スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今回はいつもの雅子さまに関する話題ではなく、先日発表された英国のウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの婚約について少し述べたいと思います
以前に辛酸なめ子さんと竹田恒泰さんの書いた「皇室へのソボクなギモン」を読んだときの感想を記事としていくつかアップしましたが、その中の「ヨーロッパの王室の結婚について」という記事にウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのことを少し書きました
そのときの内容を抜粋します

ヨーロッパの王室というのは、他のヨーロッパの国の王族と結婚することを前提とした仕組みになっているそうです
それには、勢力を拡大するとか政治的な意味合いがありますが、身分が違うのでその国の民間人とは結婚することができないのだそうです
そういえば…昔読んだ「ベルサイユのバラ」でも、マリーアントワネットはオーストリアの王室からフランスの王室へと嫁いでます
今の英国王室のエリザベス女王の夫もギリシャ王室出身です
自国民と結婚した王や女王は基本的にはいない…もしするときには王位継承権を放棄しろということになってくるとの竹田恒泰さん情報です
王や女王にならないであろう人…第3子とか…は民間人とも結婚しているのでしょうかね…調べたらわかりそうですけど、時間がかかりそうなのでここでは割愛します
それで…英国王室のダイアナ元妃なんですが、彼女は貴族の出身で、父親がスペンサー伯爵でした
他のヨーロッパの国の王族出身じゃなくても自国の貴族の出身なら結婚してもいいということなのでしょうか
ウィリアム王子の恋人ケイト・ミドルトンさんは裕福な家庭ですが労働者階級出身で、階級差があるため、将来の王妃にはふさわしくないというメディアからの激しいバッシングがあったらしいし、またエリザベス女王からも意見があったようだと竹田さんは述べていました
王室とマスコミが徹底的に反対するところをみると、将来ウィリアム王子が王族・貴族以外と結婚することはかなり困難なのではないかと竹田さんは述べているのですが、このあいだ新聞でウィリアム王子が結婚間近…という記事がありました
こういう報道記事は当てになるのかどうかはわかりませんから、これを鵜呑みにするつもりはありませんが、これから一体どうなるんでしょうか
けっこう長いあいだつきあっているし、私は結婚するんじゃないかなあと思っていますが、身分の差が立ちはだかってダメになってしまうのでしょうか…


この本の情報で竹田さんが語っていることによれば、ケイト・ミドルトンさんは労働者階級出身で階級差があって、ウィリアム王子とは結婚できないとのことでした
自国民と結婚した王や王女は基本的にいなくて、もし結婚したいときには王位継承権を放棄しろということになる…と竹田さんは述べていましたが、今回ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんが婚約したと聞いて、「あれれ?」と思いました
ケイト・ミドルトンさんと結婚することでウィリアム王子が王位継承権を放棄…などということは聞かれていません
竹田さんの言っていることが間違っていたのか、それとも新しい英国王室の幕開けなのか…ニュースで見る限り、今回の婚約は英国の国民たちに自然な流れとして受け止められているように感じました
私は英国のことはあまりよくわからないので、貴族と労働者階級の身分の差がどれほどのものなのかわかりません
この本で竹田さんが言っていることを読んで、「へーそうなのか」とは思いながらも「ほんとにそうなのかなあ」とも思ったのですが、実感としてはわかりませんでした
今回婚約したと聞き、こちらのほうがより自然で無理がないように思いました
将来王となる人と結婚するからには、それなりの気品なり器量なり血筋なりが求められるのでしょうけれど、今どき身分の差がどうのこうの…というだけで結婚できないっていうのはひどく時代錯誤だと私は思います
ケイト・ミドルトンさんは労働者階級ですが裕福な家庭に育ち…ということはニュースでも耳にしましたが、労働者階級出身であることが結婚の障害になったようには私には感じられませんでした

ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのことはずっと注目して来たわけではなく、ニュースなどでちょろっと耳にする程度だったのですが、今こうして皇室についていろいろ書いている者として、ウィリアム王子たちのように、より自然な形で交際をし、結婚相手を選んで行ける状態にあることを、日本の皇族と比べてうらやましく思います
日本とは文化も価値観も違いますし、一概に比べることはできないとは思いますが、今の皇室はやっぱり不自然だと思います
結婚相手が初恋であるほうがよいとされ、初めてつきあう異性であるほうがよいとされ、結婚相手や交際相手は極秘として扱われているし…
自由恋愛をしろ、婚前交渉をしろというわけではないのですが、さまざまな人間関係を含めて、特定の人と親しくなることは大きな勉強になると思います
まして、将来天皇になる立場ならば、人の立場を思いやる気持ちは必要ですし、いろいろな人と接していろいろな感じ方をして、よりよい人間関係を育んで行く必要があると思います
かつて今の皇太子さまが小学生だった頃、クラスの名簿順にクラスメイトを御所に招待したという話がありましたが、それが「誰に対しても平等に接する」ことだとはとても思えません
平等に接するという意味をはき違えているように思います
友人にしろ恋人にしろ、自分と似た人と近づいたり、理由もなく親しくなったり…意地悪や仲間はずれ、時に裏切られ…そういった人間関係を経てこそ築き上げることができるものってあると思うんですよね
今の皇族は、特に皇太子さまのような立場の人はそれが難しいのだと思います
それって人との関係を築くにおいて大きな障害にならないんでしょうか
週刊誌経由ですが、愛子さまは特定の友だちと仲よくなり、プライベートでも会ったりしているようで、そのことに対する批判もちらほら聞きますが、形としてはこのほうが自然だと思います
こどもの頃は特に、人間関係の基礎みたいなものを経験すると思うのですが、例えば、ときには仲間はずれにされたり、いじわるをしたり、行き過ぎると問題になることではあるけれど、多少なりこういう経験をすることが必要ですよね
もちろん英国でもウィリアム王子はプリンスとして扱われて来た部分はあると思うし、マスコミの注目度も半端ではなかったはずです
でも、そうでありながらもより人間的な生活は許されているように思います
プライベートで旅行した先でプロポーズと聞き、日本では皇族がプライベートで旅行することもなかなか難しいですし、ましてや恋人との旅行なんて無理っぽいです
皇室を見ていると、今の天皇陛下や皇太子さまは、幼少期から思春期にかけて、決定的にどこか孤独を感じていた気がします
それが人間形成に影響を及ぼさないわけはないですよね
皇族という立場上難しいことであるのはわかりますが、もう少し自然に人間関係を育めるような環境づくりをしていってあげたらいいのではないかと思いました
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
No title
そうですね。学校は人間関係を学ぶ場でもあります。いじめたりいじめられたりはしょっちゅうある出来事です。
でも東宮はわかってないでしょう。
堂々と「怖い子どもがいるから学校に行けない」って発表したじゃないですか。
特定のお子さんを招待するか、平等にみんな招待するかどうかはどちらがいいか、そのお子さん、親や親の性格によると思うので、何とも言えないけど、小学生の間は幅広いおつき合いがいいんじゃないかな、と思うのが私の考えです。
こんばんは
ウィリアム王子のご婚約、とてもおめでたいですね。
幼少の頃から寂しい思いをしてきたウィリアム王子ですから、これからは是非、幸せになっていただきたいです。

英国も不景気ですから地味婚になると思いますが挙式してからが結婚生活のスタートですから、私は地味な結婚式でも問題にはならないと思っています。

竹田さんは保守的な方ですから、こうあってほしいと願っていたのかもしれませんね。

でも、お二人を拝見してとても幸せそうで私は好感がもてました。


皇太子さまも自然にご学友と付き合っていきたいと思っていたと思います。

でも、仲が良すぎると、あらぬ噂などされ、周りの方も遠慮されていたのでしょうね。

その点、雅子さまは、自然に接してくれた、その事が皇太子さまは、雅子さまに好印象をもたれたのでしょうね。

天皇陛下は、若い頃にご成婚され、幸せな結婚生活だったと思われますが
皇太子さまは、ご成婚も遅かったですし、孤独感は相当なものだったと思います。


雅子さまにプロポーズされ、すぐに会見で婚約を発表されましたが、年齢の問題もありましたが、恋人時代の楽しさを体験したりなど、もっとあっても良かったのではと思ってしまいます。


ルビーさんへ
コメントありがとうございます
いじめにもいろいろな種類があると思います
子供同士のちょっとした仲間はずれや意地悪のようなもの…一時的なもので継続しないものなら大人が口を出さずにいてもいいとは思いますが、たわいのないことでも継続的に行なわれたり、一言や一度の行為でもひどく傷つけるようなものであったりした場合には、大人の手助けが必要になるのではないでしょうか
世間でもいじめを受けて自殺をした子どもたちのことが問題になっていますが、それらは間違いなく大人の手助けが必要であったと私は思います
今回の愛子さまの問題は、いじめの詳細が明らかになっていませんから、どのようなことが行なわれたのかはわかりません
私が想像するに、愛子さまへのいじめは雅子さま批判の内容が含まれていたのではないか…と思います
これだけ世間で雅子さま批判が謳歌している中で、分別のあるべき大人が情報源の信憑性を問わずにあれこれと都合のいい方向にものごとを捉え、雅子さまだけでなく愛子さまや皇太子さままでをも批判の対象にしているわけですから、そういう大人の言ったことを聞きかじった子供が愛子さまに同じようなことを言った可能性も私には十分あり得るように思います
あくまでも私の想像ですから、実際にはどうなのかはわかりません
でも、もしそうなのだとしたら、自分自身のことでいじめられるよりも、自分の身近な人のことを悪く言われたり引き合いに出されたりするほうがダメージは大きいのではないかと思います
東宮が堂々と「怖い子どもがいるから学校に行けない」と発表したとのことですが、そんなふうに発表したでしょうか
ルビーさんがそういう意味に受け取っただけではないかと私は思います
実際に「怖い子どもがいるから学校に行けない」という言葉が発表されたわけではないのなら、ルビーさんのおっしゃり方は誤解を生じると思います
東宮がなぜわざわざこのことを発表したのか…も批判の対象になっていたように感じましたが、私が思うに、もし発表せずに愛子さまの不登校が始まったら、マスコミは必ず嗅ぎつけ、あることないこと想像して書き立てるのはわかっていたことでしょうし、でしたらそうなる前に発表しておいたほうがよいのではないか…との配慮から発表に至った可能性もあるのではないかと私は思います
これも想像に過ぎませんからわかりませんけど、憶測を呼ぶのを避けたくて発表したことが思いのほか大事になってしまった…というのもあるかもしれません

小学生のときの子供のおつきあいに関する思いは人それぞれですから、「こうでなければ!」という答えはなかなか出せませんね
私の経験でも、自分の子供を見ていても、小学生でもすでに特定の仲良し友だちがいるのがごく自然だと感じますし、そういった子とより仲よく過ごすことが子供にとってためになることになるのではないかと思っています
ひなさんへ
コメントありがとうございます
私もテレビでウィリアム王子とケイトさんの婚約会見を少し見ましたが、長年つきあってきた末に結婚を決めたというのがよくわかりました
2人がお互いを知りつくし、信頼しきっているように感じました

竹田さんがあのように書いたのがもしこうあってほしいと願ってのことだったのなら、あのような断定的な書き方は避けるべきだったと思いますね
竹田さんは旧皇族出身だし、著書もある人ですから、書く内容には責任を持つべき立場にあると思います

皇太子さまの場合、会見のたびに結婚について聞かれ、結婚相手について聞かれ、うんざりしていたのではないかと思います
結婚って、ふつうはとてもプライベートなことですが、皇太子さまの場合、とてもプライベートなことが同時に公的なことでもあるわけで、難しいですよね
そういう中で結婚相手を探せと言われても、出会いの場もなかなかないですし、すぐに噂を立てられたりするでしょうし、勝手にお妃候補は誰だとかなんとか…と決めつけられていましたし、身動きが取れなかったのではないかと思います
ひなさんがおっしゃるように、皇太子さまが雅子さまに惹かれたのは、雅子さまが皇太子さまをあまり皇太子扱いせずに自然に接してくれたから…というのはたぶんあるだろうなあと私も思いました
ふつうだと皇太子さまの前でみんな緊張して会話もろくに成立しなさそうで、皇太子さまのほうから気を使ってあれこれ話題を振ったりしなくちゃならなそうですけど、雅子さまは自分からどんどん話をして、時には冗談も言ったり…といった感じだったんじゃないかなあ…と想像していました

これは皇太子さまと雅子さまだけではなく、日本の結婚した夫婦にも言えることですが、日本の場合、結婚してからわかったことが多い気がするんですよね
「こんな人だとは思わなかった」とか「こんな癖があるなんて…」とか…
もちろん外国でも多少はあるでしょうし、長くつきあってても結婚して初めてわかることもあるとは思うのですが、日本の場合はさらに多そうな気がします
欧米ではつきあいだしてから会話が増えるけれど、日本ではつきあいだすと会話が減るのだそうです
結婚したらますます会話が減りそうな気がします
ちょっと話がずれてしまいましたが、皇太子さまや雅子さまにもっと時間を与えてあげられればよかったんじゃないかと思いますね
もっとお互いのことをよく知って、いろいろ話して、たくさん会って、お互い納得して一緒になりたくて結婚…という形になるのが理想ですよね
皇族との結婚ではそういう過程を踏むのが難しいのでしょうけど、特殊な環境に入ることになる皇族との結婚だからこそ、より時間が必要でしょうし、よりお互いを知る時間も必要とされるのではないかと思います
ルビーさんへ(先のコメントの訂正)
×これだけ世間で雅子さま批判が謳歌している中で
   ↓
○これだけ世間で雅子さま批判が蔓延している中で

に修正します
正しい日本語を心がけております!
No title
>日本の皇族と比べてうらやましく思います日本とは文化も価値観も違いますし、一概に比べることはできないとは思いますが、今の皇室はやっぱり不自然だと思います

本当に、仰るとおりですわ。


【ロンドン=伊東和貴】「次の英国王には、チャールズ皇太子(62)より長男のウィリアム王子(28)がふさわしい」――。英紙サンデー・タイムズが21日付紙面に掲載した世論調査で、恋人ケイト・ミドルトンさん(28)との結婚が決まった王子を次の国王に望む声が56%に上った。

 王子は王位継承順位では2位。しかし、調査によると、44%が「皇太子は王子に国王の座を譲るべきだ」と回答。約3分の2が、王子と「庶民」出身のケイトさんの結婚が「王制が現代社会に適応するのに役立つ」と答えた。

以上
asahi.com/ニュース/国際/ヨーロッパ/記事/2010年11月23日11時54分
『婚約・ウィリアム王子人気? 国民の半数「次の国王に』より引用詳細は下記のページ
http://www.asahi.com/international/update/1122/TKY201011220342.html

この記事のように、
日本のメディアも世論調査をして、国民の声を問うべきですわ!
英国の王室
ケイト・ミドルトンさんが王子の妻に相応しくないのは明らかです。
彼女自身のせいではないので可哀相な言い方ですが、ビジネスの成功で現在ご両親が経済的に豊かでも、お家柄が普通以下では、将来的に本人が困る事になります。

英国人は階級意識よりも、宗教やユダヤ人に抵抗があります。
幸い彼女はイギリス国教会信者として育ったようですからいいのですが、ことによってはウィリアム王子が王位継承権を放棄せざるをえない事態に成り兼ねません。
生粋のイギリス人で伯爵令嬢だったダイアナ妃とは違うのです。
ウィリアム王子は、御祖母様の女王陛下に「僕を公爵にしないで欲しい」と頼んだそうです。彼は今はプリンスオブウェールズ(皇太子)の息子なのでウィリアム・ウェールズ王子と呼ばれますが、大人になれば(結婚した場合も)クラレンス公となるはずです。妻はクラレンス公爵夫人です。ケイトさんのタイトルはダッチェスオブクラレンスです。(勿論プリンセスに含まれますが)。そして彼等が結婚して生まれた子供は、現時点では君主の曾孫でタイトルは無く「庶民」なのです。
ウィリアム王子はあくまでケイトさんを公爵夫人でなく、プリンセスキャサリンと呼んで欲しいらしいですが、女王陛下はそんな子供じみた要求に応えるのでしょうか?
タイトルは上の世代が代われば自分が上がります。彼は自然にプリンスオブウェールズになります。しかし英国民はケイトさんをコーンウォール公爵夫人と呼ぶつもりです。カミラ夫人のように。
ダイアナ妃の代わりになるプリンセスオブウェールズは国民が認めないのかもしれません。
久邇晃子さんへ
コメントありがとうございます
私はケイト・ミドルトンさんとウィリアム王子の結婚自体が許されないと思っていたので、結婚することになったことに関して「あれ?」と思いました
2人の結婚を認めるのは実質的には誰なのでしょうか
日本の皇室のような皇室会議があるのでしょうか
少なくとも国民が実質的に決めるわけではないのでしょうし、国民が2人の結婚を歓迎するかどうか…なのでしょうね
テレビでのニュースを見る限り、英国民は歓迎しているのだと感じましたが、日本と同様反対する人もいるのだとは思います
それにしても…日本では女性側の身分に関係なく天皇の子供というだけで皇位継承権が与えられるのに、英国では女性側の身分も重要視されるのですね
この点は日本との大きな違いだと思います
その分、日本では女性の立場がまだまだ低いものであると言えるのだと思います
久邇晃子さんの見解からすると、もしかしたらウィリアム王子は王にはならないかもしれない…ということなのでしょうか
世論のアンケートでは次の王はチャールズ皇太子ではなくウィリアム王子になってほしいという意見が多いと聞きますが、それは国民の意見ではないのでしょうか
英国王室のことはあまりわからないので、いろいろ教えてくださいませ
英国王室
王室はヘンリー王子が次の皇太子になってもいっこうにかまわないでしょう。彼については、チャールズ皇太子の子でないのではと言う噂もありましたが、ハリーの父親と噂された乗馬教師とダイアナ妃が出合った頃、既に彼は幼児でした。
似ていないと言うのは、ロイヤルファミリーを知らない人です。ハリー王子はクィーンマザーの実家ストラスモア伯爵であるバウエス=ライオン家の人達にそっくりです。
大きい御祖母様は、きっと可愛がっていらした事でしょう。
ダイアナ妃の結婚は、クィーンマザーと彼女の女官だったダイアナ妃の母方の御祖母様であるファモイ男爵夫人の間でお膳立てされたのです。自分の血縁を大切にされていたエリザベス皇太后でした。ダイアナ妃の姉セイラさんがマッココーデイル伯爵家に嫁いだのも、決められていたからです。(本当はセイラを皇太子妃に、ジェーンをその女官に、ダイアナはマッココーデイル夫人にするつもりだったのですが)。
さて、ケイトさんについての情報ですが、ミドルトン家は「庶民だか裕福だった」という事になっていますが、ケイトさんの父親の三代前は犯罪者でロンドンのハロウェイ刑務所(昔は男性も入っていた)に服役し、名前を変えて「裕福な階級」と記録を書き換えていたのです。

「第二のダイアナ妃を出したくない」と言うのは、ウィリアム王子に良家の令嬢や他国の王女をめあわせても、ケイトさんと付き合い続ける(カミラ夫人のように)と言う事ですね。
ですから、イギリスではケイトさんを将来コーンウォール公爵夫人と呼ぶかもしれないのです。
久邇晃子さんへ
コメントありがとうございます
英国王室のこと、よくご存知なのですね
ヘンリー王子のことは全然知らなかったし、疑問にも思っていませんでした
日本の皇室でも佳子さまの父親は高円宮さまなのでは…などと言っている人たちがいますが、それも何の証拠もなく、単にあまり母親に似ていないからというだけですよね
子供って必ずしも親に似るわけじゃないし、祖父母や曾祖父母に似ることもあるのはみなさんご存知のはずなんですけどね…

ケイト・ミドルトンさんの家のことも初耳ですが、それでも王室は結婚を認めたということには変わりないわけですよね
かつて雅子さまも母方の祖父がチッソの問題で皇太子妃候補から外されていたということもありましたが、それでも最終的には問題視されなくなったわけですし、犯罪者がいたというのはたしかに驚きですけど、どんな犯罪を犯した人がいたのかが気になりはするものの、王室は認めたわけですから、大きな問題ではないのではないかと思います
もしケイトさんがコーンウォール公爵夫人と呼ばれるのだとしたら、英国に対して保守的な印象を持ちそうです
ケイトさんとの結婚を許さなければ、ウィリアム王子は他の人と結婚しながらもケイトさんとの交際を続けて、まるでチャールズ皇太子とカミラさんのような関係になってしまうから、だからケイトさんとの結婚を認めた…ということなのでしょうか
身分ってそんなに大きなものなんでしょうかね…私にはよくわかりません

それから別の件ですが、以前皇太子さまが愛子さまを抱いて一般参賀に…ということをお聞きしましたが、それって事実ですか
いろいろ調べたんですけど、そういうニュースは見つからないし、画像も見つかりませんでした
もし事実なら今でもニュースや映像や画像が残っていてもおかしくないと思うんです
どうでしょうか

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。