スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2000年7月25日に香淳皇后葬儀である「斂葬の儀」が行なわれた際、雅子さまは欠席しました
宮内庁によると理由は「夏バテのような」症状があったためだとのことです
これに対し、夏バテで葬儀を欠席するなどもってのほかといった批判があるようです

「斂葬の儀」とは皇族の葬儀のことなのだとか…
「れんそうのぎ」と読むそうです
私は「けんそうのぎ」かと思ってました
香淳皇后は昭和天皇の后でしたから、皇族の葬儀の中でも天皇の葬儀に続く大きな行事なのだと言えると思います
それを欠席したわけですから、欠席したこと自体は好ましいことではなかったのだと思います
ただ…いつものことながら、私は欠席したこと自体をどうのこうの述べるのではなく、なぜ欠席したのかに目を向けたいと思います

宮内庁からの発表によれば「雅子さまは暑さが続いて疲れがたまり、夏バテのような状態。お体を大切にしていただくという見地から、お取り止めになった」とのことですが、本当に夏バテであったのかどうかはかなり疑問に感じます
やはりここにもお世継ぎ誕生の問題が絡んでいるように思えてなりません
もし本当に夏バテだけなのだとしたら、出席はできたのではないかと思います
逆に、本当に夏バテなだけで欠席したのなら、批判の対象にされても仕方がないと思います
思うに、皇族の健康に関する宮内庁の発表というのは、かなり慎重に行なわれるのではないでしょうか
発表しておいたほうが変な憶測をされずに済むということもあるでしょうし、かといって何でもかんでも発表することもないのではないかと思います
予定されていた公務や行事に出席しないと、マスコミは「どうしてだ?」と探ります
殊に雅子さまに関してはすぐに「ご懐妊では?」と思われてしまっていたでしょう
夏バテと言っても軽いものから重いものまでさまざまで、雅子さまが本当に夏バテだったとしてもどの程度の症状だったのかはわかりかねますが、一時的な症状で大きな病いではないというものですよね
雅子さまが適応障がいになったとき、なかなかどのような状態なのか発表されませんでしたが、それも精神的な病いにかかっているのだと公表することを宮内庁がためらっていたというのもあるでしょうし、宮内庁としては衝撃を与えすぎてしまうような発表は避けたいという思いがあるのではないかと思います
夏バテもそうですが、風邪も症状には幅があります
一般の人なら少し咳が出て風邪気味くらいなら、会社なり学校なりには行くでしょうし、まわりにも「風邪気味ですか?」と尋ねられるくらいの症状でも「いやーそうなんですよ」と答えてコンコンやりながらマスクでもしておけば済んでしまいます
でも、皇族となるとなかなかそうは行かない気がします
公務の最中に咳き込む場面があったり、くしゃみばかりしていたり、鼻をかんだりなんてことはもってのほかなのではないでしょうか
一般の人なら風邪の症状がありながらも寝込むほどではなく、外出もできなくもないという状態でも、皇族は「風邪のため」との理由で公務を休んだり予定を変更したりするように思います
そういう意味で宮内庁が「風邪のため」だの「夏バテのため」だの言っても、正直信用できないというか、私たちが会社や学校を休むほどの症状とはちょっと違うような気がします

この欠席の発表があったときの記者と宮内庁側のやり取りが「週刊文春」2000年8月3日号の記事に掲載されているそうです

記者:ご懐妊の予定は?
東宮大夫:昨年末のようなことが今回の背景にあることは全くない。想像を逞しくしないでいただきたい
記者:雅子さまのご様子は?
東宮大夫:普段の生活はいたってお静かであり、変化はない


やっぱり…というか、ご懐妊に結びつけてしまうのですよね
仕方がない気もしますが、こういう事態になってしまうのを避けたくて発表できないでいるのに、記者としては満足できないんですよね
マスコミはこれでメシを食っているわけですから、必至になるのもわかりますが、少しは取材される側・書かれる側の立場になって考えたりはしてくれないのだなあと感じます

記事にはこう続いていました

実はこの数日前にも、宮内庁記者会と東宮とは、雅子妃の予定を巡って、厳しいやりとりをしている。
それは8月23日、佐賀県で開催される「全国農業青年交換大会」。この大会には、例年必ず皇太子夫妻が揃って臨席されるのだが、今年に限って雅子妃は同行されないとの発表があったのだ。
しかし一方で8月1日の高校総体(岐阜)には両殿下ともいらっしゃるという。なぜ、先の23日の日程だけ取り止めなのか。
それに対して宮内庁は、雅子妃ご欠席の理由を、「オフレコなら話す」と強弁したのである。
「我々が「公務に関することをオフレコとは何事だ」と詰め寄ったところ、「方針転換だ」ということでした。これからは、何より雅子妃の体調を優先して、必ずしも公務に同行はされない方針に変わったんだ、という理解をしました」(宮内庁担当記者)
ご成婚から7年。昨年末の不幸な出来事を乗り越え、いよいよご懐妊に向けての準備を整えようとしていらっしゃるのだろうか。
確かにここにきて、
「特に、皇太后の逝去後は、服喪期間のため、音楽会などの外出はすべて取り止め。殯宮伺候のため、皇太后の棺が安置されている宮殿との間を行き来されるだけの日々です。皇太子殿下と、赤坂御所を散策するのも控えざるを得ない雰囲気ですから、ストレスも溜まっていらっしゃるでしょうね」(同前)
しかし、事態はそう単純ではなさそうである。宮内庁関係者が、重い口を開いた。
「雅子妃はこのところ、ご気分が沈みがちでお部屋にこもりがちという状態なんです。原因はわかりませんが、7月に入ってから特にお疲れの様子です。昔、美智子さまが第二子を流産し、心身ともに疲れ果てこもりがちになられたり、言葉を失われた時期がありましたが、まさに、あれぐらい深刻な状況なんです。
食欲もおありにならない、食事を摂らないこともままおありで、部屋からお出になろうとされない。可愛がっておられる2匹の犬の、散歩すらされない日があります」
その根底には、雅子妃の根強い不信感があるという。
宮内庁関係者が続ける。
「雅子妃は、医者はもちろん医療関係者の相談もお受けにならない。昨年のご懐妊騒動以後は、宮内庁はじめ、身近なお世話係にまで不信感を抱かれていて、皇太子さまだけを頼られている有り様です。
一体どうしたら良いのか、宮内庁も頭が痛いんです。何しろ、お声をかけても返事をされないこともしばしば。このままだと、ご夫妻で孤立されてしまいそうで心配です」
今や鎌倉節・宮内庁長官まで「8月までご公務を休まれても仕方ない」と口にするほどだという。
宮内庁御用掛の阪元正一・東大名誉教授(愛育病院センター所長)は、
「侍医がどう診断したかは聞いていませんが、最も責任ある神事を休むときに「夏バテ」と発表した、東宮大夫の判断もおかしいのではないでしょうか。記者が国民の耳となって尋ねているのに、「夏バテ」程度の説明では、雅子さまはそんなにお弱かったのか、山は登れても葬儀は欠席するのか、と批判されたら、どうするのか」
と、東宮職の姿勢に疑問を投げかける。
岸田英夫氏(朝日新聞社友・元宮内記者会員)も、こう語る。
「宮内庁が、メディアとの信頼関係をきちんと築き上げられないと、いざご懐妊というときに、安定期に入るまでは報道を控えるといった紳士協定も結べない。昨年末の愚かな騒ぎを、繰り返してはならないのです」
雅子妃が周囲への信頼感を取戻し、再び公務に戻られる日はいつになるか―。


この記事を読んで報道関係者が自分たちのことばかりしか考えていないこと、自分たちの利益のためにそれを正当化するようなことを述べていることに呆れて笑ってしまいました
報道関係者たちは、雅子さまがご懐妊するために何らかの治療なり行動をしていることは予測しているにもかかわらず、公務の欠席に対し「なぜだ」と詰め寄っています
8/1の公務は出席で8/23の公務を欠席するという発表を聞いておかしいと思わないのでしょうか
そしてそれを宮内庁が「オフレコなら話す」と言ったのを「公務に関することをオフレコとは何事だ」などと詰め寄るとは、なんて偉そうなんでしょう
「俺たちは雅子さまのことについて知る権利があるのだ」とでも言いたいのでしょうか

このようなことを私が本人の許可なく他人が事細かに想像するのは失礼に当たるとは思うのですが、雅子さまは8/1の時点では排卵日を迎えていなかったのではないか…と思います
8/23の時点ではすでに排卵日を過ぎ、妊娠の可能性を秘めていたのではないでしょうか
どのような不妊治療を行なっていたのかはわかりませんが、黄体ホルモンを注射して受精卵が子宮の壁に着床しやすくするという方法は基礎の基礎みたいなもので、人工授精・体外受精をしたときに限らず、受精がうまく行ったであろうときには行なうことです
その注射があったのかもしれないし、遠出となる公務ですから、妊娠しているかもしれないという可能性があるのなら、外出を控えようという思いがあったのではないかと思います
特に、ベルギー訪問後に流産ということがあったあとでしたし、外国訪問したことが直接流産の理由ではないにしても、外出を控えたり安静にしていようと思うのは自然な流れです
結果的に妊娠には至らなかったのではないかと思うのですが、受精したからといって妊娠するとは限らないということを改めて述べます
これはあまり知られていないことですが、精子と卵子が受精したとしても、それが子宮の壁に着床して妊娠する可能性はわずか30%程度なのです
不妊の問題を抱えていない人でもこの程度ですから、妊娠する可能性というのがけっこう低いのがわかります
しかも、着床を手助けする手段として、黄体ホルモンの注射などがありますが、直接着床を助けるという治療はないわけで、医学が進歩した現代に置いても、着床するかどうかは待つしかないという状態です
着床のタイミングが子宮の状態と合わないこともあります
「着床の窓」で検索してみると、いろいろわかります
雅子さまが大事を取って公務を休んだにもかかわらず、懐妊しなかったからといって、それは仕方がないことなのではないでしょうか
それでも香淳皇后の葬儀には出席するべきだった…と言われるかも知れません
でも、香淳皇后の葬儀とお世継ぎ誕生を天秤にかけたらどちらに重きが置かれるでしょうか
このように比べられるべきでは思いませんが、宮内庁としても、皇室としても、お世継ぎ誕生に重きを置くのは当然ではないかと私は思います

これは私の想像ですが、雅子さまは葬儀には出席しなかったかも知れませんが、内々で香淳皇后とのお別れなり、訪問なりはしていたのではないかと思います
香淳皇后が亡くなってだいぶ経ってからの葬儀ですから、そういうこともできたと思います
一般的にも葬儀や通夜に出られないようなときには、後日お線香を上げにいったり…ということをしますが、そういう形で香淳皇后の死を悼んでいたのなら、葬儀に出席しなかったとしても気持ちは伝わるのではないでしょうか
実際のところ、そのようなことがあったのかどうかはわかりませんから、何とも言えませんが…
この葬儀のとき、まだ幼い眞子さまや佳子さま、そして桂宮さまが宮殿でお見送りをしたことから、「雅子さまもお見送りくらいはできたのではないか」との批判もありますが、「できるできない」で言えばできたのでしょうが、雅子さまが「私はしたくないです」と言ってしなかったのか、それともそう勧められてしなかったのか、それとも何か他に理由があるのかはわからないですよね
批判派のいけないところは、何か批判材料があったときに、そうした理由が雅子さまのわがままによるものだと短絡的に思い込んでしまうところだと思うのですが、例えばこの場合も、「何か他に訳があるのだろうか」と思うだけのゆとりや余裕を持つことができれば、ずいぶんとマシになると思います
私が思いつく「理由」は、やはり「お世継ぎ問題」か、本当に体調が悪くなった(夏バテ程度ではなく)と言ったところでしょうか…

週刊誌の記事ですからどこまで当てにできるかはわからないものの、この香淳皇后の葬儀欠席の件で天皇皇后両陛下や秋篠宮さまとの疎遠、東宮での孤立が進んだように書かれているのは、少し気になりますね
一般の人からも批判が出ているように、皇族の中にも雅子さまに批判的な思いを抱いている人がいるということなのでしょうか
しかし、もし雅子さまが不妊治療を行なっていたとして、そういうことを誰にどこまで話すべきか…これは難しいと思います
もし私が当の本人だったら、話すのは自分の夫と担当医くらいで、ごくわずかな側近にしか話さないと思います
とてもデリケートな問題ですから、おおっぴらに話したくはないですけど、そのことで誤解を生じたのだとしたら、不妊の問題を抱えながら周りからの理解も得られない状態になってしまった雅子さまが不憫でたまりません
十分な説明がないがためにまわりが理解できなかったのも仕方がないように思いますが、「わからないならわからないなりに理解を示す」ということをしてくれたら…と思ってしまいますが、これもなかなか難しいのでしょうか
話さないことで余計な想像力をかき立ててしまうこともありますから、返って言ってしまったほうがいいこともありますが、言って理解してくれる人とそうでない人がいるので、迷うところです
雅子さまの立場となるとよけい難しい問題だと思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(26) | トラックバック(0)
コメント
No title
不妊治療中であろうと、少々風邪気味であろうと、夫である皇太子さまの祖母である香淳皇后の御葬式に欠席するとは、非常識。
お世継ぎの妊娠と天秤にかけるなんて、香淳皇后に失礼極まりない。
雅子さまの立場だからこそ、出席すべきだった。
弁解の余地なしだとおもいます。
No title
はじめまして

読ませて頂いて私の読解力不足でしょうか、
よく分からない事がございます。

この記事は、不妊治療中の為、
斂葬の儀を欠席されたのではないかという、お話でしょうか?


--------------------------
御葬儀は、7月25日です。
なぜ、8月のお話を書かれているのでしょうか。
8月1日と23日の件は、「そうかもしれませんね」という、
憶測は、ありでしょう。
しかし、それが、なぜ、7月のお話に繋がるのでしょうか。

--------------------------
このような治療が、
7月にも行われた憶測で記事をお書きになったと、言うことでしょうか。
(その様なことは一切記事に、記載されておりませんが……)
もしそうであれば、
香淳皇后様が、お隠れになったのは、6月で一カ月以上の前のことです。
ブログ主さんが、仰るような事態を憂慮され、
8月のご公務を欠席されたのであれば、
そもそも、ご葬儀の時期に、治療は行わないかと思います。

--------------------------
夏ばてと、風邪が混同されるように書かれていますが、
発表は、夏バテですよね?

>公務の最中に咳き込む場面があったり、くしゃみばかりしていたり、鼻をかんだりなんてことはもってのほかなのではないでしょうか

お風邪ならなおの事
くしゃみも鼻水も、お薬で、充分に止められるかと思うのですが。
民間人と違い、立派な医師団がいらっしゃるわけですし。

--------------------------
>一般的にも葬儀や通夜に出られないようなときには、後日お線香を上げにいったり…ということをしますが、そういう形で香淳皇后の死を悼んでいたのなら、葬儀に出席しなかったとしても気持ちは伝わるのではないでしょうか

その辺のおばあさんが、亡くなった訳じゃないわけで、
皇室にとっても、皇室を敬う国民にとっても、
物凄い儀式だと思うのです。
それを、私は故人を心で偲んでいますからと、
言って通用するお話ではないですし、
感情的なお話と一緒くたにし、それでいいのではないかということは、
如何かと思います。
日本に、お一人しかいない御身分なのですから。

--------------------------
>そしてそれを宮内庁が「オフレコなら話す」と言ったのを「公務に関することをオフレコとは何事だ」などと詰め寄るとは、なんて偉そうなんでしょう

これは、そんなに可笑しい事とは、私は、思いませんでした。
厭な言い方ですが、私達の税金が使われている訳です。
オフレコでは話せますと、言われれば、私がその記者でも、
疑問符が浮かぶと思います。
黙りよりましかとは、思いましたが。

また、この記事だけで、マスコミが酷いと決めつけるのは、
公平ではないと思います。

--------------------------
>このようなことを私が本人の許可なく他人が事細かに想像するのは失礼に当たるとは思うのですが、

まさに、失礼だと思いました。
知らない誰かに、排卵日の予想までされ、
ネットに書かれてしまうのは、どうなのでしょうか?
ブログ主さんが、不快に思われたマスコミの方と、
なんら変わらないのではないかと、思いました。



---------------------------------------------

余談ですが、
貼りつけてある記事の下に、出典も書き添えて頂きたいと思いました。
文章から拾えば分かる事かも知れませんが、
きちっとお書きになった方がよろしいかと思います。


また、少し不思議だったのは、
>この欠席の発表があったときの記者と宮内庁側のやり取りが「週刊文春」2000年8月3日号の記事に掲載されているそうです

上記のように記載されていますが、
実際にお読みになったのでは、ないのですか。
---------------------------------------------

長々と書かせて頂きましたが、
さっぱり、記事のタイトルと記事が私の中では、結び付きませんでした。
結局、「欠席したこと」の何をお書きになりたかったのか、分かりません。
批判に対する擁護ブログなのかと思って読ませて頂きましたが、
さらに混乱してしまいました。
多分、私の頭が悪いのでしょう。


最後にですが、
私は、出席すべきだったと思います。

ゴーゴーダンスと同レベルのお話ではないので、
先のコメントのルビーさん同様、
このお話には、弁解の余地はないと思います。
万に一つの余地があるならば、
宮内庁が国民全員が納得出来る理由を述べるべきだと思いました。
こんばんは
私もご葬儀に欠席された事は、やはり批判されても仕方が無いと感じています。
管理人さん、不謹慎な事を話してすみません。
仮に管理人さんのお子さんが突然不慮の事故で亡くなられたら、かなりショックでしょうし取り乱されるのではないでしょうか?
でも悲しい事にすぐにお通夜や葬儀が執り行われ悲しんでばかりもいられない状態になるんです。
きっと49日を過ぎて落ち着いてきてから悲しみがどっときて落ち込んでしまうと思うんです。

そんな時に夏バテ状態だから子どものお通夜や葬式は欠席しますと話したら、やはり親戚の方から非難されても仕方がないと思うんです。
変なことを書いてしまってごめんなさい。

私も主人を亡くしましたよね。
突然亡くなったわけでは無く5年間の闘病生活がありました。

だから気持ちの整理はついてはいましたが危篤の状態の時はドクターから、いつ亡くなってもおかしくない状態なので見守ってあげてくださいと言われました。

なので、ほとんど寝ていない状態でしたし食事も出来ませんでした。

子どもも多動でお父さんに付き添ってあげられずつらい思いをしました。
亡くなってからも、会社に連絡したり、近所や親戚、子どもの学校や葬儀場の予約など、する事が山ほどあり、悲しんでいられませんでした。

本当にくたくたでしたが葬儀場についても区役所に火葬願いを出したり、葬儀のやり方などでいっぱいいっぱいでした。

その時は、適応障がいでしたし、疲れて休みたいと思いましたが喪主がいない葬式なんて考えられないので頑張りました。
その後も香典返しや、遺族年金の申請、会社への挨拶などいろいろありましたが全てひとりで行いました。

なので雅子さまが欠席されたのには疑問があります。
急に葬儀があったわけでは無いので体調は整えられたと思うんです。

それに、私はこの欠席から雅子さま批判が始まったように思います。

不妊に悩まれていたのはつらかったと思います。
でも、お世継ぎお世継ぎと期待していたのはほんの一部の方達だと思うんです。
私は雅子さまに対して好意を感じていましたしお世継ぎを期待していませんでした。
ほとんどの方がそうだったと思うんです。

この欠席と外国訪問が出来なかったと話したことは重大な失言だったと思っています。
正直すぎましたね。
不謹慎ですが、これからもご不幸はあると思います。
今度は、取りやめる事は出来ないでしょう。
今度取りやめる事になったら批判どころか呆れられますよね。

今、雅子さまは愛子さまの学校に付き添われていますが愛子さまが乱暴したり多動なわけではないですよね?
多動の子の父兄が付き添うのはわかりますが無理をされないで他人に任せて静養するのも大事かなぁと思います。
ルビーさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます
弁解の余地なし…ですか
厳しい言葉ですね
雅子さまがなぜ欠席したのか、私にはちゃんとした理由がわかりませんが、「夏バテのようなもの」で欠席したのだとしたら、ルビーさんの意見と同じく、出席するべきであったと思います
ただ…本当に夏バテだったのか、が私には疑問です
不妊治療中であるかもしれないというのは私の想像に過ぎませんけれど、雅子さまがお世継ぎのプレッシャーにさらされていたことは確かだと思いますし、雅子さまだけでなく、皇室も宮内庁も一刻も早くお世継ぎを…という思いだったのでしょうし、となれば、28日に一度しかまわって来ないチャンスを一度たりとも無駄にはしたくないという気持ちになるのではないでしょうか
たとえばこういうのはどうでしょう…香淳皇后の葬儀の日に何らかの不妊治療が行なわれたのだとしたら…
女性の身体の周期に合わせて行なうものですから、大まかな計画はたてられても「その日」がいつなのか…はわからないものです
私も経験がありますが、いわゆる排卵日が予定よりもずいぶん遅れたり早まったりすることがありました
そういう可能性はなきにしもあらずなのではないか…とも思ったのです
ただ、私の想像に想像を重ねているに過ぎないですし、ルビーさんはお世継ぎを生むための不妊治療だとしても香淳皇后の葬式より優先されるべきではないというご意見ですから、いくら私がさまざまな可能性を語ったところで何にもならないのでしょうね
出席すべきだったかどうかを語るなら、出席すべきだったと私も思います
でも、すべきだったけど出席できなかった、そしてその理由がきちんと説明されずわからないでいるということではないのでしょうか
宮内庁の発表した「夏バテのようなもの」ではたしかに「それくらいでどうして欠席するのか」と言われてしまうと思います
私は他に理由があると思っています
そしてその理由は宮内庁も納得できるほどのものであったのではないかと思います
通行人さんへ
はじめまして、コメントありがとうございます
わかりにくくてすみません、香淳皇后の葬儀欠席についての件は前半部分に書いたもので、その情報源であった記事の続きに8月の件も書かれていたので、そのことについて後半部分で意見を述べました
私としては、香淳皇后の葬儀欠席の件と、8月の公務の日程の件はお世継ぎ問題を念頭に考えれば同時に語りたいことでした
8月の公務の件が7月の葬儀と繋がったのは、情報源となった記事に書かれていたことが大きな要因です

>香淳皇后様が、お隠れになったのは、6月で一カ月以上の前のことです。
>ブログ主さんが、仰るような事態を憂慮され、
>8月のご公務を欠席されたのであれば、
>そもそも、ご葬儀の時期に、治療は行わないかと思います。

このことはルビーさんのコメント返信にも書きましたが、不妊治療は女性の周期に合わせて行なわれるものですよね
女性の周期は健康な人でも体調や疲れ具合によっても変わってきますし、なかなか予測がつかないものだと思います
葬儀の時期に治療を行なわないのでは、とのことですが、もしそのときにとてもいい状態の卵子が排卵されるとエコーなどで確認されていたとしたらどう思いますか
「もしかしたら…」という思いを持つのではないでしょうか
私事ですが、私もそうでした
治療を休むなどということはできませんでした
休んだときにとびきりいい卵子が排卵したら…子宮内膜も十分に厚くなっていて着床するのに何の問題もない状態だとしたら…そう思うと一度たりともチャンスを逃したくないという思いでした
雅子さまの場合、この思いは雅子さまご本人だけではなく、皇室も宮内庁も同じ思いだったのではないかと私は思います
だとすれば、大事な葬儀を欠席してでも不妊治療を行なったとしても不思議ではないと思います
もし私が雅子さま担当の医師だとしたら、間違いなく不妊治療を優先しますね

>夏ばてと、風邪が混同されるように書かれていますが、
>発表は、夏バテですよね?

混同はしていません
発表は夏バテだったことはわかっています
私が言いたかったのは、皇族が「夏バテ」や「風邪」などと発表したときには、私たちが学校や仕事を休むほどの「夏バテ」や「風邪」の症状とは異なるのではないかと思ったからです
逆に「夏バテ」「風邪」と発表されても、本当にひどい夏バテや風邪というときもあると思います
「夏バテ」という発表はあまりありませんが、「風邪」という発表はちょこちょこありますよね
違うものだと言えば違うものですが、症状に幅があるものとしては一致しているので、述べたまでです
あと…宮内庁の発表は「夏バテのようなもの」とのことで「夏バテ」と言い切っていないところにも何かひっかかるものがあります
「夏バテの症状に似ているけれども夏バテではない」という意味だったのではないでしょうか

>お風邪ならなおの事
>くしゃみも鼻水も、お薬で、充分に止められるかと思うのですが。
>民間人と違い、立派な医師団がいらっしゃるわけですし。

鼻風邪ってなかなか薬が効かないのですよ
子供もよく鼻が出るという風邪の症状が出ることがありますが、小児科に行って薬を出してもらうときに、「鼻風邪はなかなか薬が効かないんですがね」とよく言われます
もちろん、ガツンと効く強い薬もあるかも知れませんし、立派な医師がついているのもたしかだとは思いますが、それでも風邪を引いてしまうこともあるんじゃないでしょうか
私は、天皇両陛下や皇族は私たち一般市民以上に健康管理が厳しく行なわれていると思います
本人がというよりも、まわりが厳しいような気がします
健康でなければ勤まらないのではないでしょうか

>その辺のおばあさんが、亡くなった訳じゃないわけで、
>皇室にとっても、皇室を敬う国民にとっても、
>物凄い儀式だと思うのです。
>それを、私は故人を心で偲んでいますからと、
>言って通用するお話ではないですし、
>感情的なお話と一緒くたにし、それでいいのではないかということは、
>如何かと思います。
>日本に、お一人しかいない御身分なのですから。

それはたしかにそうなのでしょうね
私には皇室に対して「尊敬」という気持ちはあまりないので、そのへんの感情の違いがある状態で通行人さんと話し合っても取りつく島もないのでしょうけれど、私にとっては香淳皇后は皇后という立場であった一人の女性という認識で、むしろ自分の身近なそのへんのおばあさんの方がいろいろな感情がわいてくるように思います
別に香淳皇后のことがどうでもいいのではないのですが、雅子さまの立場からすれば、義理のおばあさんに当たるわけですから、出席するのは当然のことだったと思います
それに…別に心で偲んでいたのでは…とは言っていません
お悔やみに伺ったりはしていたのではないかなあと思ったのです
おっしゃるように亡くなってすぐに葬儀が行なわれたわけではありませんから、その時間はあったはずですしね

マスコミのことですが、私はこの記事だけでマスコミをひどいと決めつけているわけではありません
読んでもらえばわかりますが、皇室に関するさまざまな記事を私は見てきましたし、マスコミの対応なども見てきた上で感じることであり、そのひとつがこの件であったということです
宮内庁が「オフレコで話す」と言ったのは、報道してほしくない事柄があるということですよね
そう言わなければ記事にしてしまうわけです
宮内庁としては、マスコミの記者に納得できるような説明をしようという意志はあるけれど、それを記事にしないでほしいという思いがあったのではないでしょうか
そのへんの事情をマスコミ側が理解してくれていないのを私はいかがなものかと思いました
にもかかわらず「宮内庁が、メディアとの信頼関係をきちんと築き上げられないと、いざご懐妊というときに、安定期に入るまでは報道を控えるといった紳士協定も結べない」などと述べているところに、マスコミがあることないこと記事に書いていることが宮内庁との信頼関係を築き上げられていない要因であるにもかかわらず、まるで宮内庁がきちんと説明しないことに要因があるかのように語ることに、マスコミが自分たちのことしか考えていないように思えたのです

「我々の税金が使われている」…よく聞かれる言葉ですね
もし税金が使われているのだから…というのなら、数人の人間のために何十億と予算が組まれている皇室そのものに対して廃止するべきだという思いにはならないのでしょうか
もしそうなれば、あなたの払っているであろう税金も少しは減るのではないですか
私にはそういう思いはありません
私は「我々の税金が使われているのだから」という言葉を聞くたびに、それも一理あると思いながらも、だからといってすべてのことを知る権利が国民にあるとは思いません
たしかに皇室は国の税金で成り立っていますが、生身の人間が暮らしているわけですから、プライバシーは保たれるべきだと思います
特にお世継ぎ問題に関しては、皇室にとって最も重大な問題であると同時に、皇太子夫妻にとって最もプライベートな問題のひとつであるわけです
そのへんをもう少し考慮するべきではないかと私は思います

私が雅子さまの排卵日を予想してあれこれ書いたことに対し、私は失礼に当たるという自覚を持っていますが、雅子さまに対するさまざまな批判について述べるに当たって必要だと思い、失礼を承知で書いたまでです
正直に言えば、他のどこかでも書きましたが、私は雅子さまが不妊に悩んでいたと仮定した上でさまざまなことを書いていますが、これに対しても心のどこかに申し訳なさと言うか、そう仮定してしまってもいいのだろうかという思いがあります
それでも…雅子さま批判について語る上でこれは避けられないことなので、それを承知で書いています
私は決して決めつけて断定せずに「こうなのではないか」「ああだったのではないか」という書き方をしているつもりです
マスコミはどこの誰かからの情報を鵜呑みにして、それを事実としてあれこれ断定的に書いているように思え、そこに雅子さまに対して失礼ではないかなどという思いは微塵も感じられません
その点において、私はマスコミや雅子さま批判を繰り広げている方達とは大きく異なると思います

私が参考にしているサイトのことは、たしかにきちんと明確にしたほうがよいですね
サイト名を出してしまうと、返ってまずいのでは…などと思っていたのですが、ここまで参考にしているわけですし、「批判派はこう言っています」などと書いていますから、どこに書かれているのかきちんと書き添えるべきだと思いました
この件も含めて、私のこのブログのガイドラインと言いますか、どういうスタンスを持っているかを一度まとめたいと思っています
取り急ぎ伝えるのなら、私が参考にしているのは「ドス子の事件簿」というサイトです
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/

私が「○○の記事に掲載されているそうです」と書いているのは、ネット上にある記事を読んだだけであり、実際にその週刊誌の記事を読んだわけではないからです
たぶんその記事にはそのように書かれていたのでしょうけれど、よく日付が間違っていたり、週刊誌名が違っていたりということもあるので、「掲載されているそうです」という断定しない書き方をしています
わかりにくくてすみません

記事のタイトルと記事が結びつかないということですが、私が言いたかったのは、雅子さまが香淳皇后の葬儀を欠席したのには、やむを得ない理由があったのではないか、ということです
私も雅子さまは葬儀に出席するべきであったと思いますし、もし欠席するのなら、納得行くだけの説明が宮内庁からなされるべきであったと思います
しかし、私はそこにどうしても出席できない理由があり、どうしても説明できない理由があったのではないかと思いました
それを述べたつもりだったのですが、うまく伝わらなかったようで、申し訳ありません
決して通行人さんの頭が悪いわけではないと思います

また何かありましたらコメントしてください
ひなさんへ
コメントありがとうございます
ご主人を亡くされたときの話、どんなにたいへんだったかがひしひしと伝わってきました
一人で抱え込んで辛かったでしょうね
やらなければならないことがたくさんあって悲しみに浸っていられないのが返って幸いすることがあると言う人もいるかもしれませんが、悲しみの中何もかもを手配し、一人でこなすのは本当にたいへんで辛いことだと思います
悲しみとたいへんさに加え、これから先どうやって生きていくのかという不安もあったかと思います
そんな経験をされたひなさんのご意見ですから、真摯に受け止めるつもりです

私としては、雅子さまが本当に単なる夏バテで欠席されたのなら批判されても仕方がないと思います
夏バテの症状も幅がありますが、そこは気力で乗り切るべきだったでしょう
しかし、私はそこに何か語ることのできなかった理由が潜んでいるように思ったのです
それは、不妊治療に関することなのですが、実際どこまでその可能性があるのかはわかりません
ただ、雅子さまがお世継ぎ問題にさらされていたのは事実だと思います
お世継ぎを期待していたのはほんの一部だとのことですが、そうでしょうか
仮に一部の人たちだったとして、その一部の人たちが雅子さまのまわりにひしめいていたのではないでしょうか
天皇両陛下もお世継ぎの心配をしていたという記事もありますし、雅子さまがご懐妊と聞いてあちこちの宮家から電話がかかってきたという記事もありますし、雅子さまがご懐妊されたときの国民の反応などを見ると、私にはほんの一部の人間だけが期待をしていたとは思えないんですよね
私もそれほど関心を持っていたわけではありませんでした
「そういえば結婚して何年も経っているなあ」くらいでした
今の雅子さま批判の激しさを見ていると、お世継ぎ問題の関心の深さも私たちが知らないだけで相当に激しかったのではないかと思います

外国訪問ができなかったとの発言、たしかに失言に当たるものになるかもしれません
この件もいずれ取り上げていくつもりです
この件も同様に、私はそこに秘められた雅子さまの思いを探っていくつもりです
外国訪問ができなかったこと自体に関しては、言葉を選ぶべきだったと思いますし、もう少し他の言い方をするべきだったのではないか…というのが今の私の思いです
もう少し深く調べていけば、また違った思いが出てくるかも知れません

雅子さまが愛子さまに付き添っている件は、私も少々長引いているのではないかという思いがあります
雅子さまにとってというよりも、愛子さまにとっても、一人で学校に行くという行動に戻すチャンスを失ってしまった感がありますよね
雅子さまにとって愛子さまは待望のお子さんですし、気にかかるのは当然なのでしょうけれど、少し突き放すというか、そういうことも必要だと思うのです
ただ、雅子さまにとって心のよりどころが愛子さまにあるというのもあると思います
適応障がいから回復する上で、雅子さまが愛子さまを大切に思う気持ちをエネルギーとした部分もあるのではないでしょうか
しかし、そのことで今度は愛子さまに影響を及ぼしてしまっては何にもなりませんよね
そのへんがとても難しいとは思うのですが、なんとかいい方向に行ってほしいと願っています
おはようございます
お返事ありがとうございました。
管理人さんの雅子さまに対する思いやりには頭が下がる思いです。

私は、この件は、さっと流される内容では無いと思います。
かなり重要な事なのではと思います。

管理人さんを困らせるつもりはないのですがもう少し考えさせてください。
昨夜は、簡単に書き込んでしまったと少し反省しています。

私は、雅子さま擁護派だと自分で思います。

秋篠宮さまには殆ど関心がありません。
篠仁さまと思っていたくらいですから。


宜しくお願いします。
No title
ブログ主さま
コメント、ありがとうございます。

ただ、やはり私の理解力不足で、
やはりよく分かりませんでした。

下記の点だけ申し上げておきます。
流して頂いて結構です。


--------------------------
>鼻風邪ってなかなか薬が効かないのですよ

私は、薬を呑むと咳も鼻水もくしゃみもピタッと止まります。
その代わり眠気や乾きは当然ありますが、仕事をする時は仕方がないです。
(鼻風邪でも普通の風邪でも効きます)
効かないと決めつけるのは、困ります。
効きにくいと聞いたのも初めてです。
そこまで言いきられのであれば、臨床データとは申しませんが、
根拠が欲しい所です。


>は思いますが、それでも風邪を引いてしまうこともあるんじゃないでしょうか

風邪を引いて悪いなど一言も申し上げておりません。
誤解なきように……


※結構こういう勘違いと申しますか、
すり替えというのでしょうか、
そういう箇所が多いのですが、全部は、申し上げません。


--------------------------
>私には皇室に対して「尊敬」という気持ちはあまりないので、そのへんの感情の違いがある状態で通行人さんと話し合っても取りつく島もないのでしょうけれど、

私自身が尊敬としているとも、いないとも、一言も書いておりません。
誤解なきよう……申し上げておきます。


--------------------------
>読んでもらえばわかりますが、皇室に関するさまざまな記事を私は見てきましたし、マスコミの対応なども見てきた上で感じることであり、そのひとつがこの件であったということです


様々な記事をご覧になってのご意見と受け取りました。
しかし―――


>私が「○○の記事に掲載されているそうです」と書いているのは、ネット上にある記事を読んだだけであり、実際にその週刊誌の記事を読んだわけではないからです
たぶんその記事にはそのように書かれていたのでしょうけれど、よく日付が間違っていたり、週刊誌名が違っていたりということもあるので、「掲載されているそうです」という断定しない書き方をしています


実際に週刊誌の記事を読んだわけではないと、仰ってますね。
これは、矛盾しませんか?

全てを読みつくし、それを元に、このブログを書かれていると、
読者が受け取ると思いますが、如何でしょうか。
少なくとも私は、そう受け取りました。

ご自分のブログですから、何をお書きになっても良いと思います。
しかし、他人の書いたものが(ここでは文春の記事になりますが)
読み手に、
誤解を与えるような書き方や、
事実を正確に、伝えない(伝えられない)ことは、
問題では、ないですか?

別に、揚げ足を取っているわけではありませんよ。
ご自分のブログの記事の一部だけを前後の脈絡なく抜粋され、
使用されたら如何ですか?


--------------------------
>たしかに皇室は国の税金で成り立っていますが、生身の人間が暮らしているわけですから、プライバシーは保たれるべきだと思います

再度、申し上げますが、
排卵日云々とお書きの方が、プライバシーを仰られても、
説得力に欠けるかと思うのは私だけでしょうか。


---------------------------------------------

以上
長くなり申し訳ございません。


レスを頂いても、私の読解力では、
理解が出来ないと思いますので、レスはいりません。


::::::::::::::::::

追伸

>もし税金が使われているのだから…というのなら、数人の人間のために何十億と予算が組まれている皇室そのものに対して廃止するべきだという思いにはならないのでしょうか
もしそうなれば、あなたの払っているであろう税金も少しは減るのではないですか

とても、飛躍したお話が書かれていましたが、
この文の「あなた」は、私の事なのでしょうね。
税金を減らしたいなど、どこにも私書いていませんが・・・
まぁ、それはおいといて。

私も少し、突飛なお話を書かせて頂きます。


宮内庁の予算は、HPにも出ていますが、
宮内庁費と皇室費と合わせて約170億円/年です。
(何十億単位ではありません)


国民一人頭に換算すれば、150円/年程度の負担です。
これは、納税者人口ではないですが、
人口の半分が納税者とした場合、300円/年程度の負担です。
(当然ですが個々の納税額は、加味してません)

こう考えると、寄付制にしてもいいような気がします。
寄付でなくても、
ふるさと納税ではないですが、
自分の好きな宮家に納税出来るとか……
はじめまして
この数年、皇太子ご一家を取り巻く様々な問題はより深刻さを増していますね。

私も以前は雅子様をやや批判的にみていましたが、dairyさんのブログを読み、雅子様のお気持ちも考える様になりました。
ただ、雅子様にとって難しいのは、個人にとってとても辛い不妊と永年続いてきた皇室を継ぐお子様を生むことを望まれる皇太子妃というお立場という、私と公という二つの要素が絡み合ってしまった事だと思います。

不妊は個人の努力では、克服出来ない問題なので、皇室関係者や宮内庁がもう少し、雅子様の精神的なフォローもして差し上げて欲しかったと子を持つ母として感じます。
香淳皇后の大切な儀式を「夏バテのようなもの」という理由で欠席されるのは、あまりにも曖昧でかえって憶測を生みやすいですね。

また、人格否定問題や愛子様不登校に関係し、他の児童の言動を報道関係に発表する東宮関係者にも疑問を感じます。皇太子ご一家の立場を考えると余りにも国民の感覚と離れた情報が発表されるため、かえって雅子様の印象が悪くなっている気がします。

長期的に見て、雅子様の気持ちがもっと理解されるような配慮が必要だと思いますし、雅子様ご自身も皇太子妃だという自覚をより深めていただけたらと思います。もちろん個人というのは大切ですが、雅子様の嫁がれた皇室はそれを強調し過ぎても、かえって辛くなるところなのかもしれません。

日本人にとってかけがえのない皇室をこれからも大切に守っていきたいと私自身は思っています。雅子様は今は静養中ですが、回復なさった後は、たくさんのことを乗り越えた、より深い心をもった皇太子妃になっていただきたいと願うばかりです。



管理人殿自身への疑問が出てくると、サッとニューフェイスが登場する不自然さ
管理人殿
現在巡回ツールにて全ログを取得させていただいている。
それにしても、上記の通行人様のご指摘はお見事!!

以前、段ボール様からも同様のご指摘を受けていたはず。「誤解の誘導」のように。

当方の貴殿宛て以外のコメントを禁止するというのなら、当方に対して堂々と反論されよ。
ひなさんへ
コメントありがとうございました
たしかにこの「事件」は簡単に済ませられることではないのかもしれませんね
戴いたコメントを見ても、熱さを感じるものが多いですし…
ひなさんの意見も私は理解できます
ひなさんが簡単に書き込んでしまったからだとは思いません
今回の件では、正直に言って自分でも納得できるだけの見解を見出せずにいます
何か理由があるのだろう…どうしても欠席しなければならなかったのだろうと思うのですが、その理由が明確に思いつかないのです
不妊治療の可能性は十分にあると思いますし、本当に体調を崩していた(私たちの言う夏バテ以上の症状で)のかもしれないですし、もっと他に理由があるのかもしれないとも思います
逆に、雅子さまが香淳皇后の葬儀を出席できたのにしなかった理由がわからない、という思いもあります
大きな行事であることはわかっていたでしょうし、皇太子妃という立場上出席が当然であったことは雅子さまを始め、周りの方もわかっていたはずです
それでも出席しなかったのには、何かどうしても…という理由があったのではないかと私は考えています
私も自分なりにいろいろ考えて、こういう状況だったらどうなのだろうかとか、もし自分だったらこうなのではないかとか、想像していますが、どれほど想像したところで真実がはっきりと見えるわけではありません
ですから、「こうではないか」という表現に留めているつもりです
中には自信を持って言えることも出てくる場合もありますが、わからないことに対してはわからないことだと認めた上で自分なりの意見を述べています
その上でひなさんを始め、さまざまな方のご意見を聞けるのは自分自身の理解を深める上でも、またこの問題をいろんな観点から見る上でもたいへん役に立つと思うのです
なので、私と意見が違っても気にしないでくださいね
もし何か思い当たることなどがありましたら、教えてください
通行人さんへ
コメントありがとうございます
はじめに申し上げたいのですが、このようにコメントを書きながら「レスはいりません」というのはどうなのかと思います
批判派の方からもコメントはいただきますが、ほとんどが一方的に言いたいことだけを言ってそれっきりというものです
コメントをするのは個々の自由ですから、一方的であろうとそれも自由だと思いますが、いろいろぶつけておきながら「レスはいらない」それを「私の読解力では、理解ができない」からだと言われても、「ああそうか、この人は読解力が亡くて理解できなかったのか」とは思えないのですよね
本当にそう思われているのならこんなふうに長々とコメントしないでしょうし、もう少し「わからないので教えてください」という姿勢になるような気がします
私はコメントのやりとりをすることで、この記事に関する理解がより深まると思っていますし、そのためにコメントを受け付けています
通行人さんが「レスはいらない」と言われても、投げかけられたご意見をそのままにするのは私としては少々もったいない気持ちです
…とまあ、もっともらしい理由を述べましたが、要は「言われっぱなしでは気が収まらない」のだと解釈していただければいいです
というわけで、あなたのコメントに対して私の意見を述べたいと思います

鼻風邪のことですが、子供が風邪を引いて病院に行くと、毎回のように「鼻風邪はなかなか薬が効いて来ない」と言われた上で薬を処方してもらい、実際なかなかよくならないので、病院の先生も言っているし、実際になかなか治らないので、「鼻風邪はなかなか薬が効かない」のだと私は思っていました
でももしかしたら子供に限ってのことなのかも知れませんね
ちなみに私はもともと鼻がつまるタイプではないし、風邪を引いても鼻に来ることはないのでわかりません

>風邪を引いて悪いなど一言も申し上げておりません。

そういう意味で言ったのではないのですが…
通行人さんに対して言ったというのではなく、「こうなのではないか」というかんじで述べたんです
私は皇室の人たちは健康管理を厳しくチェックされていると思うのですが、それでも体調を崩してしまうこともあるんじゃないか、と述べただけです
立派な医師団がいてもいつもいつも健康でいられるほうが難しそうだと感じます

すり替えですか…そうしているつもりはないんですけどね…
ときどき批判派の方が「東宮擁護派が「スライド」だの「すり替え」だのをしている」と憤慨したコメントを書いているのを目にするのを思い出します
私が思うに、批判派も擁護派も同じようなことをお互いに行なっているように感じますが、こんな話をすると「すり替え」だと言われてしまいそうですね
私自身はそのようなことをしているつもりはありませんが、そう思わせる箇所があったのですね
そこがどこなのか教えていただけるとありがたいです
今後そのような誤解を招かないような書き方を心がけたいですし…
今回通行人さんが「すり替え」だと感じた箇所がわからないのですが、私は読む人の価値観や意見によって感じ方が変わるのもひとつの要因ではないかと思います

たしかに通行人さんは皇室を尊敬しているとは書いていませんが、コメントから「この人は皇室を大切に思っているのではないか」と感じました
どこかと言われれば、たとえば「香淳皇后様が、お隠れになった」とか「日本に、お一人しかいない御身分なのですから。 」と言った表現からでしょうか…
私なら「香淳皇后が亡くなった」「日本に一人しかいない人ですから」くらいに書くので、こんなふうな書き方をするのは皇室に対して大切に思う気持ちがあるのだろうなあ…私とはちょっと皇室に対する思いが違うのだろうなあと感じたんです
それに、私は自分に皇室に対する「尊敬」という気持ちがあまりないと述べただけであり、通行人さんが皇室に対して尊敬の気持ちを持っているとは述べていません
ただ、皇室に対する気持ちに違いがあるのを感じたということを述べたまでです

それから週刊誌のことですが、ちょっと誤解されてしまった気がします
私が「実際に週刊誌の記事を読んでいない」と言うのは、自分がその週刊誌を手にとって記事を読んだわけではないという意味です
雅子さまへの数々の批判を追っている中で、情報源とされる週刊誌の記事の画像を目にすることがあります
それを読んで記事を書いているわけですが、なんせネット上の画像ですから、自分が手に取って読んでいない以上、「読みました〜!」と書くのはどうなのかなあという思いもありますし、先にも書きましたが、ときどき雑誌名や日付が間違っていることもあるので、「そうです」と言い方をしているというわけです
説明不足だったでしょうか…でしたらすみません
とりあえずネット上にある記事の画像は全文読んでいますし、引用部分も自分の目で画像を見てタイプしています
「事件」を取り上げる上で、情報源とされる記事を「全てを読みつくし、それを元に、このブログを書」いています
その見解で正しいですし、それをモットーとしています
私がこのブログを始めたきっかけのひとつは、蔓延している雅子さまへの批判が果たして事実に基づいているのかどうかを検証したいという思いがあったからなのですが、今まで見てきた週刊誌の記事や批判派の意見に、誤解を与えるような書き方や事実を正確に伝えていない部分が多くあると感じ、それらをひとつずつ指摘していくという作業をこのブログで行なっています
ですから私の書いていることが誤解を与え、事実を正確に伝えていないと言われるのはちょっとびっくりですが、そう思われるようなところがあるのなら反省しなければならないですね
自分では情報源とされる記事の内容と、自分が調べた内容や自分の経験などを照らし合わせて意見を述べているつもりです
決して断定せず、「こうではないか」という口調で書いています

私が雅子さまの排卵日がどうのこうのと書いたことに、そこまでプライベートなことを私が述べるのはどうなのか、という思いがあるのは事実です
ただ、不妊治療について述べる上でこういった事柄について書く必要がありました
ですから、「失礼だとは思うのですが」と断った上で書きました
「断ればいいのか」とつっこまれそうですが、そういう開き直りの気持ちはありません
これがプライバシーを侵害していると言われるのなら、それはそうなのかもしれません
このことでもし雅子さまがいやな思いをされるのなら私の書いていることは本末転倒になってしまいますね
しかし、雅子さまの置かれた状況を理解するためにわかってもらいたいこと・知ってもらいたいことが私にはあります
ですから失礼を承知で書いたまでです
マスコミの書き方とは気持ちも思いも違っていると思います

税金のお話ですが、たしかにちょっと飛躍しすぎた書き方をしてしまいました
すみません
自分の税金が使われているのだからという言い方は、皇室に対しても、政治に対しても最近よく聞かれるようになった気がします
何かにつけて「俺たちの税金」と言っては権利を主張するというのに、私は「うーん」という思いで聞いていました
うまく説明できないのですが、税金を払っていることはそれなりに尊重されるべきだと思いますが、だからと言ってそれを盾に何でもかんでも知る権利などを主張するのはいかがなものかと思います
マスコミは、たとえば不正をした人に対しての取材もそうですけど、まるで自分が正義の味方かのように「国民に謝罪の言葉はないんですか」と詰め寄ったりしますが、そこに本当にまっさらな正義や理念があるのかどうかは疑問です
「自分たちの税金が使われている」という主張もわからなくはありませんが、それを盾に権利を主張するやり方に私はずっと疑問を感じていました
通行人さんもそういう言い方をされたので、今までの思いも一緒になって飛躍した言い方になってしまいましたね…すみません

宮内庁費と皇室費を寄付にする…好きな宮家に納税できるようにする…
なるほど…と思いつつも、通行人さんは秋篠宮擁護かなあと感じたのですが、どうでしょうか
東宮批判で秋篠宮家擁護という人はけっこういますから、通行人さんもそうなのではないかと感じます
それはさておき、寄付とか好きな宮家に納税というのはどうでしょうか…
寄付が集まらなくなったら皇室は廃止に追い込まれますし、好きな宮家に納税となると天皇陛下や東宮はどうなるんでしょうね
なぜ宮家?…というところから、秋篠宮家擁護かなあと感じたのですけどね…
寄付となると企業や政治家との癒着の問題が出てきそうですし、まずいような気がします
yukiさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます
yukiさんのような人がいてくれることは、私にとってとてもうれしいことです
今皇室が抱えている問題は、雅子さまだけに要因している問題ばかりではなく、皇室の制度そのものや皇室の在り方・これまでなんとか切り抜けて来た数々の問題などが重なり合っているように思います
雅子さま一人になすりつけるのではなく、国民の一人一人が自分自身の問題として考えていくべきではないかと私は思います
雅子さまが抱えている適応障がいや子供を授かるという問題は、決して皇室に限った問題ではありませんよね
「皇室に入ったら当然のことだ」と突っぱねずに、そのたいへんさを理解しようとしてほしいと思います
雅子さまが抱えた適応障がいの問題・お世継ぎ問題が、精神的な病いに悩む国民や不妊に悩む国民への理解・関心を深めることに役立てられたらと思います
愛子さまの登校の問題も決して皇室の問題だけではないと思いますし…

あまり考えがまとまらずにすみません
またご意見をお聞かせくださいませ
そうですね
お返事をありがとうございました。
ただ、私がコメントをしたことで、事実ではない憶測を呼んでいるようで、大変驚きました。でもまたコメントさせてくださいね。言いがかりに怯える必要もありませんから。

私もdairyさんのおっしゃる通りに、擁護派・批判派と意見が2つに別れてしまうのではなく、どうしたらより良くなるか国民がひとつになって考えていかなければならない時期に来ていると思います。
確かに雅子様のご病気・世継ぎ問題など難しい問題が山積していますから、簡単なことではないとは思いますが・・・

では、またコメントさせくださいね。よろしくお願いします。


こんばんは
管理人さん、ありがとうございます。
私なりに真剣に考えました。
考えたと言っても批判サイトの同タイトルを読んだわけではないので真剣だったかはわかりません。

最終的に、やはり私が書いた事が私の素直な気持ちだったと思いました。
私が書き込む際に、お二人のコメントも読みました。
そのコメントを読んでも自分の思いを書いたことは、私なりに、この欠席には強い思いがあったと思います。

それに私が、いろいろ調べて難しい言葉を並べたとしても偽りとまでは言いませんが素直な気持ちとは違ってくるように思いました。


あと私は、雅子さま擁護派と管理人さんのブログに書きました。
擁護派=皇太子さま、雅子さまに天皇、皇后になっていただきたいと思っているだけです。

雅子さまは素敵とかお綺麗みたいな擁護ではないです。
わかりやすく擁護派と書きました。


秋篠宮ご夫妻に関して、どうしても歌会始のお歌に「コウノトリ」を使われた事が私には、思いやりにかけた態度だったと思い正直、次の天皇陛下にはなってほしくないと思っています。
公務でコウノトリを放たれたのは知っています。でも、私には
コウノトリと聞くとどうしても皇太子さまが言われた、お子様は…の質問に対して言われた言葉が浮かんでしまうんです。

私としては、ブルーフォックスさんに、この件はどう思っているの?と正直聞きたかったです。

この件も私が雅子さまはどう感じているんだろうと思っただけで皇太子さま、雅子さまは、傷ついていないのかもしれませんね。

でも、私の正直な気持ちを書きたいと思ってしまいました。

タイトルと関係のない話になってしまい本当にすみません。


あと、擁護派と書いたのにはもうひとつ理由があります。


私は擁護派なんだと思いたい…そう思いました。

私は管理人さんのように強い思いは持ってないように感じたからです。


皇室はいらないと考えている方の話を聞いたら「そうだよね」と感じるかもしれません。

その逆に皇室は大切だと聞いたら「そうだよね」と思ったりすると思うんです。

私の気持ちを複雑にしたのは、走り回る児童の為に愛子さまが学校に行けなくなったと報道された件です。


いろいろな気持ちが複雑に混ざり合って気持ちがまとまらなくなっているのかもしれません。

それに仮に、秋篠宮ご夫妻のご公務で私に対して「頑張りましたね」みたいな優しいお言葉をいただいたら、秋篠宮さま〜となるように思いました。


そんな私がここにいてもいいのか…と今日1日考えました。


でも管理人さんに素直な気持ちを書いてほしいと、以前言われました。

そのお言葉に甘えてこれからも伺いたいと思いました。


雅子さまの病が回復され、私の病も同じように回復に向かえばと、今は思っています。


No title
>…とまあ、もっともらしい理由を述べましたが、要は「言われっぱなしでは気が収まらない」のだと解釈していただければいいです

こういう率直な物言いは、分かり易くていいと思います。
こういうスタンスで書かれれば、良いのにと思ってしまいました。

-----------------------------------------------

>雅子さまへの数々の批判を追っている中で、情報源とされる週刊誌の記事の画像を目にすることがあります
それを読んで記事を書いているわけですが、なんせネット上の画像ですから、自分が手に取って読んでいない以上、「読みました〜!」と書くのはどうなのかなあという思いもありますし、先にも書きましたが、ときどき雑誌名や日付が間違っていることもあるので、「そうです」と言い方をしているというわけです
説明不足だったでしょうか…でしたらすみません
とりあえずネット上にある記事の画像は全文読んでいますし、引用部分も自分の目で画像を見てタイプしています
「事件」を取り上げる上で、情報源とされる記事を「全てを読みつくし、それを元に、このブログを書」いています

/////ブログ主さんのレス引用ここまで/////


引用が長くて申し訳ありません。

その……
雑誌名や日付けが、
間違っている可能性があると、
堂々と仰られても、
また、それを元に書かれたブログでは、
私は何と申し上げてもよいのやら……

間違っている物をしかも、どこかのサイトから持ってきた物をですと、
堂々と言われても、私は何と申し上げてもよいのやら……

それこそ、2000年8月と記載されていますが、
2003年の8月の話である可能性もあるわけです。


このようなことは、予めサイトの方針として、
きっちりとお書きになることが、
ブログ主としての務めではないでしょうか。
それを元に記事をお書きになっているのですから。


●読んだ物が、実際の記事なのか、そうでないかを明記する。
実際の記事でない場合は、
読まれた画像なりを明確にする。
リンクを貼るなり、WEB魚拓を取ればよいのではないでしょうか。


●その記事の全文を読んだのか明記する。
また、一部を読んで抜粋したのか、
全文を読んで抜粋したのか記載する。


また―――

>とりあえずネット上にある記事の画像は全文読んでいますし、引用部分も自分の目で画像を見てタイプしています


益々信憑性が下がるので、
上記にも書きましたが、
リンクや、WEB魚拓をお使いになることをお勧めします。

ご自分で打ち込んで、出典も明らに明記されない物は、
良識がある人間は、信じません。
どんなに素晴らしい記事でも、台無しです。
文章は、てにをはが違うだけで、違う文章になります。

:::::::::::::::::::::::::::

今回の記事は、文春の
ブログ主さんが、打ち込んだ記事風(あえて風とさせていただきます)
の部分だけで、記事をお書きになったのでしょうか。


そうであれば、追記として、その旨を記事に記載するべきです。

どこのサイトの記事を読んだか
そのサイトのリンク

自分がそれを打ち込んだこと。

その記事の全文ではないこと。
そして、全文はご自分が読んだか読まないか。

:::::::::::::::::::::::::::

ネットで公開をすることの意味について、
もう少し責任をもって接してください。


◇そんなこと私だけに言われても、
そんな、サイトやブログは沢山あると思います。

と、ご意見が返ってきそうですが、
本当に沢山あり過ぎて困るのです。


だから余計にです。
こう書くと、一人の主婦としての考えを述べているのだから、
そんなに言わなくても……と、仰りますか?


しかし、上の引用でもありますが、

>情報源とされる記事を「全てを読みつくし、それを元に、このブログを書」いています

こう仰っているわけです。
たとえ、他のサイトの記事しか読んでないにしろ、
そこまで、仰るのですから、
一主婦のブログだからと、言ってもらっては困ります。

ブログ主という立場を良くご理解ください。

苛めているわけじゃないです。

:::::::::::::::::::::::::::

もう少し具体的にその意味を書きます。

そもそも、ブログというものは、検索にヒットし易い構造になっています。
さらに、FC2のブログならば、
検索サイトへの『ping』は、
標準で「しない」という選択をしない限り、発信されます。
≪pingとは何?と、お思いの方へ≫
簡単に言うと、ブログ等の更新時に、
検索エンジ等に更新しましたと通知するものです。


ここまでは、ご理解頂けますね。
ブログ歴は長くていらっしゃるようなので、
釈迦に説法の気がしますが、一応書きます。


例えば、今回のブログのタイトルの一部、

「皇后 欠席」をグーグルに入れます。

すると、1ページ目に、この記事がヒットします。


ネットで公開することは、そういうことです。
万人の目に触れるのです。


また、ブログの方針や、サイト主さんとしての
読者へのお願い事項(TOPページの内容です)注意書きも、
プラグインに記入されては、如何ですか。
私のように、記事に直接飛んでくると、わかりません。
読む側は、兎角勝手なものです。

これは、サイト主さんの意思を伝えるとともに、
訪問者へのユーザビリティにも繋がるかと思います。
元の記事についても、
ここ(プラグイン)に記載されては、いかがでしょうか。
また、テンプレートによって、
どの記事の上にも、必ず表示されるエリアをもつ物もあります。
(共有テンプレの中にあります)


ブログ歴も長くていらっしゃいますし、
ページを拝見する限り、HTMLにもCSSにも
明るくていらっしゃるようですし、
アナライザー(アクセス解析)も、貼られていますので、
やり方は、お分かりになりますよね。

アナライザー(アクセス解析)
≪これをお読みの方で、アクセス解析とは何とお思い方へ≫
簡単に申し上げれば、ご覧の方のIPアドレスが分かります。
それによって、どこのサイトから来たのか、
何度このサイトに訪問をしているか(前回の訪問日時)等、
コメントに書きこまなくてもサイト主に分かるようになっています。
また、IPアドレスより、お住まいの都道府県や地域
お使いのブラウザ、OSなどが分かります。
今現在の技術では、個人の特定は無理と言われていますが、
プロバイダーへ開示請求がなされた場合は分かります。
(普通は、犯罪等に関わる場合のみです)



再度申し上げておきますが、
ご自分のブログですから、お好きなことをお書きになっていいと思います。
しかし、内容が内容ですので、
曖昧な書き方や、誤解を受ける書き方を避けることに、
細心の注意を払うことは、
ブログ主としての最低のマナーであり、正義です。




ここまで、ブログの元になる記事についてと
ブログ運営の在り方について、
僭越ではございますが、私の意見です。
---------------------------------------------
---------------------------------------------

>たしかに通行人さんは皇室を尊敬しているとは書いていませんが、コメントから「この人は皇室を大切に思っているのではないか」と感じました
どこかと言われれば、たとえば「香淳皇后様が、お隠れになった」とか「日本に、お一人しかいない御身分なのですから。 」と言った表現からでしょうか…
私なら「香淳皇后が亡くなった」「日本に一人しかいない人ですから」くらいに書くので、こんなふうな書き方をするのは皇室に対して大切に思う気持ちがあるのだろうなあ…私とはちょっと皇室に対する思いが違うのだろうなあと感じたんです
それに、私は自分に皇室に対する「尊敬」という気持ちがあまりないと述べただけであり、通行人さんが皇室に対して尊敬の気持ちを持っているとは述べていません
ただ、皇室に対する気持ちに違いがあるのを感じたということを述べたまでです

/////ブログ主さんのレスここまで/////

これについて申し上げておきます。


私は、ネットでコメントを公開する以上、例え匿名でもあっても、
自分自身の一貫した基準がございます。

私は、どちら派であっても、
その方の身分相応の言葉を使うべきだと思っています。
私は、公共のネットに、書き込みをしている状況ですので、
それに、相応しい言葉を拙いながら選んで使ったまでです。

ブログ主さんは、どうでしょうか。
例え反論でも、社内で、ご自分の上司の言葉を、
「あのバカ専務がそう言ったんです」とか、
隣人の方が、何か事件を起こしインタビューされた場合、
「あぁ、隣のドラ息子ですね」
などと、仰いますか。


私のスタンスは、お分かり頂けましたでしょうか。
以後、勝手に私の気持ちですとか、
考えは決めつけないでください。

:::::::::::::::::::::::::::

それと、あえて主語を書きませんでしたが、

>>>>日本に、お一人しかいない御身分なのですから。

上記は、私が書いたコメントです。
これは、皇太子妃殿下のことを申し上げました。


前回のレスで、やはり違うように解釈をされたかのかと、
何度も読み返しましたが、
やはり、ブログ主さんの表現が曖昧でしたので、
気にはなりましたが、申し上げませんでした。

やはり、そうでしたか。

申し訳ありません。
これは、あえてどちらとも取れると思いながら書いたことです。

ただ、どなたも皇族の方は、
日本で、お一人のご身分であることは、
間違いがないのでそう記載致しました。
私のコメントを読み直されるのであれば、
そこは、読み変えてください。

---------------------------------------------
---------------------------------------------

「すり替え」は、他の方のレスでありましたので、使いましたが、
別の言葉で、はっきりと申し上げますと、
私には、文章が、分かりにくいのです。
気がつくと本題から離れています。
文に起承転結の無いと感じます。
私の読解力がないからだと思いますが。

「それがどこか」と仰るので、その一部を記載します。
本記事の最初の部分です。

:::::::::::::::::::::::::::

本当に夏バテであったのかどうかはかなり疑問に感じる

お世継ぎ誕生の問題が絡んでいるように思う

本当に夏バテならば、出席はできた
夏バテなだけで欠席したのなら批判の対象でも仕方がない

↓≪ここまでは、理解ができます。

思うに、皇族の健康に関する宮内庁の発表というのは、かなり慎重に行なわれるのではないでしょうか
発表しておいたほうが変な憶測をされずに済むということもあるでしょうし、かといって何でもかんでも発表することもないのではないかと思います
予定されていた公務や行事に出席しないと、マスコミは「どうしてだ?」と探ります
殊に雅子さまに関してはすぐに「ご懐妊では?」と思われてしまっていたでしょう

↓発表は、慎重に行われる
↓発表しておく方が憶測を呼ばない
↓何でも発表すればいいものではない(矛盾してませんか?)
↓(何が趣旨か理解できません)

↓マスコミは探る
↓この文の意味は理解ができますが、
↓前後の文と繋がりがわかりません


夏バテと言っても軽いものから重いものまでさまざまで、雅子さまが本当に夏バテだったとしてもどの程度の症状だったのかはわかりかねますが、一時的な症状で大きな病いではないというものですよね

↓急に夏バテの話ですか?
↓ご懐妊とマスコミはどこへ?


雅子さまが適応障がいになったとき、なかなかどのような状態なのか発表されませんでしたが、それも精神的な病いにかかっているのだと公表することを宮内庁がためらっていたというのもあるでしょうし、宮内庁としては衝撃を与えすぎてしまうような発表は避けたいという思いがあるのではないかと思います

↓今度は急に違う病気です
↓この文自体はわかりますが、脈絡がわかりません


夏バテもそうですが、風邪も症状には幅があります
一般の人なら少し咳が出て風邪気味くらいなら、会社なり学校なりには行くでしょうし、まわりにも「風邪気味ですか?」と尋ねられるくらいの症状でも「いやーそうなんですよ」と答えてコンコンやりながらマスクでもしておけば済んでしまいます
でも、皇族となるとなかなかそうは行かない気がします
公務の最中に咳き込む場面があったり、くしゃみばかりしていたり、鼻をかんだりなんてことはもってのほかなのではないでしょうか

↓発表を避けたいと思った……
↓それで、また夏バテかと思ったら今度は、風邪です。
↓公務中に咳くしゃみだったら、もっての外
↓ならば、公務を休んでも然りということでしょうか?



一般の人なら風邪の症状がありながらも寝込むほどではなく、外出もできなくもないという状態でも、皇族は「風邪のため」との理由で公務を休んだり予定を変更したりするように思います


↓一般人が普通に外に出歩く程度の風邪でも、
↓それを理由に公務は休んだり、変更をする(らしい)
↓はて?さっき公務中のくしゃみ咳はもっての外なので、
↓休んでもいい的な発言と微妙なズレを感じます。


そういう意味で宮内庁が「風邪のため」だの「夏バテのため」だの言っても、正直信用できないというか、私たちが会社や学校を休むほどの症状とはちょっと違うような気がします


↓これが、結びの文です。
↓「そういう意味」は、「全文の一般人なら――ー」の件なのでしょう。


以上です


本当に夏バテであったのかどうかはかなり疑問に感じる

それは、
一般人が普通に外に出歩く程度の風邪でも、
それを理由に公務は休んだり、変更をするので、

正直信用できないというか
私たちが会社や学校を休むほどの症状とはちょっと違うような気がします

多分、こう仰りたいのだと思います。
その中に、
「お世継ぎ誕生の問題が絡んでいるように思う」という、フリがあって、
それが、次の文に続いていくのだと思います。

こう書くと極めてシンプルです。
が、そうなると、中の文章は、全くいらないと思いますし、
どう繋がり、
何の意味があるのか私には分からないのです。

---------------------------------------------
---------------------------------------------
レスはいりませんと申し上げた事について


>本当にそう思われているのならこんなふうに長々とコメントしないでしょうし、もう少し「わからないので教えてください」という姿勢になるような気がします
私はコメントのやりとりをすることで、この記事に関する理解がより深まると思っていますし、そのためにコメントを受け付けています


なぜ、教えてくださいと姿勢にならないといけないのでしょうか?
別に教えて頂かなくてもいいです。
多分、良く分かりませんから。

:::::::::::::::::::::::::::

私は最初のコメント(記事に対しての初めてのレス)で、

『皇室にとっても、皇室を敬う国民にとっても、』
と記載したまでです。
それに対して、



>>>私には皇室に対して「尊敬」という気持ちはあまりないので、そのへんの感情の違いがある状態で通行人さんと話し合っても取りつく島もないのでしょうけれど、私にとっては香淳皇后は皇后という立場であった一人の女性という認識で、むしろ自分の身近なそのへんのおばあさんの方がいろいろな感情がわいてくるように思います

上記は、ブログ主さんの私のコメントへのレスの一部です




取り付く島もない―――と、比喩され、
私は、

『「尊敬」しているとは書いていない』
とお返事のコメントを書きました。




>それに、私は自分に皇室に対する「尊敬」という気持ちがあまりないと述べただけであり、通行人さんが皇室に対して尊敬の気持ちを持っているとは述べていません
ただ、皇室に対する気持ちに違いがあるのを感じたということを述べたまでです

こう、ブログ主さんからコメントがきました。



取り付く島もない―――と、比喩され、

通行人さんが皇室に対して尊敬の気持ちを持っているとは述べていません

とは、私の頭では結びつかないのです。
ですから、私自身が、頭が悪くて、
読解力がないと申し上げているわけです。

本当に申し訳ないです。
私は、本当に頭が悪いので、
行間を読むとか、想像をするとか、予想をするとか出来ません。

ですので、ダイレクトにお書き頂かないと、
分からないのです。
他にもそんな個所はありますが、割愛します。

以上のことより、レスはいりませんと申し上げました。

---------------------------------------------
---------------------------------------------

>東宮批判で秋篠宮家擁護という人はけっこういますから、通行人さんもそうなのではないかと感じます

憶測でものを仰るのは、やめて頂けますか?





>それはさておき、寄付とか好きな宮家に納税というのはどうでしょうか…
寄付が集まらなくなったら皇室は廃止に追い込まれますし、好きな宮家に納税となると天皇陛下や東宮はどうなるんでしょうね
なぜ宮家?…というところから、秋篠宮家擁護かなあと感じたのですけどね…
寄付となると企業や政治家との癒着の問題が出てきそうですし、まずいような気がします


ですから、突飛なお話と申し上げました。

と、申しますか、
これは大人のジョークとして流して頂きたかった。
別に、これは、宮内庁だけのお話ではなく、
他の省もそうしたい所はありますよね……
くらいのウィットにとんだレスポンスが、
欲しかったところなのですが。

真剣にお答え頂いたので、折角ですから、
強ち空論ではない、数字的に検証します(空論ですけどね)

突飛な話の続きです―――
例えば、政府の予算はそのままで、
そういう制度の導入は、どうでしょうか。
それなりに、集まれば、次年度からそれを使えば良いと思います。
(空論ですよ)

昨年のNHKの調査で
「象徴としての役割を果たしている」という答えが85%だったそうです。
残念ながら、このソースはNHKのHP内で検索しましたが、見当たりませんでした。
検索頂ければ、個人サイトでヒットします。
通行人(私)あれだけ書いといて、
ソースなし?という所でしょうが、

?ここのブログが、ソースを明らかにしていないからよしとした
?貼るとこのブログさんが、困るようなページしか出てこなかった
お暇な方は、検索してみてください。


さて、本題です。
寄付でも自主納税だったとしても、85%です。

収入がない子供もありますし、働いて無い方もいらっしゃいます。
多分、納税者は、6,000〜7,000万人弱だと思うので、
この下の数字の6,000万人を基準にします。

その85%としましょう。
5,100万人です。
この数字を鵜呑みにしてもですから、
この(5,100万人)50%の方が、平均で、1000円支払ったとします。
月額にすると、100円以下です。
2550万人×1000円……
集まる額は、今の予算(約170億)より上ですよね。

サラリーマンであれば、毎年の年末控除の書類の欄に、
それを設け、記入すれば、いいのではないでしょうか?
私、500円とか、1000円とか・・・

これならば、ご心配の企業受付一切なしで、可能になります。
飽くまで、個人なので、一切公表なしです。

どこかから、苦情がきそうですが、
こう言ったことを考えるのも楽しくありませんか。

:::::::::::::::::::::::::::

>なぜ宮家?…というところから、秋篠宮家擁護かなあと感じたのですけどね…

何度も書きますが、私は、一言も申し上げておりません。
あまり気持ちの良いものでは、ありません。

ここまで、書かれるのでかれば、
通行人は、
何処かの宮家の擁護派ですか?と、はっきりご質問ください。
---------------------------------------------
---------------------------------------------



以前のブログのやり取りを拝見しておりますと、
この辺りで、私の目的を問われる事になりそうな気がします。
予め記載しておきます。

一月程前に、とある有名人のブログを読んで、
改めて皇室について考えるきっかけをもった
普通の民間人です。
ネットサーフィン(古い言葉ですか?)をして、
ここを見つけました。


ひなさんが、よく書かれていますが、
考えれば、考える程分からないので、
私は、事実しかいりません。
憶測も中傷も、材料にはなりません。
但し、事実の積み重ねの推測は、材料になります。

どう判断するのかは、私だと思っております。

ですので、タバコやゴーゴーの話は、あまり興味がありません。
また、私の判断材料になる話ならば、
コメントさせて頂くこともあるかと思います。
この欠席のお話については、これで失礼致します。


それ以前に、ネットマナーと申しますか、
サイト管理者の責任については、
厳しい意見を持っております。

以上です。

末筆ですが、
数日に渡り、長いコメントですみません。
yukiさんへ
コメントありがとうございました
「事実ではない憶測」については、今に始まったことではありませんから、私はもう驚きませんが、yukiさんにとってはいやな思いをさせてしまったことと思います
しかし、またコメントしてくださること、言いがかりにおびえる必要はないことだとおっしゃってくださることにたいへん心強く感じます
今までもたくさんの方がこのような目に遭って、中にはコメントをやめてしまった人もいます
そういう中でyukiさんのような気持ちを持ってくれるのはとても心強いのです

皇室の問題は簡単に答えが出せるものではないと思います
長い歴史があるというのも大きいですし、皇室に対して強い思いを抱いている人たちがいたり、逆によく思っていない人たちもいるし、皇室とはこうあるべきであるというイメージや理想像もあるでしょうし、当の本人である皇室の人たちはあまり自分の意見を述べようとはしない傾向がありますし、難しいですよね
私は今批判派が行なっている雅子さま批判についてもの申しているわけですが、批判派だけでなく擁護派も同様に皇室の人たちのことを面白おかしく悪く書き立てたり、あることないこと書いたり、ひどいものだと思います
ネットの匿名性によるものだとしても、そんなふうに人のことを悪く書くという行為に、何か人間の心の闇のような、ストレスのような、そんなものを感じます
日本人は特に面と向かって意見を述べるのが苦手なので、匿名でものが言えるネットでは本音が語られることもあるでしょうし、信憑性のない情報が断定されて語られることもあるでしょうし、となるとネット社会の情報は信じられるものなのか、それとも信じられないものなのか、判断がとても難しくなって来ています
それらに踊らされることなく、事実を見つめ、個人の感情は抑えて、これからの皇室をどうしていったらよいのかを考えていければ…と思います

私自身、冷静に見つめているつもりですが、やはり「私の意見」は出ていると思います
ですから、私の書いていることが必ずしも万人に賛成してもらえることではないと思います
私が気づかない面や違った捉え方をする人もいて、そういう意見を聞いて「ああそうかもしれない」と思うこともありますし、「それは違うのではないか」と思うこともあります
そのように意見をやりとりすることでより問題が深く理解していけると思います
ですから、yukiさんのご意見、これからもどしどしお聞かせください
私の意見と合わなくても一向にかまいません
お気になさらずに、もし私の捉え方が「あれれ?」と思われるようなことがあれば、教えてくださいませ
ひなさんへ
コメントありがとうございました
貴重なご意見として真摯に受け止めています
香淳皇后の葬儀欠席の件は、たしかに大きな問題であったのでしょう
私としてはそのような大きな行事を欠席するには、それなりの理由があり、宮内庁も納得するだけのものであったのではと思うのですが、それがどのような理由であるのかを言い切れないでいますから、批判的な意見があるのは当然だと思います
ただ、私が思うのは、ひなさんのように「これこれこうだから問題があるのだ」と説明してくれる人と、はじめから「出席すべき」「当然のこと」「問答無用」のように突っぱねてしまうのではかなり違うと思うんですよね
突っぱねてしまう人はとにかく理由はどうであれ「欠席したこと」だけが問題だという意見です
こういった姿勢が私はあまり好きではありません
私たちの生活においても、「そうすべきこと」はたくさんありますが、それをできないときもあります
そんなときになぜそうできなかったかを考えずに「やらなかった」とだけ責めるのはどうかと思います
やらなかったからにはそれなりの理由があるはずだ、それは何だろう…と考えて理解しようとする姿勢になれば、少し違ってきますよね
理由を聞いて「なるほど、そういう事情か」と思うこともあるでしょうし、「それはいいわけでしょう」と思うこともあるでしょう
でも、突っぱねずに相手の話を聞いたり相手の思いを図るという行為をすることが大切だと思います

ひなさんはとても素直に意見を述べてくれる方なので、これからもコメントをいただきたいです
雅子さまの数々の批判をひとつひとつ見ている中で、「これは批判されても仕方がないかな」と思えるものもありますから、これもそのひとつに入るものかもしれません
通行人さんへ
コメントありがとうございました
あまりに長くてちょっとびっくりしました
ざっと読んだのですが、まだちゃんと理解できていません
それに今日は少し寝坊をしてしまったので、前の2人の方のコメント返信で終わってしまいました
あなたのコメントに対する私の意見はまた後日コメントします
取り急ぎご連絡まで
こんにちは
これから書くことは、たぶんルール違反になると自分でもわかっています。
わかっていても書きたい気持ちを抑えられませんでした。

通行人さん、あなたはネットエチケットに反していると管理人さんを批判していますが、あなたもそうではないでしょうか?

ハンドルネームの件です。
通行人って正確な意味はどうだろう?と感じていますが私は、通りすがりと同じような感じに受け取っていました。

なので、ここに書き込むのは1度だけだと私は思っていました。

私が書き込みをしたと同時に通行人さんも書き込みをされていたので、少しびっくりしました。

ハンドルネームって個人を表す大切なものと思っています。

なので、匿名とか匿名希望と書かれている掲示板を見ると、えっ?と思っていました。

また、ここに書き込む思いがあるなら誠意あるハンドルネームにしてほしかったです。


だからと言って変えてもらっても混乱するので止めてください。

私も、自分のホームページを持っていました。

うつの方の吐き出し場みたいなものです。

そこで、例えば恭子さんだったのが、今日から理恵にしますと言われハンドルネームの変更があり私自身、正直止めてほしいと思いました。

私は、恭子さんのイメージが強すぎて新しいハンドルネームの理恵に違和感がかなりありました。
うつの方だから、そのようにハンドルネームを変えたい気持ちはわかってはいたので止めてほしいとは書きませんでした。

なので、これからもここに書き込む意志があるのなら長く続けられるハンドルネームにしてほしかったです。


通行人さんの言っている有名人ってデヴィ夫人でしょうね。

それともデヴィ夫人でしょうか?


でしょうか?という言葉は疑問を問いかけていまよね。

答えが返ってくると判断していたらこのような言葉になると思います。

私は管理人さんが、そうなんでしょうねと話されたのは当たり前のような気がします。





私も偉そうな事は言えません。

私の書き込みは真夜中が多く、もしかしたら管理人さんの携帯に配信メールが届いているのかもしれません。
この事は、気にはしているので真夜中の書き込みは止めたいと思っています。


管理人殿、まだ性懲りもなく“ひな”を自演し続けておいでだな。今頃は必死で言い訳を考えておいでか
管理人殿へ
今頃は必死になって、通行人様の厳しいご指摘への言い訳を考えておいでなのであろう。
ちょうど、

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-194.html

で段ボール様に徹底的に指弾されたときのように。

そして以下の長い長い言い訳。

http://diarydaily.web.fc2.com/tocardboard_20100612.html

それにしても、貴殿が不利になると、都合のよい
“ひな”が初登場したのは上記のとおり、段ボール様の初登場の翌日。

この“yuki”というHNも、通行人様が登場され貴殿を指弾されてからサッと登場している。
どうして、管理人殿の姿勢を疑問視される方が現れると、サッと都合よく管理人殿の方を持つ意見が出てきたり、新しいHNが登場するのか。
それと、常連だった“ココ”“ゆゆ”といった人たちはまたパタッといなくなった。
“りさ”“ぴお”とかいうHNも、「はじめまして」と登場してきてそれっきり。
ずいぶん都合のいいことで。

旧サイトにおいて一人10役演じたのと全く変わらない。

http://blog.livedoor.jp/daily_diary/archives/cat_50030400.html
”ひな”=管理人である根拠
“ひな”は貴殿の自作自演であるという根拠を自ら示したのだから、いい加減おやめになってはいかがか。

私は、7月11日22:00のコメントで管理人氏に対してコメントしている。
>>
白々しい「ひな」自作自演
管理人氏へ
あれだけ自作自演と指摘され、よくも白々しく“ひな”を演じ続けられるものだ。
今日は公明党の応援にでも出かけていたのだろうか?

ブルーフォックス@管理人氏へ:しらじらしい「ひな」自作自演 URL | 2010/07/11 22:00 | 編集
<<

ところがそれに対して

>>
ブルーフォックスさんへ
私への書き込みは旧ブログに書いてください。
私の思いもそちらに書いています。
私は管理人さんには会った事もないですし学会員でも在日でもありません。
同一人物ではありません。
ひな URL | 2010/07/11 22:25 | 編集
<<

>私への書き込み・・・って?

ああそうか、やっぱり“ひな”は貴殿の自作自演だったんですね。
段ボール様の

実に都合よく出てくるんだから。
そして以前も書いた通り、

まず、“ひな”氏の以下の奇妙なコメントである。
(当方、その時点でも追及しているが)

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-39.html#comment269

>>
篠仁さま
篠仁さまって笑顔が素敵で可愛らしいですね。
将来、篠仁さまもご成婚なさるでしょう。
雅子さまがこれ程までに批判されている状況を知っている方々が篠仁さまとご成婚なさりたいと思うでしょうか?
親でしたら娘の幸せを願って、皇太子さまよりもご辞退なさる方々が多くなるように感じます。

批判派の方はご自分でご自分の首をしめているようなそんな気さえ致します。
ひな URL | 2010/04/26 00:39 | 編集
<<

>批判派の方は
こういう言い方や思想は貴殿の思想そのもの。

それだけではない。
そして、これをはじめとして4月24日、25日(0時過ぎ含む)の2日にわたって“ひな”による7件もの連続コメントを行っているのは何ゆえか?
そして当然のように、管理人本来のHNで逐一コメントを返す。
まるで、段ボール様の以下の追及を、最近のコメントの欄から押し流そうとするかのように

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-194.html#comment260

コメント名:ブルーフォックスさんのブログの記事を読んで

投稿者名:段ボール URL | 2010/04/23 18:41 | 編集

結局はかつて旧サイトで演じた一人11役と全く本質は変わらない。

それにしても、一生懸命押し流そうとして無理やりコメントをしてくる“ひな”ことdiary_daily。
どこまで卑怯で姑息なのか。
ひなさんへ
ひなさん、こんにちは
ひなさんが私のことを思ってルール違反と知りながら書いてくれたこと、うれしく思います
ひなさんのまっすぐな気持ちをひしひしと感じました
でも、前回と同様通行人さんにも関わらないほうがよいのではないかと思います
通行人さんには私からもの申します

それから…私はコメントがなされたときの配信メールが届くような設定はしていませんから、夜中でもひなさんのご都合のつくときにコメントしてくださって大丈夫ですよ
私がブログをチェックするのは早朝なので、朝起きて長いコメントやすごいテンションのコメントが届いているのを知って「ありゃー…」と思ったりしていますから(笑)

引き続きご意見は聞かせてくださいませ
管理人殿の方を持つ意見はルール違反を認めるわけか。。”ひな”は貴殿自身が演じているのだから当然か
管理人殿へ
管理人殿の方を持つ意見はルール違反を認めるわけか。そして、自身を批判する意見はマナー違反どうこうと口実を設けて旧サイトに追い出すわけか。
もっとも、”ひな”は貴殿自身が演じているのだから当然か。

ところで、“通行人”様へのお返事はどうなっているのであろうか?
段ボール様への返答


の時のように、必死になって創価学会本部に相談しているのであろうか。


http://diarydaily.web.fc2.com/tocardboard_20100612.html
No title
≫≫ひなさんへ

インドネシア元大統領夫人のブログでは、ございません。
お陰で、それを知ることができました。
また、「ノブレス・オブリージュ」についても考える切欠ができました。
ありがとうございました。

また、HNの件ですが、私が普段使っておりますHN実は「ヒナ子」なのです。
それこそ、仰るように、私の頭の中では、
恭子さんが、突然理恵さんのようで、処理しきれず、
私自身が分かり易い、HNにした次第です。

------
------------
------------------

≫≫ブルーフォックスさんへ

ブログ主さんからのレスは、
私の2回目のコメントで書いております通り、希望しておりません。

>あなたのコメントに対する私の意見はまた後日コメントします
取り急ぎご連絡まで

と記されていますが、
よくお読みになって、
通行人は、レス不要だとご理解頂いたのだと思っております。

一応、ブログの常連さまよりご批判のある、HNではありますが、
私自身、『通行人』と名のっております以上、
『あなた』呼ばわりは、あまり気持ちの良いものではございません。
そんな訳でして、この件は、もうこれで……
どうぞ、お含みくださいませ。

------
------------
------------------

≫≫ブログ主さんへ

上記コメント2件、問題であれば、
削除願います。
通行人さんへ
了解しました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。