スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
soboku.jpg
皇室の行事を見ていると、ほとんどが洋装ですよね
このことに特に疑問だとかおかしいだとか感じたことはなかったのですが、日本の伝統文化を継承しているのに洋装が正装っていうのは、指摘されたらおかしな気がします
そのことに関する記述があったのでご紹介します

皇室には「オモテ」と「オク」があるのだそうです
「オモテ」とは、天皇の公務に関わる部分のことで、「オク」というのは日常生活の部分のことなのだとか
明治時代に明治天皇が「オモテ」は洋式で、「オク」は和式でというように決めたのだそうです
どうしてそう決めたのか…それは日本が欧米列強に並ぶ強い国になるため欧米列強とのつきあいの中に交じるため、国際標準の皇室の姿を作ろうと思ったからとのことでした
そのことが今も続いていて、例えば歌会始のような伝統的な儀式は参加者も天皇陛下も洋装なのだそうです
なるほど…と思いつつも、なんだか腑に落ちない私です
結局は欧米列強の真似をしただけなのか…という思いがあります
日本人の特徴として、すぐに他のものに影響されるところがあると思うのですが、この「オモテ」を洋式にするところもそういう面が出た気がしてしまいますね
これは暗に洋式のほうが優れていると認めてしまっているような気がします
ただ、たしかに見た目というのは大切なので、見た目で欧米列強に引けを取らないように洋式にしたというのもわからなくもありません
でも、それだけのことで表向きのことがすべてにおいて洋式になるのもどうなんだろうと思ってしまいます
「オモテ」が天皇の公務に関わることだとすると、例えば宮中祭祀は和装で行なわれるので「オク」に分類されるのでしょうか
「オク」が日常生活とのことですが、現代は天皇陛下だってふだんは洋服を着ているはずだし、「オク」が完全に和式だったのは明治・大正・昭和のはじめくらいだったのかもしれませんよね
園遊会はどっちになるんでしょうか…和装だったり洋装だったり、まちまちです
公務でも男性皇族が和装ってことは見たことがありませんが、女性皇族は着物を着ていることもあるし、そのへんは今はどっちでもよくなっているのではないかなあと私は思います
あと国事行為のときには天皇陛下は洋装ですよね
「オモテ」には国事行為も含まれるのでしょうか

ちなみに、園遊会がらみのお話ですが、園遊会では招待客にジンギスカンが振る舞われるのだそうです
ヨーロッパではいちばん格式高い肉が羊肉なのだとか…それでジンギスカンなんでしょうか
私のイメージとしては、ラムチョップのようなものがお皿に並んでいると「格式高い」という感じがしますが、ジンギスカンだと「格式高い」とは感じません
何故ジンギスカンなのか、疑問ですね
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
なるほど
なるほど・・・と思いながら読み進んでいきましたが「オモテ」「オク」の二つに単純に区分できないことがたくさんありそうですね。

江戸から明治への移行の中で、欧米列強の存在はそれまでの価値観を一変させるものがあったでしょうね。

洋装と和装についての記事も興味深く拝読しました。
ゆゆさんへ
コメントありがとうございます
今は一般市民の生活もほぼ西洋スタイルになっていますから、当然皇室の私生活もそうなっているはずですよね
完全に和装なのは宮中祭祀だけなのかもしれません

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。