スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
どうして日本を変えていこうという人たちはいろいろな方向からものごとを見つめることができないのでしょうか
今の日本の会社社会を知っているんだろうか、この人は・・・と疑問に思っていまいます
日本では残業するのが当たり前になっている国です
残業しないと仕事していないみたいに見られたりもします
定時で帰るなんてまずありえないっていう会社がほとんどだと思います
特に男性社員はそうでしょう
残業しなくてもいいときでも定時に帰るわけに行かずにだらだらすることもあったり…
定時までに仕事を終わらせなくては・・・という意識がないまま仕事をするから、仮に定時までに終わらせることができる仕事でも終われないなんてこともあると思います
定時に帰れるのは会社で決めた「ノー残業デー」だけっていうことも多いのではないでしょうか
つまりは仕事が多いときも少ないときも自分の意思では仕事を終わる時間を決められない…会議が定時外でセッティングされていたり、無言の圧力で残業せずにはいられない会社員は多いと思います
こういう社会において、過労が原因で死亡に至った人の自己責任を問えるのでしょうか
本人に責任がまったくないとは言えないかも知れないけど、そう言い切るのはどうかと思います
休みたくても休めないような状況と雰囲気がはびこる会社社会では、疲れてても体調が悪くても休めないこともあります
そういうのがどんどん重なっていって、身体だけじゃなく精神もおかしくなってしまう…そういう事態は容易に想像できることだと思います

日本の会社社会を見ていて思うことは、何のために働いているんだろう、ということです
私は人間が生活していくためには資金が必要で、そのために働いてお金を稼ぐのだと思います
でも、日本では働き続けるために生活している気がするのです
明日また仕事があるから食べなくちゃ、寝なくちゃ、休まなくちゃ・・・ってかんじで、人間本来の生活を全然楽しめてないように思えます
家にいるよりも会社にいるほうが長くて、家に帰って来たら何にもできなくて、明日の仕事のために食べて風呂入って寝るだけの毎日って空しすぎませんか
スポンサーサイト
社会のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。