スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
皇太子さまと雅子さまは愛子さまが誕生して約4ヶ月経った2002年4月2日に会見を開きました
会見の全文が宮内庁のWEBページに載っています(→こちら)
そこから該当の部分を抜粋します

記者:
両殿下にお尋ねします。妃殿下が懐妊されてからご入院,ご出産までの間でうれしかったこと,辛かったこと,驚いたことなどをエピソードを交えながらお聞かせ下さい。また,ご懐妊を知った時,無事に敬宮さまを出産された時の妃殿下の率直なお気持ちをお聞かせください。妃殿下が懐妊されてからご入院,ご出産までの間,様々な期待に対して両殿下はプレッシャーなどを感じられたことはありましたでしょうか。よろしくお願いします。

雅子さま:
私からもまず始めに,大変多くの方々から今回祝福していただいたことに対して,心からお礼を申し上げたいと思います。懐妊の発表以来,出産に至るまで国民の皆さんから温かい祝福の気持ちで見守っていただいたことは,初めての出産を迎えるに当たりまして,私にとって本当に大きな励ましとなりましたし,また,子供の誕生後は,本当にたくさんの方々からお祝いをいただいて,これほど子供が祝福していただいているということを親として,とても心からうれしく,また,有り難く存じました。
懐妊中は子供の誕生を楽しみに思うと同時に,初めてのことでもありましたので,無事に出産できるまではと,いろいろと不安に思うこともありましたけれども,医師の先生方を始め,たくさんの周りの人々に支えられて,順調に10か月を過ごすことができ,そして,無事に子供が誕生したことを心から有り難く思っています。懐妊中は,未知のことの連続でございましたけれども,実際に子供が生まれてみますと,おなかにいたときこの子があの頃こんなふうに動いていたんだなとか,そういった一つ一つの過程がとても大切に,懐かしく,楽しく思い出されます。そして,出産といいますか,子供の誕生というものは,本当に大きな感動に満ちたものだったと言えると思います。
無事に出産できましたときには,ほっといたしますと同時に,初めて私の胸元に連れてこられる生まれたての子供の姿を見て,本当に生まれてきてありがとうという気持ちで一杯になりました。今でも,その光景は,はっきりと目に焼き付いております。生命の誕生,初めておなかの中に小さな生命が宿って,育まれて,そして時が満ちると持てるだけの力を持って誕生してくる,そして,外の世界での営みを始めるということは,なんて神秘的で素晴らしいことなのかということを実感いたしました。
また,生まれたての子供の生きる力というのを目の当たりにいたしまして,子供っていうのは,変な言い方ですけれども,本当に生きるために,そして,親に愛されるべくして生まれてくるんだということを強く感じました。この懐妊の期間,そして出産に至るまで皇太子殿下には,その過程をすべて共有してくださって,近くで私を励まし,支え続けて下さったことに心から感謝を申し上げております。
また,天皇皇后両陛下からも懐妊の期間,そして,誕生後これまでずっと本当にお細やかにお優しいお心遣いをいただいておりまして,このことに言葉では言い尽くせない感謝の気持ちで一杯でございます。


「生まれてきてありがとう」「生まれたての子供」という言い方が出てきますから、そう言ったのだと思います
批判派はこれを「変な日本語表現」だと述べています
「生まれてきてありがとう」…これについてですが、そうですね…正しく書くのなら「生まれてきてくれてありがとう」になるのだと思います
「生まれてきた」のは愛子さまで「ありがとう」と述べるのは雅子さまなのは一目瞭然なので突っ込むほどでもないのではないかとは思うのですが、「くれて」が入るのが正しいのではないでしょうか
私には「生まれてきてありがとう」でも十分わかるし、突っ込むほどにはいたらないのですが、例えば「買ってきてありがとう」とか「持ってきてありがとう」「心配してありがとう」などはおかしな気がします
皇室は一般の人とはずいぶん違った話し方をするなあというのが私の印象で、私がていねいに話さなければならないとしても、あそこまでには至らないでしょうし、正しい日本語・敬語・尊敬語・謙譲語を話すべき立場にあるのだと思います
そういう意味で、雅子さまが「生まれてきてありがとう」と言ったことがふさわしくないと言われるのでしょう
小さなことではあるものの、そういう「詰め」が皇族には求められるのかも知れません
私はこの会見のときに印象に残ったのが、雅子さまの声が震えていたことで、愛子さま誕生に対しての雅子さまの気持ちがひしひしと伝わってくるのを感じました
あのときの雅子さまは、愛子さまを授かった喜びに満ちあふれ、そしてたぶん愛子さまを授かるまでの長い苦しみを振り返り、こみ上げてくる感情を必死に抑えて語っていたように思います
批判派にはそちらよりも正しくない日本語が印象的だったのでしょうか
こういう思いの中でちょっと言い間違えたことなど、大したことではないと私は思うのですが…
こちらも粗探しのように思えてなりませんが、間違っているかどうかという観点においては、「生まれてきてくれてありがとう」が正しいのだと思いますし、雅子さまもそう述べるべきであったと思います

「生まれたての子供」…これについては私は何の問題もないのではないかと思います
何がいけないのでしょうか…生まれたての赤ちゃんならよかったのでしょうか
細かいツッコミですが、子供と称したとき、どの年齢が含まれるかはそのときに応じてさまざまです
大人に満たない年齢すべてが子供と称されることもありますし、もはや乳幼児ではない小学生くらいの年齢の子たちが「子供」と称されることもあります
それに、「子供」というのは単に年齢でカテゴライズされるものではなく、その人にとっての「子供」はいくつになっても「子供」なわけです
私の母にとっては私はいつまでも「子供」ですよね
雅子さまの言う「生まれたての子供」の「子供」は自分の子供という意味で使ったのかも知れません
っていうか、ほんとにあほらしくなってきますね…
批判派はこの表現がどういう点においておかしいのかを述べていないので、この事件名だけではよくわかりません
中にはこと細かく書いてある事件もあるのに、ときどき「なんのこっちゃ」と言うような事件名が一行だけ書いてあって終わり…という事件もあるのはなぜなんでしょうか
批判するからにはきちんと何がどう批判に当たるのかを述べてもらわないと、こちらも意見が述べられず中途半端な気がします
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは
愛子さまが4ヶ月の時の会見だったんですね。

何度か、この会見をテレビで見ましたが、感動的と思っただけで、言葉がおかしいなどと思いませんでした。

雅子さまが「生命の誕生…」と言い涙ぐまれた時に、皇太子さまが雅子さまの、お手をとんとんといたわるようにさわられましたよね。

その意味は「もう話さなくていいから…」という意味だと思っていました。

その後も雅子さまは、発言されていたんですね。

きっと感謝の気持ちと感動で気持ちで、いっぱいになっていたんでしょうね。


私なんか、もっと変な言葉を使いますし、子どもの連絡帳を書くのも、辞書や携帯で漢字を確認したりよくします。

それでも、後から読んでみて漢字が間違えている事もあり、先生はなんと思ったろう…なんて恥ずかしい思いもしていますよ。
ひなさんへ
コメントありがとうございます
私もこの会見は、雅子さまが涙ぐんで言葉に詰まったというのが印象的で、そこに注目が集まっていた気がします
テレビのキャスターか誰かが、「皇族の方がこのように感情を表に出されて涙ぐまれるのはあまりない」といったようなことを述べていたように記憶しています
たしかにそうだなあ…と私も思ったのですが、皇族は感情を表に出してはならない存在だったとしても、堪え切れない思いがあったのだろうなあと感じたものです
そういうこみ上げるものを必死に堪えての会見で言葉のいい間違い(ってほどでもないと思うんですけど)があったことくらい大目に見てやってほしいなあと私は思ってしまうのですけどね…

私事ですが、このあいだ人前で挨拶しなければならなくなり、大した挨拶にも関わらず自分でも何を言っているのかわからなくなってしまいました
まだ11月も初旬だったのに、最後は年末の挨拶になってしまって、自分でも大ウケでした
人前で話すってたいへんですよね…皇族たちは慣れているとは言っても、言葉遣い・感情を出しすぎないなどなど気にしなければならないこともたくさんありそうですね
No title
雅子様はやはり愛子様を産んでいた。そしてたいへんまじめで、いちいち人の言葉が気になる人だと分かりました。愛子様がじへいとわかってどれだけショックをうけたことでしょう。本当にこの結婚はやめておいた方がよかった。デートの最中に何発かおなら?呂任睛遒箸靴胴賃聖劼鬚△?蕕瓩気靴燭蚓匹?辰燭任垢諭?任癲△海Δ覆辰燭?蕕發?妬覆ぁ△海譴?蕕匹Δ垢襪弔發蠅任垢?

No title
でもして皇太子をあきらめさしたらよかったのに。こうなったらもうしかたない、これからどうするつもりですか?
No title
すいません、おならの絵文字を入れようとして失敗しました。雅子様と違ってお育ちがわるいもので、こりゃこりゃ失礼いたしました。
こんにちは
この時の雅子様の涙は、とても印象的でした。流産以来ずっと暗い表情が多く感じられたので、これからはきっと明るくお過ごしになるだろうと感じた涙でした。とてもお幸せそうにみえましたので、それだけに数年後長期静養されることになろうとは思いもしませんでした。

言葉について皇室の皆様はいつも注目をされますね。婚約会見時も雅子さまがお話になった時間は皇太子さまより多かったという報道をみて驚いたものでした。言葉もかなり厳選されたものにしなけらばならないのでしょうね。

ただ雅子さまのすべてを否定してしまうような論調には賛成できません。両陛下や皇太子さまが雅子さまを温かく見守られている以上、ただ雅子さまを責めても何の問題の解決にもならないと思ううからです。
なるべく冷静に考えていきたい雅子さま問題です。

yukiさんへ
コメントありがとうございます
記事にも書きましたが、皇族がこのように感情を表に出すことはとても稀だと思います
そこに堪えられない思いがあるのだなあと私も感じました
私は自分が2人目不妊を経験したことから、雅子さまが愛子さまを出産した後に適応障がいになってしまったのもわかる気がします
1人生んでいると、2人目も生めるはずだと人々は思ってしまうところがあるんですよね
実際、愛子さまが誕生した直後から次のお子様のことをまわりは強く求めていたように思いました
愛子さまが生まれるまで8年…そこまで苦労しても生まれてきた子が男子でなければ、「次のお子様」を当然のように求められてしまうのではないかと思います
雅子さまも2人目を考えていたのでしょうけれど、また女の子だったら、今度は3人目を求められることになるでしょうし、お世継ぎ問題から解放される保証はないわけですよね…
私はそこに雅子さまの適応障がいの原因があるんじゃないかと思っています
妊娠って本当に不思議なもので、1人目をなかなか授からなかった人が、2人目・3人目はぽこっぽこっと授かったりもするし、1人目をなんなく授かった人が2人目はなかなかできないということもあります
1人目も2人目以降も悩むことなく授かる人もいれば、1人目も2人目以降も長い不妊治療の果てにやっと授かるという人もいますから…

皇族の言葉はたしかに注目されますね
あまり発言の機会がないからというのも大きな原因かも知れません
雅子さまの発言を見ていて、私は悪気というか、意図的なものは感じないのですが、「あえて言わなくてもよかったのではないか」と思うものはあります
とは言え、ここまで批判されるには至らないのではないかと思っています
雅子さまが抱えている問題は雅子さまだけでなく、皇室そのものが抱えている問題でもあると思います
特にお世継ぎ問題・精神的な病いは雅子さまに限ったことではありません
冷静に考えていきたいと私も思っています
No title
よほど寂しいし、自分の事を分かってほしいのだね。
まさか、雅子さんがプログを開いているとは思わなかったよ。まさか、まさかの人生だね。

木を見て、林を見て、森をみる。森を空からみる。さらに、上空から地球を見る。日本が見える。東京が見える。皇居が見える。東宮が見える。あっ、雅子様が・・って感じかな。
10/11/13 09:11にコメントいただいた名無しさんへ
コメントありがとうございます
あの…もしかしてこのブログは雅子さまによるもの…つまり管理人は雅子さまとお思いでしょうか
それとも他のブログのこと?
ちょっとよくわからないんですけど…
でも、そういう書き込みを他でも見たことがあります
雅子さまがコメントしているとか、雅子さまの妹がコメントをしているとか…
その可能性がまったくないとは言えないんでしょうけど、そう断定できるのはどうしてなのかと日頃から疑問に思っていました
単に雅子さま擁護の内容を書いただけでそうなってしまっている気がするのですけどね…
No title
みえるからだよ。離婚したほうがいいよ。
国民の税金を無駄遣いしないでね。
あいさつするのは当たり前。国民の税金で生活してるから国民の方が偉いのさ。
雅子には悪霊がついてるよ。
愛子様には水俣の霊がたくさんついてるの。
だから水を怖がるのさ。
供養してあげてほしいな。
そして、自閉症の子供たちの所に行ってボランティアしてみては?
このままだと地獄に落ちちゃうよ。
もう、手遅れかもしれないけどね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。