スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
情報源は「週刊新潮」2000年6月8日号に掲載された記事とのことです
長い記事なのですが、引用します

雅子妃殿下(36)がゴーゴーを踊られた。ロックのリズムに身を乗せて、軽やかに、楽しげに。去る5月28日に行われたテニスクラブのバーティーでの出来事だが、見ていた参加者もビックリ仰天。そのご様子からは「妊娠」はまだ…。
 東京・港区南麻布の一等地にある「東京ローンテニスクラブ」は、1900年に創設された日本最古の名門テニスクラブ。名誉会員に天皇皇后両陛下、皇太子ご夫妻など皇族方が名を連ね、一般会員にも各国の駐日大使や旧華族、有名企業のトップなど紳士淑女がズラリと並んでいる。
その名門クラブの創設100周年の記念行事が、この5月26日から3日間にわたって催された。皇太子ご夫妻が揃ってクラブハウスにお姿を見せたのは、最終日の28日。日曜日の午後6時過ぎだった。
「今回の記念行事は、26日にクラブでのカクテルパーティー、27日に東京湾でクルーザーを借り切っての洋上パーティー、そして28日に、またクラブで最後の“お名残りパーティー”が行われたのです」
と、さる女性会員。
「でも、両陛下はど訪欧と重なっていたし、皇太子ご夫妻も最初の2日間はお見えにならなかったので、もし最後の日にでも来てくだされば、こんな光栄なことはないと内輪で話していたんです」
それだけに、当日ご夫妻が突然、会場に現れると、参加者たちは大感激。さる古参会員も嬉しそうにこう話す。
「いわゆる、お忍びでお見えになったわけですが、私たちも直前まで知らされていなかったので、そりゃ大喜びでした。あの日の参加者は日本人が約200人で、外国の方が40人ぐらいですか。拍手でお迎えしましたが、皇太子殿下はスポーツシャツにジャケット、雅子様もブラウスにスポーツジャケット、それにやや短めのベージュのスラックス姿でね。それがまたファショナブルに決まってました」

リズム感はなかなか
日本酒で乾杯後、バイキング形式の食事を楽しみながら歓談に加わったお二人は、くつろいだ雰囲気の中、始終ご機嫌のご様子だった。
「皇太子殿下自ら、列に並んで雅子様のためにローストビーフをお取りになったりされましてね。殿下は学習院のご学友、雅子様は外国の方と主にお話をされていたようですが、そのうちコートでは19世紀末のコスチュームでテニスの試合をする余興なども始まって、ますます盛り上がっていきました」(古参会員)
で、やがてダンスが始まった。会場では、カントリーウェスタンの生バンドが演奏していたが、最初はクラブハウスの中から屋外のコートまでつながった輸が出来て、みんなでフォークダンスのようなものを踊っていたという。
別の男性会員が語るには、
「あれは何と言うのかな。前の人の肩に手を置いて、ぐるぐる回る踊りですが、ご夫妻も笑いながら参加されて、ワイワイやっていたんです」
と、今度は曲調がガラリと変ってディスコ風のロックが演奏され始めた。さすがに年配者はこれには加わらなかったが、外人会員たちがそれに合わせてゴーゴーダンスを始めると、皇太子ご夫妻もその中に入っていかれたという。
「その時は、もうみんなビックリしていましたよ。確かプレスリーの曲だったと思いますが、とにかく会場がちょっとしたディスコのようになったんです。そこに雅子様が飛び入りされて、激しく踊っておられるんですから、まず前代未聞でしたねえ。リズム感はなかなかでした。殿下も一緒に踊られましたが、それはまあ、雅子様の方が格好はよかったですね。やっぱりお若いんだなあと思いました」
そんなダンスは5分近くも続いたが、同時に、見ていた参加者の間からは「お喜びの日はまだ先になりそうだ」という囁きも聞かれたという。
「先日も、一部のマスコミに雅子様に「ご懐妊」の兆しだの「マスコミはすでに厳戒体制」だのと全く根拠のない記事が書き立てられたばかりでしょう。ご夫妻は予定をオーバーして午後9時前まで、3時間近くも楽しんで帰られました。でも、ゴーゴーを踊る元気な雅子様を見て、私たちは嬉しかった。まだしばらくの間は静かに見守ってさしあげたいですね」(女性会員)


私としては、このような記事をすべて引用するのは本当に馬鹿馬鹿しいとは思うのですが、要所だけを抜き出すのが難しい記事だったので全文引用しました
ゴーゴーダンスというのを私はよく知らなかったのですが、私のイメージでは脚を上げずにその場駆け足をするようなかんじの踊りなのですが、合っているでしょうか
それはさておき、この記事の内容は「だから何?」という一言に尽きます
この記事のタイトルは「雅子妃「妊娠」どころかゴーゴーダンス熱狂」ですが、なぜ妊娠とゴーゴーダンスが比較的に書かれているのかよくわかりません
雅子さまは妊娠をするためにゴーゴーダンスなど躍っている場合ではないと言いたいのでしょうか
それから批判派がつけた事件名は「2000年5月28日、大好物の外国人と肉が用意されている東京ローンテニスクラブのパーティーに夫婦でドタ出参加、ゴーゴーダンスに熱狂36歳事件」です
こちらも毎度のことながら思い込みの激しいタイトルですね
くだらないと思いながらも突っ込んでみたいと思います
「大好物の外国人と肉」などとありますが、日本人200人に対して外国人は40人ですから、外国人だらけだったってわけでもないと思いますね
それに、食事はバイキング形式だったそうですから、いろんな料理が並んでいたはずです
肉ばっかりだったわけではないと思います
それに、雅子さまが外国人と肉が好きなどという決めつけに呆れます
次に、ドタ出とのことですが、皇太子夫妻はお忍びで参加したわけですから、知らなかったのはこの記事の情報を提供した誰かもわからない女性会員なわけで、みんなに知らせていたらお忍びにはならないし、プライベートで参加したわけですから、「いついつお出ましになりまする~」などと報告する必要はないのだと思います

それで…肝心の記事の内容ですが、まあたしかにゴーゴーダンスというとちょっとはじけたイメージはあるものの、相当に盛り上がってみんなが羽目を外していたというかんじでしたから、いいんじゃないの?と私は思いました
19世紀のコスチュームでテニスをしたり、フォークダンスを躍ったり…内容からして「ジェンカ」かな?
このときばかりは年齢や肩書きを忘れて子どものように心から楽しんでいるような、そんなかんじがします
こんなふうにお忍びで訪問した場所でも注目を浴びてしまうし、こんなふうに記事になってしまうし、皇族はたいへんだなあという思いを抱きます
こういった「お忍び」で「無礼講」の場でのことは、その場でのこととしてこのようにマスコミにリークせずにいてあげればいいのになあと思います
情報提供したある女性会員が「まだしばらくの間は静かに見守ってさしあげたいですね」と言うのなら、マスコミにいろいろしゃべらないほうがいいんじゃないでしょうか
それに、雅子さまたちがゴーゴーダンスを躍ったのは、場を盛り上げるという気遣いでもあった気がします
躍る人がいなければ場は盛り上がりませんし、実際それまで躍っていた年配たちは踊りをやめてしまったわけですから、このような場で自ら躍ってもかまわないんじゃないかと私は思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは
しばらく考えてから書き込みをしようと思いました。

ローンテニスクラブ…高級テニスクラブで有名ですよね。
きっと、お金持ちだけでは入会できないようなセレブ感あるテニスクラブなんでしょうね。

記者とどんな質疑応答があったのかわかりませんが、ご懐妊はまだ…とか余計なお世話ですよね。
ひとこと多かった気がします。

最初にこの記事を見た時は「これがどうして事件になるの」と疑問に思いました。

私は英語が苦手で会話なんかとても出来ないので外国人に話しかけられたらどうしようとか避ける行動をとると思います。
だけど英語がペラペラなら自ら話しかけるでしょうね。

その違いだけで雅子さまが外国人が大好きというわけでは無いと思います。
日本語は敬語などあり面倒ですもんね。


ゴーゴーダンスの件ですが、しばらく考えて、やはり踊るべきではなかったと思います。

これは雅子さまを批判したくてではありません。
やはり皇太子、皇太子妃としては、相応しくない行動だと私は思いました。

私が仮に皇太子妃なら踊らないと思います。

ダンスがいけないという意味では無く、学校の運動会などのダンスに参加したり慰問先の施設で踊りに加わったのなら批判はされないでしょうね。

会員の皆さんは羽目を外していたんでしょうし、輪に加わらないとしらけムードを作ってしまうかもしれません。


でも、皇太子さま、雅子さまは国民では無く戸籍がないわけですよね。

一般人と身近に接しすぎるのも私は否定的な考えです。


美智子皇后が、試合の会場でウェーブに参加されましたよね。

天皇陛下にひとこと断ってからウェーブに参加されましたが微笑ましい映像で批判はされませんでした。


でも昭和天皇がご存命の時、美智子さまが皇太子妃の時代だった時(30代)だったら私はウェーブには参加されなかったと思いますし、もしかしたら批判されていたかもしれないなぁと思っています。


どうしても皇太子さまと2人だけで行動されると羽目を外してしまいがちになると思うんですけど
いつも皇太子妃という事を意識し自覚をしていれば批判的に思う人は少なくなるように私は思います。


ひなさんへ
コメントありがとうございました
そうですね…ひなさんのおっしゃることはもっともだと思います
いくらみんなが羽目を外していたとしても、皇太子・皇太子妃という立場にある以上、ゴーゴーダンスはふさわしくなかったのかも知れません
私が皇太子妃でも踊らないと思うのですが、それには私自身が踊るのがあまり得意でないというのもあるし、ゴーゴーダンスを踊ったらマスコミにいろいろ書かれるだろうなあという思いがあるから…という気もします
ただ…こういった限定されたセレブの人たちのパーティに置いて、参加者のほとんどがふだん肩書きに縛られてそれ相応の行動が求められている状態で、こういった無礼講のパーティくらいは羽目を外させてあげたいと思ってしまうんですよね
このような情報をマスコミに流す参加者がいることが私はどうなのか…と思いました
皇室に嫁いだら東宮御所の奥の奥のプライベートスペースだけが唯一のプライバシーが保てる場所なのでしょうか
でも、ここでのことが週刊誌に書かれたりしたとも聞きますし、となると、プライバシーが保てる場所など雅子さまにはないのかも知れません
皇太子妃ということの自覚…それはすなわち己を殺し封じ込め、ほほえんで手を振り、夫の横に黙って寄り添っているということなのでしょうね

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。