スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昭和天皇以前までは、天皇や皇太子は側室を置き、正室に子供が授からないまたは男子が生まれない場合でも、天皇や皇太子の血を引いた男子が生まれるような体制を敷いていました
天皇皇后陛下のあいだに生まれた子供であることよりも、天皇の血を引いた男子であることのほうに重きを置いてきたから、いわゆる「妾の子」が皇位継承をしていくこともありました
私は別に妾の子だろうが正室の子だろうが、あまり大差はないとは思うけど、正室である皇后陛下の子どもであるよりも、とにかく天皇の血を引いた男子であることが最優先されてきたというこだと思います
そういうやり方で日本の天皇制は長い歴史をつくりあげてきました
しかし、昭和天皇以降は一夫一婦制がとられています
つまり、今回のように直系の皇太子夫妻から皇位継承者が出てこなくなるという問題は予想できなかったことではないと思います
雅子さまひとりの責任かのように世間は騒ぎ、雅子さま自身も責任を感じて精神的に参ってしまっているけれど、このような事態が招かれたのは別に不思議ではないと私は思います
もし、これからも男系男子で天皇制を続けていきたいのなら、昭和天皇以前のように側室を置いて、必ず男系男子が生まれるような体制をつくるべきだと私は思いますが、現代においてこのようなやり方が受け入れられるとは思わないし、そこまでして男系男子の天皇制を続けていくことはひどく時代錯誤だと私は感じます
ベルギーだったか、男子に王位継承が与えられていたのが第一子に王位継承が与えられるようになり、近々女王が誕生することになりましたが、そのように変わったのは男子にのみ王位継承がされるのは時代にそぐわないからだったとのことです
こちらの変化のほうがよほど時代に受け入れられると私は思います
紀子さまが悠仁さまを出産したとき、私が複雑な気持ちになったのは、悠仁さまの誕生によって、必要に迫われてとは言うものの女性皇族にも皇位継承を…という動きが出ていたことが先送りになってしまったからだったのだと思います
悠仁さまの誕生により、天皇制がこれからも続けられるという安心感が広がったのはたしかですが、とはいってもそれはたった一代限りのことです
現在は男系男子を授かる可能性のある皇族男子は皇太子さまと秋篠宮さまの2人ですが、今の状態では悠仁さまの代に皇位継承権を持つ皇族男子は悠仁さまだけになります
これは皇太子さまや雅子さまにかかっている責任よりもより重いものになることはたしかです
悠仁さまが結婚して男子が生まれない可能性だって十分にあり得ます
皇太子さま雅子さまを批判し、秋篠宮家ファンの人は多いが、彼らが大好きな悠仁さまが皇太子さまと同じような悩みや苦労を抱えることもあり得るということです
そういう状態であるのに、悠仁さまが生まれたことで安泰かのような雰囲気が広がるのは楽観的すぎるのではという思いがします
それに必要に迫られて仕方なく女性皇族にも皇位継承を認めるかどうかを決めるのでは正直遅いと思います
今回は悠仁さまの誕生で皇位継承問題はすっかり鎮火してしまいましたが、これから先のことや時代の流れを踏まえて女性皇族にも皇位継承権を与えるようにするべきだと私は思っています
日本はまだまだ男性優位の社会的要素の多い国なので、女性皇族に皇位継承権が与えられることに対し、反対や懸念の声は上がるとは思います
けれど、そのような思想が世に広がっているのを、女性皇族への皇位継承権によって、「もう男性優位の思想は古いのだなあ」という考えが世に広まると思うし、そのへんは相互に作用していくのではないかと私は思ったりもします
皇室は一般市民よりも積極的に西洋文化を取り入れて西洋風の生活を率先していったという歴史もあるのだから、皇室が先頭に立って男女平等の思想を世に広めていってもいいのではないだろうかとも思います
ただ、日本の現在の人々のものの考え方を考慮すると、第一子に皇位継承権を与えるのは日本にとって少し受け入れられにくいのかなあとも思います
私自身は第一子が皇位継承するという制度でも十分かまわないと思いますが、一歩譲って男性優位で皇族女性にも皇位継承権を認めるくらいが妥当かなと思う
この場合男系女系はこだわらず、皇位継承権を持つ男子から生まれた女子なら皇位継承が可能、その女子から生まれた子供もまた皇位継承が可能…というのがいいのではないかなと思います
ただ、男性優位で…ということになると、男子を産まなければならないプレッシャーが完全に消え去ることはないし、女子が皇位継承できるとされていても「ほんとは男子がよかったのに」といった雰囲気がどうしても残ると思うので、ベスト策とは言えないと思います
皇位継承問題は私が決めることではないから、私がどうこう言ったところで何が変わるわけでもないのですが、私はこのように思っています
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
篠仁さま
篠仁さまって笑顔が素敵で可愛らしいですね。
将来、篠仁さまもご成婚なさるでしょう。
雅子さまがこれ程までに批判されている状況を知っている方々が篠仁さまとご成婚なさりたいと思うでしょうか?
親でしたら娘の幸せを願って、皇太子さまよりもご辞退なさる方々が多くなるように感じます。

批判派の方はご自分でご自分の首をしめているようなそんな気さえ致します。
段ボールさんという方のコメント、面白いですね。
段ボールさんという方のコメント、とても面白いですね。当サイトにもお越しいただいているようで、ありがとうございます。
当サイトを読んでいただいた後でなされたコメントのリンクを張らせてもらいます。

>ブルーフォックスさんのブログの記事を読んで

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-194.html#comment260

それにしても、その段ボールさんの厳しい追及を必死に流そうとするかのような、特定HN「ひな」による連続コメントがなされている。
これもd..d..お得意の自・・・おっと、その先は言わぬが華かな。

ところで「ひな」さん(ことd...d...)、「篠仁」さまってどなた?
ひなさんへ
コメントありがとうございます
篠仁さま…悠仁さまのことでしょうかね
私も悠仁さまが物心ついて、自分が誕生するときの状況とか、自分に課せられた大きな責任や期待がわかるようになったとき、一体どういう思いになるのか…ちょっと心配です
まだ3才の小さい子に大きな荷物をしょいこませてしまっている気がしてしまいます
自分の娘が皇室に嫁ぐことは絶対にないんですけど、もし自分の娘に白羽の矢が立っても、間違いなく私は反対すると思いますね
皇室の生活がたいへんなことはもちろんですけど、皇室に対して強い思いを抱いている人たちにずっと監視されつづけるような状況になるのは想像しただけでも恐ろしいですから…
それよりもささやかで穏やかな生活を願うのが親心だと思います
http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-194.html#comment260
段ボール様名コメント

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-194.html#comment260

押し流し阻止!!
訂正します
今まで気付きませんでした。
管理人さま、ごめんなさい。

篠仁さま→悠仁さま

でした。
間違いが大きくなり、すみませんでした。

他の方へのコメントを禁じるなら議論に応じるべき
管理人殿
自作自演がばれているのにまだ“ひな”を園児うとは見苦しかろう。

それから、当方(と段ボール様)からの他の方へのコメントを禁じるなら、当方からの質問等に何故答えないのか?
それでは公正さを欠くというものであろう。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。