スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
これも一行だけ「皇太子傘さし事件 」と書かれていただけで、いつのことなのか、どういった状況だったのかなどの記載がありませんでした
念のため「皇太子 傘」で検索したのですが、詳しい情報は見つからず…でした
皇太子さまが雅子さまに傘をさしてあげた…ということなのでしょうか
もしかしたら雅子さまは愛子さまを抱っこしていたんじゃないかとも思います
信憑性を問うほど大したことではないので、事実だったとして述べたいと思います
夫が妻と子供に傘をさしてあげることは別に問題だとは思いません
それよりも、傘をさしてあげる皇太子さまのやさしさを感じるのではないかと思います
映像や写真を見ていないので、どういう状況だったのかわかりませんが、私はほほえましい一コマを想像しました
しかし、なんといっても皇太子さまですから、どういう状況であろうと皇太子さまに傘をさしてもらうのは皇室ではタブーなのかもしれません
皇室では夫に対して妻が深々と頭を下げてお出迎えしたりお見送りしたり…という場面が多くありますが、一般家庭ではあんまりありませんから、一般家庭の感覚で考えてはいけないことなのかもしれません
でも、いくら日本の古い伝統を継承する家である皇室だとしたって、傘をさしてあげるくらいのことがあっても批判になるほどのことではないと思うんですけどね…
もし雅子さまが愛子さまを抱いているなどして自分で傘をさせない状況だったのなら、おつきの人たちがするべきことだったのでしょうか…でも近くに皇太子さまがいるときにお付きの方がしゃしゃり出てくるのも何だか不自然な気もします
雨に降られている雅子さまがそばにいるのに皇太子さまが傘をさしてあげずにいたらいたで「皇太子夫妻不仲説」なんかが流れそうですけどね
雅子さまが皇太子さまに傘をささせたのではないでしょうし、皇太子さまが自発的に傘をさしてあげた…それだけのことだったように私は思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは
今日は、風が冷たく手がかじかんで携帯で文字を打つのも一苦労です。

私も微笑ましい事だと思います。

昔では考えられなかった事なのかもしれませんが、このような変化は素敵な事だと思います。

ひなさんへ
コメントありがとうございます
冬本番という気候になってきましたね
私も朝は膝掛けが手放せません
この傘の件、私にはそれほど問題になることには思えませんでしたけど、目上の人に傘をさしてもらうこと自体いけないことだと考える人にとっては「事件」になりうるのかも知れません
具体的にどうすればよかったのか…と考えるのですが、雅子さまが傘を拒否すれば皇太子さまの立場がなくなるし、皇太子さまが傘をさしてあげなければ皇太子さまがやさしくない印象になるし、私はこれでよかったのだと思います

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。