないようにも感じます
単に後者のほう(ベルギー皇太子の結婚)に伺うことがdけいて「有り難かった」がかかるのかなとも取れますが、そう解釈するのはちょっと無理があるようにも思います
ここでもお世継ぎ問題が関わっているように思うのですが、皇太子夫妻はお世継ぎ誕生を優先して外国訪問を控えていたのは事実ですし、そういう中で外国公式訪問ではない冠婚葬祭のおつきあいで外国に行くことを許可してもらったことを雅子さまは「有り難く」思ったのではないでしょうか
外国の冠婚葬祭となれば、日本側の都合で行かないわけにも行かないですし、お世継ぎ誕生を最優先している中でも実現した外国訪問になったのだと思います
このように述べると、雅子さまは海外に行きたくて仕方なかったのだ…という印象になってしまいますが、それを私は否定しませんが、単純に外国を訪問したかったわけではなかったのだと思います
不妊治療を行なったことがある人ならわかると思いますが、いつ授かるかもわからず、いつまで不妊治療を続けるのかもわからず、暗い闇のトンネルをさまよっているような感じがします
不妊治療は女性の生理周期に合わせて行なわれますから、期待→不安→絶望が繰り返されるわけです
これは本当に辛い…私の場合はまわりからのプレッシャーはまったくなかったのですが、それでもしんどかったです
でも、雅子さまの場合まわりからは常にやんややんやとプレッシャーをかけられるという環境ですよね…これでは気が滅入ってしまいます
そういうとき、不妊治療を少し離れて気持ちをリフレッシュしたくなります
人によってそれぞれですが、おいしいものを食べに行ったり、買い物に出かけたり、旅行に出かけたり、自分の好きなことをすると気持ちが戻ってくるものです
私の想像ですが、お世継ぎ問題のプレッシャーでがんじがらめになっていた雅子さまがお世継ぎ問題から少しでも解放される時間を与えてくれたこれらの外国訪問に対し、「有り難い」と思ったのではないでしょうか
上記に引用した会見の中で雅子さまは「…やはり国民の皆さんの期待というものが,いろいろな形での期待があって,その中には子供という期待もございましたし,他方,仕事の面で外国訪問なども国際親善ということでの期待というものもございまして,そういう中で,今自分は何に重点を置いてというか,何が一番大事なんだろうかということは,随分考えることが必要だったように思います。」と述べていますから、やはりお世継ぎ問題のプレッシャーを強く感じていたのはよくわかりますよね
子供を授かるということは人間がコントロールできないもののひとつです
努力したからといって必ず授かるとは限りません
皇太子妃の役割のひとつにお世継ぎを設けることがあることはたしかですが、まるで「皇太子妃はお世継ぎを生むためだけのもの」だというような環境において、なかなか子宝に恵まれずに悩み、自分はそのためだけの存在なのだろうか…と思い悩んだであろう雅子さまの心の叫びが聞こえるような気がします
ジョルダンのフセイン国王には公式訪問の際にお目にかかっているでしょうし、そのときによくしていただいたという経緯もあったのだと思います
他の一般の人にも言えることですが、もし自分が誰かにスケジュール管理されている身で、自分が親しくしている人やお世話になった人の葬儀に参加できることになったとしたら、やっぱり「有り難い」と思うのではないでしょうか

それから、雅子さまが「ヨルダン」ではなく「ジョルダン」という呼び方を用いたのに対し、外務省のキャリアに固執し続ける人柄が表れているとかナントカカントカ…とも書かれていたのですが、それだけで「外務省のキャリアに固執し続けている人柄」だって言ってしまうところがなんだかなあと思います
ただ、公の人ですから、呼び方は統一したほうがいいですよね
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
No title
記事の更新お疲れ様です

私も雅子さまがありがたかったとおっしゃったことは知っていました
これは私の個人的見解ですが、結局言い方の問題のような気がします
ただ皇太子妃ゆえ、誤解の招く表現はやめたほうがよかったかもしれません
公的なお立場ですし発言は外国にも配信されますので(本当に大変だと思います)

そしてジョルダンとおっしゃったことは問題ではないと思います
もし宮内庁的にアウトならその後注意されたでしょうし、次から間違えなければオーケーだと私は思います(仕事での間違えは誰にでもありますしその都度学んで次から間違えなければオーケーでしょう)

言葉は難しいし大変ですよね
もう多くを語らないのが一番問題にならないのではないかと思ってしまいます(笑)



こんにちは
私も、雅子さまは、お言葉が多いように感じます。
私は、話すのが苦手で内向的なので雅子さまのようなお方に憧れたりします。
私の友人も、いつも明るく話されるので「羨ましい」みたいな事を伝えた事があります。

そうしたら「おしゃべりが多くて言わなくてもいい事まで喋ってしまい後から後悔するのよ」と聞いたことがあります。

私の友人と比べるのは申し訳ないのですが簡潔にお話をされた方が皆さんに伝わりやすいような気がします。

管理人様、寒かったり暑かったりで体調を崩していませんか?
ココさんへ
コメントありがとうございます
私もココさんと同じ意見で、雅子さまはそういう意図で言ったわけではないけれど言い方に誤解を受けるようなところがある気がします
批判的な立場で見れば気になるところになるでしょうし、擁護する立場からみれば「そういう意味ではないのだろう」と思うのだと思います
その他の言動においてもそういう面はありますよね
ジョルダンのことも、私は「にっぽん」と「にほん」みたいな違いなのではないかと思います

たしかに言葉は難しいですね
自分の意見は語らず、当たり障りのないことだけを述べるのがいちばんなのかもしれません
でも、語らなければ語らないで、いろいろと憶測が飛び交う気もしますし、皇室の人たちは本当にたいへんですね
ひなさんへ
コメントありがとうございました
雅子さまは雅子さまなりに気を効かせて気の効いたことと言うか、付加的なことを言うことがありますよね
それが「言わなくてもいいこと」だったり「言わないほうがいいこと」だったりすることがあるような気がします
私が想像するに、雅子さまは面白いことを言って友人を笑わせるような人だったんじゃないでしょうか
皇族の女性というのは「言葉少なで夫の意見に右習え」という昔の女性の理想をそのまま引き継いでいるように私は思うのですが、そういう面で雅子さまが皇太子妃にふさわしくないと思う人もいるのかもしれませんね
ココさんの返信でも述べましたし、ココさんも述べていますが、言葉というのは言ってしまったことは消えないですし、雅子さまのような公な立場の人は、慎重に慎重を重ねて話すくらいでちょうどいいのかも…

体調をご心配いただいてありがとうございます
年末に子供からもらった風邪で体調を崩しましたが、今は何とか元気にしています
ひなさんも体調には気をつけてくださいね
ありがとうございました
私は、雅子さまの正直なお気持ちを話されるのはすごく好感がもてます。
私の体験で恐縮ですが、主人は子どもが幼少の頃に癌で亡くしました。
主人を亡くし、子どもは自閉症。
どなたでも苦労していると思うでしょう。
友達からも「1人で悩まないで話して。愚痴なら何でも聞くから」と言われます。

お言葉に甘えて愚痴ったりしますと「大変なのは、あなただけじゃない、みんな一緒だよ」と最終的には言われてしまいます。
それは、私もわかります。
私が最終的に思ったのは、不平不満を言わないのが日本では美徳なんだろうなぁ…という事です。
愚痴はカウンセラーさんなどに話そうと思いました。

雅子さまにも、そのようなお方が今はいるでしょうが、ご両親にも心配させたくないなど我慢されてきたのでしょうね。

もっと、つらかった事など吐き出していただいて、また笑顔の雅子さまをみたいと思っています。
ひなさんへ
コメントありがとうございました
そうですね…まわりの人は得てしてそのように言いがちですよね
きっと励ますつもりで言ったのでしょうけど、その言葉に励まされるどころか逆に気落ちすることはありますよね
私にもそういう経験があって、それは例えば不妊のことだったりしますが、そういう経験をして、同じように悩んでいる人の気持ちがわかるようになったことはプラスだと思う一方、経験したことがない人にもわかってもらいたい、思いやってもらいたいとも思います
実際に経験しなかったとしても、想像のつかないような苦しみや悩みがあるのだなということを理解することはできると思うからです
日本人の気質からして、例えば「おしん」のように、どんな理不尽な扱われ方をされても文句も言わずにひたすら耐える姿を好むところはありますよね
人間はときに弱音を吐いたり、愚痴を言ってみたくなるもので、いつもいつも強くいられるわけじゃないと思います
雅子さま批判をする人を見ていると、「皇太子妃はこういうものだ」というイメージを強く持っていて、それにそぐわないことに不満を持って批判をしているように思えます
皇族と一般の人は違うのは重々承知ですが、雅子さまの立場や環境を思いやり、私にはわからないけど、わからないなりに、いろんな苦労があるのだろうなと思うことができれば、あのような冷酷な批判はできないと私は思います
No title
随分前のお話ですね。
「ありがたかった」と言う言葉自体は、雅子さまの心がこもっていると思います。
もし「光栄に存じました」とおっしゃれば、揚げ足取りされなかったでしょうに。
雅子さまは、御結婚前からあまり敬語がお上手ではなかったようです。(お家の方に「浩宮様っておえらいの?」とおっしゃったそうです。)
御結婚後は東宮殿下に敬語ではなく普通のご夫婦のようにお話なさいます。
ちょっとしたパーティーでしたが、雅子さまが皇太子殿下に「ジュース飲みます?」とおっしゃったのには正直驚きました。
東宮さまは、いつもお昼間は烏龍茶を召し上がるのですが、ご存知ないとは思えませんが…
わたくしなら、召し上がるかどうかわからなくても、お取りして差し上げますが…
雅子さまには雅子さまのなさり方がおありでしょうから、どうぞ意志を貫いて、お元気におなり遊ばすことをお祈りしております。
No title
ある掲示板から来ました。
久邇晃子さんという方は実在の人物です。
しかしながら、上で久邇さんを名乗っている人は雅子様の実妹・池田礼子さんだという指摘があります。
そうだとすれば他人のふりをして実姉を弁護する大変恥知らずな書き込みだということになります。
上のような書き込みは削除されるべきだと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
「ある掲示板から来ました 」さんへ
コメントありがとうございます
まずあなたにお聞きしたいことは、「久邇さんを名乗っている人は雅子様の実妹・池田礼子さんだという指摘」があったことについて、それの信憑性をどう思っているか、ということです
「そうだとすれば他人のふりをして実姉を弁護する大変恥知らずな書き込み」だとのことですが、「そうだとすれば」と仮定しておきながら、実は事実として信じ込んでしまっているように私は感じます
私も創価主婦だの自作自演をしているだのと「断定」されていますが、事実無根ですし、きちんとした証拠もなくこういった決めつけをすることに対し、疑問を感じます
私は久邇晃子さんという人がどういう人なのかはわかりませんが、「久邇晃子」と名乗っている人は、もしかしたら本当にそういう名前かもしれないし、偶然にも同姓同名なのかもしれないし、もしかしたらあなたの知っている久邇晃子さんと同一人物なのかもしれないし、単にハンドルネームとして使っているだけかもしれないですし、それはあなたが「久邇さんを名乗っている人は雅子様の実妹・池田礼子さんだ」とすることと同じくらいかまたはそれ以上に可能性のあることだと私は思います
批判をする方にはよく見られることですが、思い込みから断定すると真実は見えてきません

それから、いただいたコメントは基本的に削除しないつもりです
削除しているのはいわゆるアダルト系のコメントのみです
どんなコメントでも、皇室に関連のあることならそのまま残しておきます
それに、あなたがなぜ「書き込みを削除されるべき」だと思うのかがよくわかりませんし…
こんばんは。ゴールデンウィークもあと一日で終わりですね。
お子様のお世話でいそがしいのでは?
この季節けっこう風邪の方がいらっしゃいますので、お気をつけ下さい。
わたくしは池田(小和田)礼子さんはお名前しか存じ上げません。節子さんと見分けもつきません。
姉妹が本当に仲良しなのか、わかりませんし…
昔『例の赤いコート』をどちらかが着ていらしったような…
とにかく、他人を思いやる事のできない攻撃的な人ですね。
久邇晃子さんへ
コメントありがとうございます
たしかに「ありがたかった」と言った気持ちはわかりますが、他の表現だったらよかったのかなと思います
雅子さまの敬語は結婚前は皇室レベルではなかったのではないでしょうか
皇族ではなかったのだから、仕方がないのだとも思いますが、敬語云々ではなく、結婚後も「もう少し他の表現のほうがよかったのかもしれないな」と言うような発言はありますよね
それらの発言に深い意味はないのはわかるのですが、何かと批判する人たちにとっては格好の批判材料になってしまっている気がします

ふだんの生活ではさすがに敬語ではなくふつうに話すのですね
会見などで敬語を使うので、私生活ではいったいどんなふうに話しているのだろうかと疑問に思っていました
私生活と言ってもまわりに他の人がいることもあるでしょうし、まったくの2人きりにならないとふつうに話せないのでしょうか…
なんだかとても窮屈な気がしてしまいますが、これが皇室の暮らしなのかもしれないなあと思います
久邇晃子さんへ
コメントありがとうございます
お気遣いありがとうございます
今回のゴールデンウィークは近場に出かけるくらいでのんびり過ごしています

批判する人たちの思い込みの激しさには驚きや怒りを通り越して呆れてしまいます
どうしたらそう断定できるのかまったく理解できません
「こうなのかもしれないなあ」と思うことはあるでしょうし、自分の意見を後押しするような方向にものごとを考えたくなる気持ちもわかりますが、それにしたって雅子さま本人が書き込みしているだとか、雅子さまの妹が書き込みしているだとか、どうやってわかるんでしょうかね
勝手に断定する人たちはふつうの社会生活を送れているのだろうか…と心配になってしまいます
久邇晃子さんへ
妹だか親族だか、何だか分かりませんが
見苦しいですね。

どうしてバッシングの嵐が起きるのか
根本を考えていない。

まぁ姉である非殿下が、何もかも周りの精にするお方なので、その血筋とあらば仕方
ありませんが(大笑)

じっと耐えて国民の声を熟読なさいな。
そして姉に助言しておあげなさいよ。
そして反論や、他人のフリして擁護派に
回らず、じっと耐えて身内で肩を寄せて
泣きなさい。

誰の精でもない、根本の原因は、あたなのすぐそこにあるのですから
10/05/05 13:31にコメントをくれた名無しさんへ
こめんとありがとうございます
ひとつ聞きたいことがあります
あなたは「久邇晃子さん」が雅子さまの妹さんだと思っているようですが、それはどうやってわかったのですか
何か決定的な証拠でもあったのでしょうか
他のサイトで「「久邇晃子さん」が雅子さまの妹さんだ」という書き込みを見かけることがありますが、私にはどうしてそう断定できるのかわかりません
よかったら教えてください
他サイトにおいて「久邇晃子」が書いた暴言
他サイトにおいて「久邇晃子」が書いた暴言

http://news-japan.jugem.jp/?eid=450#comments

雅子さまはお気の毒でいらっしゃいますが、目下が高貴な方を労う事は失礼でございます。
美しい桜をかたり、酷い中傷をするあなたはまともな人ではありませんから、どうぞ精神科を受診なさって下さい。
| 久邇晃子 | 2010/05/01 07:20(土) |

No title
前にも書いたけど;
久邇晃子さんは実在の人物です。
久邇晃子さん本人がこの「久邇晃子」僭称者を名誉棄損罪で訴えたらこのサイトも警察に調べられるね。
「久邇晃子」僭称者はこのサイトでは常識人を装っているが、他所では卑劣行為の数々を繰り返しているのだから。
実在の方の名前をハンドルネームにするのは非常識だと思います
管理人diary_dailyさんへ
久邇晃子さんという人について調べてみたら、確かに実在する方です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E9%82%87%E6%99%83%E5%AD%90

管理人さんは、上で久邇晃子さんを名乗っている方が本人かどうか確認されたのですか?
もし本人でないなら、当然他人が勝手にハンドルとして使っていると言うことにもなりますが、実在の方の名前を自分のハンドルネームとして使っているというのは非常識だと思います。

めったにない苗字ですから、偶然の一致ではなく
故意に使っているとしか思えません。
管理人として、注意するなり、HNの変更を求めるなり、すべきではないのですか?
余計な口出しですみませんけど。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
久邇晃子さんを名乗っている方の件のお返事は頂けませんか?
管理人さんへ
上の人の件に対する対応はどうなっているのですか?
お返事も頂いてませんが?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。