スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2003年4月13日、葉山御用邸でご静養していた皇太子一家が海岸散策中に白いマルチーズ(かな?)に出会い、愛子さまがその犬の顔を触ろうとして犬がぱくんとやりそうになった件です
付けられていた事件名は「娘愛子が犬の顔を執拗に触って、犬が嫌がっても止めようともせず躾出来ない事件」というもの…
先の記事で愛子さまに面白おかしくあだ名をつけることをいかがなものかと述べましたが、呼び捨てもどうなのかと思います
この白い犬の名前は「ポポ」というらしいのですが、こちらは「ポポちゃん」とちゃん付けです
この件に関して、参考サイトにはこのように書かれていました

2003年4月13日、葉山御用邸静養の東宮一家が海岸散策中に出会い、雅子に抱かれている状態の敬宮愛子ちゃんによって目を突かれかけた被害者となった犬の名前。ポポちゃん目突きシーンは全国的に映像が流され、子供を窘めることも適切な距離をとらせることもできない母親雅子のgdgdぶりと、愛子ちゃんの乱暴ぶりを印象付ける光景となった。
その他にもダックスフンドの口の前に愛子の指を突き出させた。


そのときの映像はYouTubeにアップされているこちらです
5分あたりから該当の映像が流れます
私も見てみたのですが、たしかに愛子さまが犬が顔を背けても触ろうとしていますが、「目突き」をしたかどうかまではこの映像では確認できないと思います
これは人それぞれ受け止め方が違うとは思うのですが、雅子さまは愛子さまに自然に動物にふれあわせようとしているようにも見えますよね
たしかに…犬が誤って愛子さまの指を噛んでしまい、愛子さまが怪我をしたらたいへんなことになりますから、そうならないような配慮が求められたとも言えると思います
これは私の体験談ですが、子供の頃犬を飼っていた頃、よその犬も平気で触っていました
私が飼っていたのは中型犬くらいで、自分の家の犬と同じくらいの犬は全然怖さを感じていませんでした
むしろ自分が飼ったことのない小さな犬のほうは触るのが怖かった記憶があります
小さな犬のほうがキャンキャン吠えるし、体が小さい分攻撃に出てきそうな気がしていたからだと思います
雅子さまはご実家でショコラという犬を飼っていましたし、このときにもたしか東宮御所で犬を飼っていたかと思いますし、そういうのもあってあまり警戒せずに愛子さまに犬を触らせていたんじゃないでしょうか
それがよいか悪いか…ですけど、そうですね…万が一のことを考えれば配慮が求められたとは思います
ただ、犬にふれあうことの多い雅子さまにはそうはならない自信というか、そういった思いがあったのかもしれません
実際そういう事態にはならなかったのですし、しつけができていないとか愛子さまが乱暴だとか言うのは少々大袈裟のように思います
小さな子どもが動物に関心を持つのはごく自然なことですし、これが乱暴だとは思えません

また、ダックスフンドの件ですが、それほど危険なこととは私は思えないのですよね
犬を飼っていればわかりますが、犬の目線を超えて手をかざし、頭をなでようとすると犬は驚いて上を向きます
でも犬の目線よりも下に手をかざせば、犬は臭いを嗅いだり、なめたりするもので、がぶっとやることはないと思います
私の経験ではそうですが、こうすることを「危ない、危険、とんでもない」と言うのは、実際に犬を飼ったりふれあったりしたことがない人だからなのかもしれません
私は他の犬をさわるときには、「さわってもいいですか」とか「さわっても大丈夫ですか」と一言聞くようにしています
その犬の飼い主はその犬のことをよく知っていますから、知らない人に触られても大丈夫か、それとも知らない人だと警戒して何かしてしまうかもしれないかどうかなどわかっていますよね
もし雅子さまがそのような会話を交わしていたのなら問題はないと思いますが、残念ながらこの映像ではわかりません
とにもかくにもいろいろ語るには短すぎる映像です
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
子供のしつけ
子供のしつけでは どこに幼稚園でも保育園でも小学校でも まずご挨拶が大切、と教えます。

それは本当に人間関係の最初の一歩です。

ご挨拶は日々、子供と接しながら「ありがとう!」(ごめんなさい)(おはよう)(こんにちは)と躾けていくものです。

そのしつけの第一歩がおでききにならないのは、やはり首をかしげてしまいます。

雅子さまはお母様として、お行儀が悪い!と眉を顰められるようなお子さんにしてしまったことを忸怩たる思いをされているでしょう。

躾けは別に「よそ様」の視線のためにするものではありません。

わが子が居心地良く 社会に溶け込んでいくためにするためです。

子育ては難しいですが、子供と一緒に伸びていくのは母としても至上の喜びです。

その艱難も喜びもうけられないまま くすぶり、嘆きの対象となってこのまま皇太子妃を続けるのは愚策です。

ところで こちらのコメント欄は、againstの意見は一切 受け付けず 都合の良い「よいしょ」コメントだけを載せるのですか?

それはおかしいです…フェアじゃありません。



海砂利水魚さんへ
コメントありがとうございます
たしかにおっしゃるとおりだと思います
愛子さまがまだ幼児であった頃から挨拶ができないと言われていましたが、その頃はまだ小さいし、性格によってはなかなか難しいところもあるでしょうし、何よりも大勢の人たちに囲まれているという状態ですから、一般の私たちとは状況が違っているのではないかという思いがありました
しかし愛子さまももう4年生ですし、やはりそろそろきちんと挨拶ができてもよいのではないかという思いはあります
私なりに思うことはありますが、今は発言を控えたいと思います
発言の時期と機会をよく考えて、意見を述べたいと思いますのでご了承ください

コメントの承認についてですが、これは「はじめにお読みください」に書いてありますので、まだご覧いただけていないのでしたら一度お読みください

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-256.html

私としても以前のようにすべてのコメントを受け付けたいとは思いますが、皇室というセンシティブな問題を取り上げていると、それはなかなか難しいものだと感じ、コメントを承認制にすることにしました
賛同意見だけでなく、反対意見も承認していますよ

それはそうと、海砂利水魚さんは「straight]」さんとしてもコメントいただいた方でしょうか
IPアドレスが同じでしたので、「はて」と思いました
どのような意図があるのかはわかりませんが、できたら同一ハンドルネームでのコメント投稿をお願いします

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。