スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
皇室の新年の動画や写真が毎年出されますが、2004年の新年の動画でなごやかな雰囲気がなかなか出なかったとのことですが、該当の動画を見てみました
http://www.nishinippon.co.jp/strm/news/040101koushitu/koushitu.asx

参考サイトでは「氷の団欒」と名付けられていましたが、特に和やかな雰囲気が出ていないとも思えないし、誰が見ても非常に和やかで微笑ましい雰囲気満載というほどでもないし、毎年配信されるいつもの天皇一家の新年の映像というのが私の印象です

眞子さまと佳子さまが愛子さまの相手をしているのに愛子さまが笑わず、とのことですが、愛子さまは撮影している側が気になっているのではないかな、と感じました
撮影している側には側近や女官など多くの人が見守っているでしょうし、見慣れない機材(カメラなど)もあるのだと思います
そういう見慣れないものが気になってなかなか遊びに集中できなかった、その結果なかなか笑顔にならなかったのではないかと思います
まだ小さな子供ですから、大人の思うように笑ったりするわけではありません
他の大人たちはみな微笑していますし、これはいつもと変わらないと思います
「眞子さまと佳子さまが愛子さまの相手をさせられてる」とか「眞子さまや佳子さまの当惑や間の持たない雰囲気が痛ましい」だとか「音の出るカラフルな積み木で何とか愛子さまを笑わそうとするがとうとう笑わなかった」「子どもの表情のアップが少ない」などなどといろいろ書かれていたのですが、そうかなあと私は感じるのですけどね…

この「氷の団欒」と称されるのは2004年だけでなく、2003年・2005年・2006年の新年の動画についても該当するらしく、2005年の新年の動画には「粉雪の団欒」なんて名前が付けられ、「氷からさらにパワーアップ」なんだそうですが、粉雪よりも氷の方が寒々しいような気がしますけど…
とにかくなんだかよくわかりません

参考サイトでも指摘されていた件で、私もちょっと…と思ったのは、黒い革靴を履いたまま膝をついたり、正座をしたり…という光景です
たしかになんだ変ですよね
かといって靴を脱ぐのも変だし、そもそも室内で土足履きをしている上でおもちゃを広げて子どもが遊んだり、そこに正座をしたり…というのがどうかと思いました
2006年からはテーブルが置かれ、その上で遊ぶようになったようですが、これならだいぶいいですよね
それでも子供たちは立ち膝していることになるわけだし、子供用のいすを用意してもいいんじゃないかなあと個人的には思います
この件において、革靴を履いたまま座る雅子さまや皇太子さまを異様だと述べ、同じように革靴を履いたまま座っている眞子さま・佳子さま・紀子さまは「座らされている」とするのはなんだかなあと思います

皇室の人たちは、国民に対していつも笑顔を見せていなくてはならないという立場なので、いつもにこにこしていますが、いつもいつもにこにこしていることが私にはときどき不自然に感じられたりもします
でも、同時に、いつもにこにこしていなくてはならなくてたいへんだなあとも思います
時にはにこにこする気分じゃないときもあるだろうし、そういうときにはやっぱり不自然な笑顔になってしまうだろうし、そういう笑顔がたまに気の毒に思えたりもします
そこらへんが皇族であるたいへんさ、つらさのひとつなんだろうな、と私は感じます
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
同時期の眞子佳子さまは…
眞子さま1才2か月
 皇族方はテーブルに、眞子さま一人が前の床でボールを追う
佳子さま11カ月
 つかまり立ち
眞子さま2才2か月
 オランウータンの縫ぐるみ抱いて皇后さまに抱かれる
佳子さま1才11カ月
 眞子さまと積木

東宮一家が愛子様の笑顔を撮れないから苦肉の策でおもちゃを持ち込んだのでしょう
昭和の天皇家は御庭での撮影もありましたが平成は無いようですね、これはちょっと寂しい

愛子様は天皇皇后に抱かれた写真が皆無です
拘りがあってなのか、皇太子同妃の意向なのか存じませんが
海松子びっちさんへ
コメントありがとうございます
おもちゃを持ち込むことがそれほどまでにおかしなことでしょうか
眞子さま・佳子さまと比較していますが、子供ってそれぞれ違うものですし、人見知りが激しい子もいればほとんど人見知りをしない子もいるし、ぬいぐるみに興味を示す子もいれば積み木に興味を示す子もいる…というふうに受け止めればいいのではないかと思いますが…
天皇皇后に愛子さまが抱かれた画像がないというのはたしかにそうかもしれませんがそれだから何なのでしょうか
それが拘りとどう関係があるのか…拘りは行き過ぎれば問題にもなりますが、この時期の両親のそばにいたいという「拘り」はむしろ「愛着」であり、人見知りと同様に成長のひとつだと思います
もし愛子さまが小学生になっても両親のもとを離れることを嫌がるようならば海松子びっちさんのような見方もできるのかもしれませんが、両親のもとを離れて後ろに眞子さま佳子さまと並んだり、前に置かれたテーブルで折り紙を折ったりしていますから、それほど問題になるような要素は私には見当たりません

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。