スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1999年12月4日、皇太子さまと雅子さまはベルギーのフィリップ皇太子の結婚式に出席しました
そのとき雅子さまはブルーのスーツを着ていました
belguim_wedding.jpg
これにつけられていた事件名は「1999年12月4日ベルギー王太子結婚式に出席、欧州の王族貴族が大集合する場で英国王室の色であるロイヤルブルーのスーツで登場の雅子。元々赤色スーツの予定だったが、当日朝TVで見た式場教会カーペットが赤なのに気付き、これでは埋もれてしまい目立たないと急遽態々ロイヤルブルーに変更事件」です
これによると、雅子さまははじめは赤のスーツで出席する予定だったけど、式場のカーペットが赤なので、赤のスーツでは埋もれてしまって目立たないと急遽ロイヤルブルーのスーツに変更したということですね
この情報源は「文藝春秋」2002年1月号のベルギー大使だった兵藤長雄さんの記事です

実は婚礼式の当日の朝、妃殿下は和服で出席されるか、洋服にされるか思案された。日本を代表されるには、和服が望ましいことはわかっていたが、当日は真冬の零下の寒さで、しかも、式場の教会内は正門が開け放たれていた上に、暖房も臨時のもので震えるような寒さであった。風邪をひかれることが何よりも心配だったので、結局洋服で行かれることになった。
ここで、小さなエピソードをご披露したい。当初、お召しのスーツは深紅のものを予定されていた。ところが実際に教会に到着されたときは、目の覚めるようなブルーのスーツに変わっていた。それは、雅子妃のとっさのご判断であったことを後から知った。式場に行かれる前、妃殿下はテレビに映し出された協会の模様をご覧になっていて、式場に深紅の絨毯が敷き詰められていることをご覧になった。同色のスーツではと思われた妃殿下は即座に鮮やかなブルーのスーツに帰られることを決断された。このご決断は大成功で、教会にご到着時からテレビに大写しになった両陛下は、深紅の絨毯、黒のモーニング姿の殿下、妃殿下のロイヤルブルーのスーツで一際冴えた印象を与えたのであった。私も妃殿下の臨機応変のご判断に感服した。


この記事によるとたしかに雅子さまは当初深紅のスーツを予定していたのを式場教会の絨毯の色を見てロイヤルブルーのスーツに変更したとあります
しかし、それが「これでは埋もれてしまい目立たない」という理由だったとは書いていませんね
前回の記事でも書いたのですが、まるでその場にいて見聞きしたかのような書き方を批判派は雅子さまの批判記事に関しては行なうんですよね
このことから見ても批判派がものごとを正確に捉えているとは言いがたいものがあると思います
それはさておき、まず、「英国王室の色であるロイヤルブルー」についてですが、ロイヤルブルーは英国王室の色なんでしょうか
たしかにロイヤルがついていると高貴な色ってかんじですけど、それが果たして英国王室の色か…ネットで「ロイヤルブルー」で検索しました
でも特に「英国王室の色」だと指摘する情報は見つかりませんでした
英国王室の公式サイトにも行き、写真などを見たのですが、式典のときなどにかならず身につけている色があるわけではないように感じました
トップページなど主要なページにはロイヤルブルーと思われる色がベースに使われていましたが、ワインレッドやダークグリーン、ネイビーなどが使われたページもあるし、どうなんでしょうかね…私にはロイヤルブルーが英国王室の色なのかどうか判断がつきません
私が思うに、たしかにロイヤルブルーと言われる色は高貴なイメージのある色ですが、英国のテーマカラーってほどではないのではないか…と思います
ロイヤルとついているのは単にそういう色の名前なだけで、王室の色っていう意味ではない気がします
それに…ベルギーでの結婚式ですから、このロイヤルブルーが英国王室の色だったとして何が問題なのか、と思いますね
ベルギー王室の色がこのロイヤルブルーなんだったら問題になると思いますけど、なぜここで英国王室の色が問題になるのか…さっぱりわかりません
ついでにベルギー王室のサイトも見たら、背景はブルーで、でもロイヤルブルーではなく緑がかったブルーで、写真を見てもロイヤルブルーよりもワインレッドが気になりました
そういえば結婚式の写真でもワインレッドが多く使われていますよね
ベルギー王室の色はこのワインレッドなのかもしれません
絨毯の色を知って衣装の色を変更したとしても、それは場に合わせて衣装を選ぶというだけで、問題になることでもないように思います
それに…はじめからロイヤルブルーのスーツを着ようと思っていたわけではないってことですよね
となれば、「英国王室の色」を着て目立とうと思ったわけではないってことになります
これで例えば、英国からの出席者の衣装とかぶってしまったのならいろいろ言われてしまうかもしれないところですけど、そうではないですし…
この「事件」は、結局どうなろうと雅子さまを批判する「事件」という感じがします
はじめから批判的な視点で物事を語っているにすぎないのではないでしょうか

写真を見た正直な感想を言うと、割合皆さん地味な色の服を着ているように感じました
その中で雅子さまの「ロイヤルブルー」はたしかに目立っています
そのことから「目立とうとした」と思われるのでしょうね
雅子さまがこの結婚式に出席するためにどれくらいの衣装を準備していったのかわかりませんが、そんなにたくさんは持って行けないと思うんですよね
私が思うに、雅子さまは濃い色がよく似合うと思います
ご本人もそのことはわかっていて、それで深紅やロイヤルブルーといった色の衣装を準備していたのではないでしょうか
それで、その場の状況に合わせてどちらにするかを決めた…そういうことのように思います
仮に雅子さまが深紅のスーツを着たら、絨毯の色に同化してしまってるだの、TPOに欠けるだの言われそうな気がします
他の参列者たちと似通った色の衣装を着たら着たでまた「衣装かぶり」だと言われそうですし、他の誰ともかぶらずにロイヤルブルーで目立てばそれはそれで批判されるのではやってられませんね
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(17) | トラックバック(0)
コメント
おはようございます。
このブルーのスーツ姿は私も印象に残っています。
光沢があって、超高級シルクかしら?なんて思ったりしたくらいで、目立とうとしている等、考えてもいませんでした。

私の考えだと、着物の方が温かいイメージがあるんですけど違うのでしょうか?


暖かな下着やタイツなど穿いてもわかりませんし帯などでしめているので、暑いというイメージがあります。


夏に浴衣を着ましたが暑くて汗びっしょりでした。


髪を結うためアップルにするので風邪をひかれては…という事でしょうか?


海外なら、お着物でしたら衣装かぶりもしませんし、目立とうとか悪意ある突っ込みも無いように思うのですが。

お着物を着られたら着たで、また批判材料になるのでしょうか?


ひなさんへ
コメントありがとうございます
私も「着物のほうがあったかいんじゃないかなあ」と思いました
どうなんでしょうかね…着物だと上に羽織ることができないからでしょうか
集合写真を見ると、コートとかそういったものを着ている人もいないし、洋装のほうがあったかそうな気もしませんよね

ひなさんが雅子さまのブルーのスーツを見て、目立とうとしているからだろうなどと思わなかったのは、極めて正常な反応だと思います
批判派はどんな小さなことでも批判材料を…という感じですから、なにもかもを批判的に見てしまうのではないかと思います

着物を着るのはたいへんといえばたいへんですが、着物のほうが楽だなあと思うことはありますよね
洋装だと靴やらアクセサリーやらといろいろコーディネートしなくちゃいけないですけど、着物だとあまりそういう気遣いがいらない気がします
帯や帯揚げなど、たくさん持っている人は迷うかも知れませんけど、着物を着ているだけで「ちゃんとした格好をしている」という印象になるし、あまり体型も気にならないのがいいかなあ…(笑)
これは私の個人的な意見ですけどね
おはようございます
そうですね。
コートとか手袋など着物なら着れませんもんね。
着物のコートもありますが何となく地味ですし薄手ですからね。

きっと待ち時間が長かったんでしょうね。

待っている間はコートや手袋などしていても挙式や集合写真の撮影の時は、よほど高齢の方じゃない限り、コートを脱ぐのがマナーでしょうから。

挙式や集合写真で雅子さまだけ、コートを着ていたら批判されても仕方ないかなぁと思いますがコートは脱いで撮影しているので、どうして批判されるのか私には、わかりません(>_<)


ひなさんへ
コメントありがとうございます
挙式や写真撮影以外はコートなどを着ていたのでは…と私も思います
そんなに寒い時期にドアを開けっ放しで式をするのは、主催側にちょっと配慮がないような気もするんですけど、ヨーロッパの人は寒さに強いところがある気もするし、どうってことないことなのかもしれませんね
雅子さまへの批判はふつうに「そうなんだ」とスルーできるものも何かと突っ込まれては生まれている気がします
よくもまあそこまで見つけられるなあ…と感心するくらいです
でもこうやってひとつひとつ分析していくと批判されるようなことではないことがわかると思います
ネット風潮とお着物の温かさ
管理人さん、こんばんは。東子です。
寒暖の差が激しいですね。
お互いお体には気を付けましょうね。

現東宮家の批判「だけ」する方々もよく考えているというか、「雅子さまは欧州王室の結婚式に、英国王室カラーのロイヤルブルーで出席した」なんて書かれたら、誰でも「えっ」と思ってしまいますよね。
皇室に興味や知識がさほど無い人が見たら、「雅子さまって常識がないって本当?」「そう言えば全然公務にも出てないし、もしかして雅子さまって病気じゃなくてただのわがまま?」と悪いイメージを持ちかねないですよね・・・。

管理人さん(親しみを込めてこう呼んでますが、もっと適切な呼び方が有ったら教えて下さい。)が調べて下さったことで、結局ロイヤルブルーが不適切な選択だった訳ではないと証明されましたが、こういう所にネット社会の危うさを覚えます。
確かな証拠があるならまだしも、批判的なことを言うならよくよく吟味した上で載せないと世界中の人々に偏ったイメージを与え、多くの方を傷つけることになりかねないのですから・・・。

雅子殿下が純粋に好きなので、今のネットの風潮に本当にいつも憤りを感じます。
ここでコメントを差し上げることで、少しでも改善に繋がればという思いです。

さて、お召し物の選択についてですが

○「寒いのでお洋服にした」
これは正しいと思います。
数年前成人式でお着物を着て分かったのですが、お着物は確かに色々重ねますけど、どれも薄い素材なのであまり温かくありませんでした。
コートのように羽織ることも難しいことですし、お体を最優先にするなら正しい選択だったと思います。

○「お色について」
ベルギーに英国王室のロイヤルブルーを着て来て、何ら問題無いですよね。
華やかで雅子殿下によくお似合いですし。
目立とうとしてる、という見方も有るかもしれませんが、パッと明るく本当に華があると思います。

「雅子さまには濃い色の方がよく似合うと思います」
それは私も前から思ってました。
そして雅子殿下は濃い色の服をよくお召しになってて、端正な顔立ちに合ってらっしゃるなあと、写真を見る度うっとりします。
思うに、雅子殿下はご自分に合った色やファッションをよくご存知のように見えます。

批判派の方々も、見えない部分に思考を巡らす能力はかなりある様に見えますので、少しでも良いからそれを、雅子殿下の影の努力を想像することに向けて欲しいですよね。
No title
初めまして。ニューヨーク在住のYukoと申します。雅子様や日本の皇室に興味があり、度々こちらのブログを拝見させていただいてます。

雅子様のブルーのスーツ、私はやはりこの色がちょっと問題かなぁと思っています。
指摘をされていましたが、このようなはっきりした色を着ている方は出席者のなかでは雅子様以外いらっしゃいません。

欧米(特にヨーロッパ)の結婚式は教会でのカソリックに基づいた挙式が一般的で参列者はこのような派手で強い色の服は着ないのが一般的なマナーです。まして王族の結婚式なら、、というのが私の印象です。このような色はなんだか教会用のスーツの色ではなくパーティーのときのドレスのような色ですね。

私の印象では雅子様はちょっと、そういった常識的な感性に対する弱さや判断力の無さを感じてしまいます。
素晴らしい側面もお持ちの方なので、残念だなぁと思います。




東子さんへ
コメントありがとうございました

着物の件、なるほど…と思いました
ふだん着物なんて着ていないし、着るとしても浴衣くらいで、浴衣は夏着るものだし、着物を着たときの寒さなんて知らないもので…(笑)
そう考えれば着物ではなく洋装にしたのも納得できますね

洋服の色ですけど、自分に合った色を知ることは大切ですよね
雅子さまは婚約したころや新婚の頃、パステルカラーの洋服が多かったんですが、これはまだ新婚なのだから明るい色を着なければならない…というような思いもあったのかも知れませんし、皇室側からそういう色を着るようにと注文があったのではないかと思っています
皇室では暗い色の服は喪服に準ずるので避ける傾向がありますよね
普通の人たちがなかなか着ないような原色の洋服なども多くて、「おお…まさに皇族の服って感じだなあ」と思いながら見つめることもありました
私が「似合うなあ」と思うのは、ダークグリーンで襟が黒の乗馬服っぽい服(ダイアナ妃の真似だとかいわれたもの)や、ボルドーの服(紀宮さまの披露宴のとき)などです

ネット情報の危険性は私も感じています
昔に比べるとあまりにも情報が氾濫していて、どの情報が正しいのかを判断する必要が出てきています
断定して書かれてしまうと、「そうなのか」と思ってしまう人もいるでしょうし、いつのまにかそれが事実として浸透してしまうこともあると思います
私自身そういう経験がありますから、雅子さまに対しての批判のことも間違って伝えられていることがたくさんあるであろうことは想像がつきますし、実際こうやってひとつずつ検証していくと、おかしなことがあるのがわかってきます
そういった誤解を少しでも解消することができればこのブログを立ち上げた甲斐があります

いろんな方がいていろんな考え方がありますが、人を傷つけるようなことを平気で言ったり書いたり、自分の思い込みだけで決めつけて語ったり…ということを平気でするようなことだけはやめてほしいものです
Yukoさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます
カトリックの挙式では派手で強い色を着ないのが一般的なマナーだとは知りませんでした
たしかに、思った以上に抑えた色の衣装が多いなという印象はありました

それで…ヨーロッパの王室の結婚式の写真を探してみたのですが、こんなのを見つけてしまいました
http://chiba.cool.ne.jp/koichi76/PHOTO/1602.JPG
http://chiba.cool.ne.jp/koichi76/subj16.htm
タイトルは「1986年7月23日のヨーク公の結婚式での英国王室」とありました
英国はイギリス国教会が国教で、カトリックとは分離しているものの、典礼的にはカトリックとの共通点が多いのだそうですが、この写真を見ると参列者はみんなド派手な衣装に包まれています
ちょっとびっくりするくらいです
雅子さまがもしこのような結婚式の中にいたら、批判にはならなかったのでしょうか
それとも「衣装かぶりだ」と言われたのでしょうか…
実際にはこの結婚式ではなくベルギーの結婚式に参列したわけですから、そちらの結婚式のやり方に合うような衣装を身につけるべきだったとは思いますね
ただ…ベルギーのカトリックの結婚式では派手で強い色の衣装は避けるという情報を前もって日本側がもっていたのかが気になりますね
そういった情報を無視して雅子さまがロイヤルブルーを着たというのなら問題になりますけど…
衣装のことでは雅子さまだけの責任とは言えない部分があるように思います
ロイヤルブルー
ロイヤルブルーはイギリス王室のオフィシャル・カラーで国旗にも使われていますよ。
昔のイギリス軍隊では、軍服にロイヤルブルーが使われている部隊は、文字通り「ロイヤル」でした。
私は欧州の結婚式には詳しくないので、イギリス王室の結婚式でイギリス王族の方々がシンボルカラーのロイヤルブルーを着ているからといって、びっくりする事なのか、それはわかりません。
私は「王族の結婚式だからシンボルカラーの衣装なのだろう」と、今まで思っていたのですが・・・。
ぴおさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます
ロイヤルブルーはイギリスのオフィシャルカラーなのですか
私なりにいろいろ調べたのですが、出て来なかったのでわかりませんでした
ちなみに、「イギリス 軍隊」で画像検索をしてみましたが、ロイヤルブルーらしき色は見当たらず…でした
昔のイギリス軍隊の話で、今は違っているのでしょうか

それから、私がイギリス王室の結婚式の写真を出したのは、カトリック系の結婚式は地味な服装で参列するとの情報を戴いたことに対してです
別にロイヤルブルーにびっくりしたわけではありません
それに、たしかにブルーの衣装を着た人は多いですが、ロイヤルブルーというよりも、いろんな色のブルーという感じがしますが…
もしロイヤルブルーがイギリス王室の色で、それを意識して結婚式で着るのなら、もう少し統一感があってもいいように思いました
あと、イギリス王室のことはわかりませんが、雅子さまが出席したのはベルギー王室の結婚式ですから、イギリス王室のテーマカラーはあまり関係ないんじゃないかと思ったのですが、どうでしょうか
青いドレス
朝夕寒くなってまいりましたが、お元気ですか。
随分前のお話ですね。
カトリックの結婚式に列席する時に、綺麗な色を着てもいいです。ただ、カーディナルレッドは遠慮するべきでしょう。淡いピンクや水色、シャンパンベージュ等がよろしいかと存じます。
1999年のベルギーのロイヤルウェディングは、本当に地味でした。御両家の方々がある程度の年配なのと、マチルドさんが超地味なんですね。普段はモノトーンしか着ない位です。王太子の妹アストリッド王女はダイアナ妃(同世代)に似ていていますが、スポーティーな感じは似ているのですが、ドレスアップすると彼女とは比べられない位地味です。
ですから雅子様のあのブルーは、ぎりぎりセーフです。出来たら明るめの紺位がよろしかったのでは?赤は以っての外です。
お世話係の者の下調べが足りません。ご自分でもお調べになるべきでした。今回は厳しいコメントになってしまいました。
因みにイギリスのロイヤルズが好んで着るのは赤です。が、出席したのはチャールズ皇太子だけなので男性の服装は殆ど同じですものね。
では、お元気で。
久邇晃子さんへ
コメントありがとうございます
カトリックの結婚式に関してはさまざまな方から「こうするべきだ」「ああするべきだ」という意見をいただいて、正直どれが正しいのかわからなくなっています
皇太子さまたちが出席されたベルギーの結婚式は、確かに他に比べると地味な気がします
私としては、あれくらいのトーンは好きなんですけど、新婦にあわせて皆さんが衣装を選ばれたということでしょうか
はじめは雅子さまは赤の衣装を着る予定だったとのことですが、絨毯の色を見てブルーに変えたそうで、そのへんの情報の信憑性も疑問ではあるのですが、特に海外に行くときは衣装にも普段以上に考えなくてはならないということなのでしょうね
結婚式では新婦の色である白を避けるというマナーがありますが、白でなかったとしてもあまり目立つ色は避けるべきなのかも知れません
パステルカラーやトーンの低い色などが無難ですよね

ところで…久邇晃子さんにはお聞きしたいことがたくさんあって、以前コメントいただいたときにもいくつか質問したのですが、その件について教えていただけないでしょうか?
ずいぶん前のことで申し訳ありませんが、こちらのコメントでお伺いした件です
http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-227.html#comment545
よろしくお願いします
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
長々ごくろうさん
そんな服の色など どうでもいいだろ呆れた(-.-)
長々ごくろうさん
そんな服の色など どうでもいいだろ呆れた(-.-)
タロウの母さんへ

コメントありがとうございます
ほんと、どうでもいいことだと私も思います
私も何も思いませんでした
ただ、批判材料として取り上げられていたので記事として取り上げました
そんな記事がたくさんで「どうでもいいだろ、そんなこと」と思われるものが他にもたくさんあります
でもこれが雅子さまへの批判の現状なので、取り上げています
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。