スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自殺未遂?のこと

2012/03/04 Sun 06:00

参考サイトには「リスカ疑惑事件 その日は典侍に至るまで全員シャットアウトで自宅待機 疑惑?」とだけ書かれており、詳細はわかりません
「リスカとは…」と思い、検索してみたら、リストカットのことを略してリスカというらしく、雅子さまがリストカットをして自殺未遂をしたということなのかと理解しました
おそらく女性週刊誌ネタではないかと思いますが、情報源も詳細もわからないので、たしかではありません

もしこれが事実だったとしたら…雅子さまはリストカットするまで精神的に追いつめられてしまっていた、ということなのではないでしょうか
それに、典侍に至まで全員シャットアウトで自宅待機とのことですが、もし本当に雅子さまが自殺を図ったのなら一大事ですから、それくらいのことが行なわれても不思議ではないのではないかと私は思います
けれど、きちんとした情報もないのに、まるで雅子さまがリストカットしたのを目前にしたかのように書き立てるのはどうなんでしょうか
自殺未遂など、かなり衝撃的なことですし、これが精神的に追いつめられてしまったが故の症状のひとつであるのだとしたら、このようなことが興味深げに週刊誌などに書かれてしまうことなどあってはならないと思います
私は自殺を推進する気持ちなどありませんが、自殺をした人そのものを責めるつもりはありません
もし自分が次から次へと降りかかる不幸に直面していたら…自殺を考えることもあるかもしれないし、「自殺するなんて考えられない」なんてとても言えないです
精神的な病いを患った人が自殺未遂をしたり、自殺してしまったりするのを耳にすると、病いの症状として気持ちが落ち込んだり、悲観的になったりして、健全な精神状態なら気分転換をして難なく乗り越えられて行けるような状態でも、その人には絶望的に感じられ、結果自殺という行為に走ってしまうわけで、適切な治療やカウンセリング・まわりの支援などがあれば避けられたのではないか…と思えてきます

もし雅子さまがこのような状態に本当に陥っていたのなら、側近たちは雅子さまの状態にもっと早く気づけなかったのかしら…と疑問に思うし、それともこういうことってなかなかまわりも気づきにくいものなのかもしれない…とも考えます
同時にこういうプライベートなことが皇室内の人間からマスコミに知らされてしまうという状況は問題だと思うし、一体誰が情報をリークするのかと疑問に思います
以前雅子さまが側近に心を開かない云々…と書かれた記事を目にしましたが、自分のまわりの側近しか知り得ない事実がマスコミに知られているのなら、雅子さまが側近に心を開けないのも当然ではないでしょうか
また、自殺未遂をしたことがまるで異常かのように書かれていますが、なぜそのようなことになってしまったのかには目を向けないのでしょうか
雅子さまに対する数々の批判を見ていて感じるのは、雅子さまの行為そのものだけに焦点を当てて批判しており、そのような行為に至った過程や理由について追求しようという姿勢が見られないことです
もう少し思いやりを持ってものごとを見ることができないのものか…と感じます
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして。
いつもこちらのブログを読ませて頂いております。あまりにも雅子さま批判が多すぎでどうなのかな?と述べられる管理人さまに同感いたします。ご本人がもし読まれていたら、病状は悪化は間違いないですよね。

雅子妃がご成婚されたとき、「これほどのスーパーウーマンは日本に数人しかいない」とテレビで言っていたのを覚えています。彫りの深いお顔立ちで帰国子女、素晴らしい経歴、学歴。
今ご成婚から20年経ってさままな媒体からバッシングされ時折見せる雅子妃の表情はうつろでとても心拍数です。
雅子妃が適応障がいになられてから雅子さま大好きな私の母は「バリバリ働いてきたひとが皇室という特殊な環境で心の病気になられた。籠の中の取りだよ、かわいそうに」
といっておりました。
私も今の雅子さまはとてもお辛い立場にいらっしゃると思います。
この先も皇室という環境にあると以前のような輝きは取り戻せないような気がします。思いきってご勇退(という表現が合っているのかは分かりませんが)されるのも一つの手段なのかな。と思います。勿論雅子さまや皇太子さま、愛子さまそして天皇両陛下のご意見を尊重したうえでと思いますが。
ご成婚以前の雅子さまスマイルが再び取り戻せることを祈って。
長文すみません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
オニキスさんへ
コメントありがとうございます
たしかにそうですね…雅子さまのような人が皇太子妃に選ばれたと聞いたとき、皇室も日本も変わってきているのだと感じました
私は雅子さまのような人は単なる夫の付属品としてではなく、自らがさまざまに行動し活躍するのではないかと思っていました
その素質は十分にあったと思うのですが、お世継ぎ問題で潰されてしまったように感じます
子供を授かるということは自信の努力だけではどうにもならないまさに授かり物ですし、なかなか努力が実を結ばす、まわりからはプレッシャーばかりで、本来の自信を完全に失ってしまったように思います
雅子さまが以前のようにふるまえるのを望んではいますが、皇太子妃という立場にあってはなかなか難しいのかもしれません
私もオニキスさんの言う「ご勇退」も、本当に雅子さまのことを思いやった上でなら、そういう選択もあってよいと思っていますが、「役割を果たせていないからやめさせる」という理由が少しでもあるのなら、もしご勇退となると,雅子さまはますます自信をなくしてしまうのではないかと思います

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。