スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本人の精神障害への理解

2008/05/02 Fri 11:06

先日話題となった朝青龍の報道の際に感じたことがあります
精神科医師が朝青龍が解離性障害であると診断し、治療には母国に帰り静養することがベストだと述べたことに対し、相撲協会が「日本国内で治療できないだろうか」と朝青龍のモンゴル帰国になかなかOKを出さなかったのを聞いて、日本人の精神障害への理解はまだまだ低いのではないかと思いました
朝青龍の場合、ことの発端は、腰の故障を理由に巡業を休んでいたにもかかわらず、モンゴルでサッカーをやっていたことに始まったわけで、それがいつのまにか精神障害にすり替わってしまい、腰の故障のほうはどうなったんだ?という大きな疑問が残りますが、まあそれは置いておいて、医師が解離性障害であると判断したことに対し、相撲協会も世間も「単なるぐうたらなだけなのでは?」という疑いを抱いているというところが問題なのではないかなと私は思いました
相撲協会のお偉いさんがたは、文化の違う他国に行っても、日本食がないとやっていけないとか、湯船につかりたいとか、そういう人たちが多いと思います
人それぞれではあるけれど、自分が慣れ親しんだ環境を離れて、まったく違う環境で生活していくことはけっこうたいへんなことです
朝青龍は母国を離れ、日本で日本の伝統文化を背負う横綱として暮らしているわけで、いろんな苦労はあると思います
私も海外で4年ほど過ごしたことがあるので、他国で生活する苦労はわかるつもりです
何かちょっとしたことでも不安が募ると、海外では精神的に追い込まれやすいなと感じます
そういう苦労があって精神的に強くなっていくこともあるけれど、はじめは思うように行かないことも多いし、時間が経ってもうまく行かないこともあるものです
朝青龍がなぜ解離性障害になったのかはよくわからないけれど、日本でいろいろ批判されたことで精神が参ってしまったのかもしれません
私は今回の朝青龍の件に関して、朝青龍の肩を持つほどではなく、けがを理由に巡業を休んでいたのにサッカーをしていたことや、いつのまにかそれがうやむやになって精神障害を訴えはじめたことに「なんなんだ?」という思いがあります
でも、日本人の精神障害に対する理解の無さを感じて、雅子さまの適応障害への理解がなかなか得られないことに通じるものがあるのではないかとも思いました
精神障害の場合、見た目にはあまりわからないことが多いと思います
心に悩みを抱えていても他人にそれを見せないように努力した経験は誰にでもあるはずです
見た目に元気に見えても実は大きな悩みを抱えている、ということはよくあることでしょう
あんなに元気そうにしてたのに…などと他人は言ったりします
見た目にわからない分理解されにくいことなのだと思います
それまで元気そうにする努力をしてこれたのに、自分が気づかないうちに無理をしていて、それが体調に出てしまい、自分でも予測できずに体調がよくなったり悪くなったりするのではないかなと思います
雅子さまの公務がキャンセルするのに、笑顔で手を振る姿を見せたりすると、「元気なのに公務をしない」と批判する人は多いようですが、これも精神障害について理解がないからだと私は思います
それに、精神的な病気には起伏があって、調子がいいときと悪いときがあるようです
病気に至らないまでも、普段の生活の中で気持ちをうまくコントロールできずにイライラしたり、落ち込んだりすることって誰にでもあります
同じような困難があっても、以前乗り切れたのに今回はなかなか抜け出せないなんてこともあると思います
雅子さまの場合、公務の途中で突然体調が悪くなったりしたら相手に迷惑がかかるから、万全の対策をとって公務自体をキャンセルする、という手段がとられているのではないかと私は理解しています
雅子さまは決して自分の好きなことばかりしているのではなく、体調や精神状態からやむを得ずキャンセルしなければならない公務などが出てくるのではないのでしょうか
雅子さまの調子の悪いときをテレビなどで見ることはできないから、マスコミなどで報道される雅子さまの姿だけを見て「元気なのになぜ公務ができないのか?」と批判する人が出てくるんだろうなと思います
私には雅子さまがものすごく努力して笑顔を作っているようにしか見えず、痛々しさを感じることもあります
体調がいいときに国民の前に姿を見せているのだろうけれど、そうではないときは国民が目の当たりにしたらショックを受けるくらい体調が悪いのかもしれません
精神障害についてはわからないことが多いのですが、わからないなりに、私にはわからないたいへんな思いをしているのではないか、という思いを私は抱いています
雅子さまを批判する人たちには、報道や見た目だけで判断せず、いろいろ苦労があるのではないか、というふうに考えてほしいと思います
スポンサーサイト
精神疾患について。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。