スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
いつのことかはわかりませんが、当時高知県知事だった橋本大二郎さんがメルマガで証言したことだそうです
リンクが貼ってあったのですが、それは魚拓で、削除されたのか何も表示されませんでした
http://megalodon.jp/?url=http%3A%2F%2Fwww.pref.kochi.jp%2F~hisho%2Fchiji%2Fomoi-no50.htm&date=20070805181504
「事件名」によると、皇太子さまが「(愛子の鼻から目のあたりが)私に似ていると言われるんです」とうれしそうに言ったのに対し、雅子さまが「私はそうは思わないんですけど」と言ったのだとか…
正直どうでもええやんと思うのですが、そうは行かないのでしょうね、皇族というものは…

この件についてはだいぶ前に一度調べたのですが、そのときにはちゃんとリンク先の情報は表示されていました
なぜ今は表示されないんでしょうね…削除されたのでしょうか…
ひとつ気になったのは、以前調べたときには橋本大二郎さんが「愛子様は皇太子殿下に似てらっしゃいますね」と言ったのだと書かれていましたが、今回この記事を書くに当たって参考サイトを見てみたら皇太子さまが言ったことになっていました
内容は同じですからどうでもいいといえばどうでもいいのですけど、なぜ変わるんでしょうね…
皇太子さまが言ったとなると、皇太子さまの言うことに対して「異論」を述べたとよりいっそう批判されそうな感じがします
以前今の皇太子さまが生まれたばかりの頃、今の天皇陛下が幼かった皇太子さまについて「「(こちらが話していることが)まだわかりませんから」と発言したことに対し、美智子さまが「わかりますよ」と言い、そのことが「殿下のお言葉を否定した」と批判されたことがあると聞いたことがありますが、それと同様に雅子さまも皇太子さまの言葉を否定したと言われているのでしょうか
それはさておき、知事が実際に皇太子夫妻に会ったときのことを書いたわけですから、まあ事実と考えてもいいのではないかな、と思います
それで…これが事実だったとして、別に問題はないとは思うんですが、私なりの見解を述べたいと思います
子供が父親似か母親似か…人によってけっこう意見が分かれるものですよね
私も子供が生まれたとき、まわりには私にそっくりだと言う人もいたし、主人にそっくりだと言う人もいました
当てにならないものだなあと思います
これが当の本人となると余計わからなくなりますよね
子供の近くにいる分、どちらに似ているのかわからないことが多いんじゃないでしょうか
でも、中には「この子は私に似てるの」と言う人もいるから、わかる人にはわかるのかもしれません
思うに、雅子さまも人からいろいろ言われていたのかもしれませんね…中には雅子さまに似ていると言った人もいたでしょうし、皇太子さまにそっくりだと言う人もいたのでしょう
雅子さまが「私はそうは思わないんですけど」と述べたわけですが、これも取り方によってさまざまな解釈ができるように思います
「人はそういうけど私はまったくそうは思わない」という意味なのか、「私はそうは思わないんですけど、みんなそう言うんですよ」という意味なのか、「私はそうは思わないんですけど、皆さんがそう言うのだからそうなのかもしれませんね」という意味なのか…
言い方によっても変わってきます
反論するように言ったのならば「そうはまったく思わない」という意味でしょうし、冗談ぽく言ったのなら、「少しは私に似たところがほしいなあ」という意味になるかもしれないし…
もし私だったら何て言うかなあ…と考えたのですが、「そうですか?」とだけ答えるかも…でもそれも人によると思います
たとえば、主人の両親から言われたら、「そうは思わない」たぐいのことは言わないと思います
みんな自分の身内に似ているって言われるとうれしいものでしょうし、正直どっちだっていいことだし、私は自分の子供が自分に似ずに主人に似てもそれはそれでいいと思います
自分の両親や兄弟、友だちから言われたら「そうかな?私にはよくわかんないんだよね」と言うかも…
何を言うか言わないかの前に、本当にどっちに似ているのか私にはわからないので、私がどういうかはまるで当てになりませんね(笑)
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。