スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

雅子さまと紀子さま

2008/05/24 Sat 23:00

雅子さまと紀子さまもまた立場が違うので、単純に比べることはできません
紀子さまはお世継ぎ問題から少し外れた立場でした
皇位継承権を持つ秋篠宮文仁さまが夫だから、生まれる子が男子だったらその子は皇位継承に関わってくることにはなりますが、雅子さまのように「絶対に男子を産まなければならない」というプレッシャーはなかっただろうし、皇太子妃の大きな役割のひとつ「お世継ぎを設ける」ことが自身に課せられることはなかったのではないかと思います
逆に佳子さまを妊娠したとき、「東宮をさしおいて…」などと言う皇族がいたとかいないとか聞いたことがあります
それが本当かどうかはわかりませんが、そういうことがあってもおかしくないと思います
だから、紀子さまには雅子さまにはなかったその他の苦労はあったのでしょうし、紀子さまが皇室に入ったときにもきっといろいろな「いじめ」はあったのかもしれないし、そういう点では苦労はあっただろうと思います
それらは美智子さまも雅子さまも苦労の質や量は多少異なるにしても同じように抱えた苦労だと思います

雅子さまを批判するサイトでいちばん多いのが紀子さまを褒めたたえまつり、紀子さまと比較しては雅子さまを批判するという内容のサイトで、私はそれを見るたびに「なんだかなあ」という気持ちになります
皇室の人たちの写真をアップする掲示板がありますが、そこはもしかしたらいちばん雅子さまを悪く言っているのではないかと思うほどひどい有様です
紀子さまの笑顔の写真には「素敵な笑顔」というコメントがつき、雅子さまの笑顔の写真には「わざとらしい笑顔」だの「きもい」だの言いたい放題だし、皇太子さまと雅子さまが見合っている写真には「目線が合っていない」とコメントしたり、雅子さまの体型や服装に逐一ああだこうだ批判しているというかんじだからです
体型なんて個人差があるし、そりゃあ年をとってもスタイルがいいほうがいいかもしれないけど、別にそこまで言われるほどではないと私は思います
雅子さまが国民の血税を使って外食したり私的海外静養をしてけしからん、という批判もあるけど、紀子さまが体型と肌を保つのにも相当お金かかってそうだし、そっちは批判しないわけで、要はものは言い様なんだな、と感じたりします
服装に関しても、正直言って皇室独特の服装はどれもぱっとしないというか、独特のデザインで「いかにも皇族でございます」という感じがして、私はあまり好きではないのですが、紀子さまが着ているものは褒めたたえられ、雅子さまが着ているものは蔑み…というかんじが多く見られます
雅子さまが素敵な服装をしていると「似合わない」とコメントされるし、ほんと「ものは言い様」としか言いようがないように思います
私は別に紀子さまファンがいたり、雅子さまファンがいるのはかまわないと思っています
いろんな人がいていろんな考えがあって好みもさまざまだから、紀子さまのほうが好きだという人はそれはそれでいいと思います
ただ、だったら紀子さまと引き合いに雅子さまを批判しなくてもいいのでは?と思うのです
紀子さまが好きなら紀子さまのファンでいるだけでいいのではないでしょうか
紀子さまスキスキで雅子さまを叩く人はいったいどういう人たちなのだろうといろいろ考えたりします
あれだけ体型や服装をぼろくそに批判するんだから、よっぽどスタイルがよくてファッションセンスがいい人たちなのだろうか…などと思ったりしますが、とにかく雅子さまのことはどんなことでも気に入らず、何でもかんでも批判や中傷のネタにしていることに、少し呆れてしまいます
公人と言えども、ひとりの人間の誹謗中傷をここまですることの理由が私にはよくわかりません
そりゃあ嫌いな人はひとりやふたりいるでしょうけど、こんなふうに紀子さまと雅子さまを比較しては批判するのは、小学生並みのいじめみたいに感じます
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(47) | トラックバック(0)
コメント
やることやってる人とさぼってる人の差。
コメントありがとうございます
雅子さまを批判する人たちの見解によく見られるコメントだと感じます
あなたの言うやることやってる人とは紀子さまのことで、さぼっている人というのは雅子さまのことという理解でよろしいでしょうか
たしかに、今雅子さまは公務がなかなかできない状態ですよね
でも、それはさぼっているからなんでしょうか
雅子さまが公務できないでいるのは、適応障害になってしまったからだと思います
それはさぼっているのとは違うのではないかと私は思います
やっているかやっていないかだけで比べたら、たしかに雅子さまは公務していません
でも、背景にあるものを考えずに比べるのは不公平だと思います
なぜ雅子さまが適応障害を患うに至ったかを考えようとは思わないのですか
それに、だからといって雅子さまのことをここまで誹謗中傷するのは、どんな理由であれ褒められたことではないと思います
子ども地味た陰湿ないじめに思えてなりません
紀子さまが体型と肌を保つのにも相当お金かかってそうだし>>世の中には生まれつき資質に恵まれている人もいるし、規則正しい生活を心がけているだけかもしれないのに、そう書いた根拠と心境が気になります。

あと雅子さまを好きすぎて紀子さまの笑顔を妖怪のようだ言ってる人達のことはどう思ってらっしゃるのか聞いて見たいです。
コメントありがとうございます
たしかにおっしゃるとおりですね
世の中には生まれつき資質に恵まれている人もいるし、規則正しい生活を心がけているだけかもしれないのかもしれませんね
別に私は紀子さまを批判しようと思って書いたわけではありません
雅子さまのやることなすこと税金の無駄だとかなんとかかんとか言うことに対し、紀子さまだってそれは同じなのでは…ということを言いたかったのです
それから、紀子さまの笑顔を妖怪のようだと言っている人たちについてですが、このような言い方は同様に褒められたものではないと思います
私は雅子さまの肩を持つ発言をしていますが、雅子さまを手放しで援護しているわけではなく、雅子さまへの批判のひどさにもの申しているわけで、紀子さまへのこのような言い方も同様にひどいものだと思っています
お返事ありがとうございます。
私は以下の点が気になって質問させていただきました。
 ・紀子さまへの感じ方には根拠があったのか。
 ・Aを褒める時にBをけなすのは良くない(つまり比較は良くない)という人が、Bを擁護するのにAを下げる発言をする(つまりこれも比較)ことに自分では矛盾を感じないのか。
 ・悪く言われてる人は一人だけではないことはご存知なのか。
丁寧な返信のおかげで納得しました。
雅子様が適応障害なのは本当にお気の毒です。皇室にお入りになるべき人ではなかった・・・これは雅子様を悪く言っているわけではなく、外国生活も長く、伝統と祭祀を重んじる皇室という世界に入るにはあまりに隔たりがあった、ということだと思います。本来の雅子様を取り戻す為には、やはり皇室を離れる事、この道しか無いと思っております。
名無しさんへ
雅子さまが適応障害になったのは、皇室という環境に対して適応できなかったからという意見なのでしょうか
私は雅子さまが皇室に適応できなかったというよりも、自身の努力だけではどうにもならないお世継ぎ問題の責任を押し付けられて、それに押しつぶされてしまったからだと思います
もし、雅子さまが皇室に適応できない人だったのならば、もっと早い段階で適応障害になったのではないでしょうか
雅子さまが適応障害になったのは、愛子さまが生まれ、そろそろ2人目を…今度こそ男の子を…という状態にあった頃だと思います
愛子さまを授かるのにたくさんの苦労と長い時間が必要だったことだと思います
そしてやっと授かった…でも皇位継承権を持つ男子ではなかった…そして2人目をという声が高まりつつある中で、雅子さまは精神的に追いつめられて行ってしまったのだと思います
雅子さまが本来の雅子さまを取り戻すためには、皇室を離れる道しかないのでしょうか
私はそうは思いません
他に方法はいろいろあると思います
適応障害で苦しんでいる雅子さまを皇室から追い出してしまうのでは、何の解決にもならないと思うし、こういう問題はこれから先も出てくる可能性は多いように思います
それからすみませんが、NAMEの欄にどんな名前でもかまいませんから、どなたかわかるようにご記入願います

賛成っっ!!
あなたの意見に大賛成です☆人はそれぞれだし、皇族本人じゃなきゃ事情は分かんないですよね!! 私も気分障害を抱えているので、雅子さまの行動批判を見るたびに首を絞められるような気がしています 偉そうに批判するなら総理大臣にでもなれ!!って思ってしましました それに人の批判って醜い行動ですよね…(泣)
Re: 賛成っっ!!
ルノンさんへ
コメントありがとうございました
私は精神的な病いの経験はないのですが、何か落ち込むようなことがあることって誰でもあると思うし、それがひどくなってしまうのが精神的な病いだと想像しています
ちょっとしたことで気分を切り替えられてはいても、それではどうにもならなくなってしまうような状態はとてもしんどいものだと思います
自分で実際に経験しなければわからないことはたくさんあると思いますが、経験しなくても相手の立場に立って思いやることはできるはずです
特に皇室ってわからないことだらけだし、勝手な想像が一人歩きしてしまっているように思います
雅子さまに対する批判は本当にひどいというか、すごいというか、よくもまあそこまで何でもかんでも批判の対象にできるなあと半ば呆れてしまいます
人の批判を目の当たりにするのはいやな気分ですよね
雅子さまを批判している人たちは自分で自分がいやにならないのかなあと思います
またご意見お聞かせください
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
09/04/20にコメントくださった方へ
こんにちは
コメントありがとうございました
私宛のみのコメントだったので、名前は伏せますね
たしかに「紀子さん絶賛=雅子さん批難」というのは多いですよね
紀子さまの評判が悪くなっているかは私はわからないのですけど、あまりにも度がすぎるんじゃないかなあと私は感じています
雅子さまの場合はどんな些細なことでも批判となり、紀子さまの場合は絶賛になるわけで、要はものの取り様なのでは、と思ってしまいます
人間だから好き嫌いはあると思います
でもよってたかって弱者(いわれなき批判にもの申すことが難しい立場にいる人)をたたくのはどう考えても褒められたものではありませんよね
No title
雅子様に関して東大だ外務省だと冠がつきますが、今の自分の務めを誠意を持ってやっているか否かで人は判断されます。
天皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻はとても真摯でいらっしゃる。皇太子妃はその立場に伴う務めを受け入れることができないのでは。いやいややれば病気にもなります。その業務を真面目にやっている人に、さめた目をむけたしまいます。その辺がこの方と周囲のかたがたとのすれ違いの原因では。
公務を意味のないものとみなしていないか疑問です。それぞれ尽力した人は懸命なのに。その辺の、人を人と見ないようなところが、公の立場にふさわしいのかとも思います。それこそ外務省で日本の利権のために頑張っているほうが適職ですね。
んん さんへ
コメントありがとうございます
たしかに今雅子さまは十分に公務を行なわれていませんから、それを理由に務めを果たしていないと思われるところはあるかと思います
私としては、なぜ雅子さまが今十分に公務を行なえない状況にあるのかを考えてほしいと思っています
あなたは雅子さまがいやいややっていたから病気になったとの見解ですが、私にはそうは思えません
やはり、お世継ぎ問題が大きく関わっているように思えます
このように言うと、たいてい「お世継ぎを生まなくてはならないのはわかっていたことだ」と反論されるのですが、子供というのは自分の努力だけではどうにもならないものですし、子供を授かるのにどれくらい長い年月がかかるかなど、やってみなければわからないわけです
私はあなたが結婚している方かどうかわかりませんが、結婚前に本当に子供を望める体なのかどうかを確認した上で結婚したりはしないでしょう
もし特に問題ないと検査してわかったとしても、原因不明で不妊に悩む人はとても多いんですよ
他の皇族の方たちはお世継ぎ問題から一歩離れたところにいますし、このプレッシャーはすべて雅子さまが負っていたと言えると思います
そのへんを考慮せずに公務ができていないからと言って批判するのはあまりにも心ないのではないでしょうか

雅子さまが皇室に入ってずっと公務をないがしろにしていたのなら、あなたのような批判をされても仕方ないとは思いますが、そうではありませんよね
もう少し人の立場になって考えてみてはいかがでしょうか
人を人と見ないようなところがあるのはあなたのほうではないでしょうか
もっとも自己を律することが求められる皇室に、しつけもなっていない人物が入内したのが原因
んん様、はじめまして
そもそも雅子妃は、子供のころから自己を律することができない人間です。そしてそれは現在にも至っています。

こちらのサイトに数多く証拠が出ています。
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

そのような人間が、もっとも自己を律することを求められる皇室に入ること自体おかしいのです。雅子妃の反日性といい、皇室とはもっとも対極にある人間です。

それから、雅子妃を入内の経緯は極めて不審です。
下記の拙サイトもご覧ください。

小和田雅子氏の不審な入内の経緯に始まる皇室自壊工作のシナリオ

★初対面の場・エレナ王女歓迎の茶会の出席者名簿に手書きで「小和田雅子」…こんなことが許されるのか?
★昭和末期から行われていた,国民への売り込み.
★今上両陛下や護衛官の目を盗んでの“再会”.
★女性・女系天皇計画との連動.
★「順調に回復…」「引き続き温かく見守って…」「自信」「決意」…代替わりまでの執拗な時間稼ぎ工作.
★愛子天皇への道をつなぎとめておこうとの工作.
★徳仁天皇が小和田に操られる危険.

http://bluefox-hispeed.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/66_bb7b.html
タイトル:ワガママ皇太子妃にワガママ ・ プリンセス? とのことです
デウィ夫人のサイトで昨日東宮問題を取り上げておられました。

リンクのみにて。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

ワガママ皇太子妃にワガママ ・ プリンセス?
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10479345167.html
No title
デビさんはそのように感じられたんですね
色々な見方があって勉強になりますね
ココさんへ
コメントありがとうございます

そうですね…私も今回の愛子さまの件では、公式会見の場で言わなくてもよかったんじゃないかとは思っています
実際にどのような出来事があって愛子さまが恐怖を抱いたのか、そこがネックだと思うのですが、それを明らかにすることはできないといった感じですよね
今の段階でわかっていることからすると、そんなに恐怖心を抱かせてしまうようなことがあったのだろうか…と思ってしまいますが、具体的にどのようなことがあったのかがわからないので何とも言えません
愛子さまがショックを受けた内容を具体的に発表しないのだとしたら、憶測が憶測を呼ぶような抽象的な発表はまずかったのではないかと思います
宮内庁と学習院のあいだで話しあって解決すれば済むことだと思いますし、子供同士のことなので、よくあることなのではないかと私も思います
ただ…これは私の勝手な想像ではあるんですが、学習院にもいろいろな子どもたちがいて、必ずしも皇室にいい思いを抱いていない人の子供もいて、特に雅子さまに批判的な思いを抱いているような人たちの子供が、親がそういう話をしているのを小耳に挟んで、そのことで愛子さまに暴言を吐いたのだとしたら…これはかわいそうだとは思います
あくまでも想像ですから何とも言えませんが、これだけ雅子さまを批判する人がいるのですから、いわゆる保守派の中にいる東宮批判派が学習院に通う子供の親にいてもなんら不思議はありません
そうなると、もはや子供同士の問題とは言えなくなるのかもしれません
とにかく真相がわからず、あちこちの雑誌がどこまで本当なのかわからないような記事を書いていますよね
週刊誌というものは得てして事実無根の記事を書いたり、脚色して書いたりするものですが、このような事態を招いたのは、中途半端な内容を発表した宮内庁に原因があるようにも思います
異常なまでの警戒:特に雅子さまに批判的な思いを抱いているような人たちの子供が、
>特に雅子さまに批判的な思いを抱いているような人たちの子供が、

>保守派の中にいる東宮批判派が学習院に通う子供の親にいてもなんら不思議はありません

どうしてそこまで「保守派の中にいる東宮批判派」のことに警戒するのか。

管理人氏のような、雅子妃の不行状を温存したい創価学会員にとっては最も嫌な論者だから・・・ね。

追伸
デヴィ夫人の件、少々誤解を招きました。失礼
デヴィ夫人はその一方で致された人を田原キャスターと同じく、生きていないと言ったり、「北の将軍様」と仲良しだったりで、今度も「北朝鮮ツアー」を主催し、メンバーをもう集めたとのことであり、その意味では「反日系東宮批判」の疑いもあるので注意が必要です。
コメント欄には保守系東宮批判の声があふれていますので、ひとまず紹介までとさせていただきます。

コメントの方は「雅子さま」「皇太子さま」「愛子さま」で思考停止している保守陣営に是非お読みいただきたい。

ワガママ皇太子妃にワガママ ・ プリンセス?|デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10479345167.html
No title
あちこちでよく見られる見解に「適応障害の原因は男児出産へのプレッシャー」というのがありますが(主さんもそのようですが)、今まで東宮側の発表ではこのことに触れたものは一切無いと思います。
「キャリアによる人格を否定された」と皇太子は言いました。「例えば海外になかなか行けなかったこと」とも言いました。
その後の大夫や医師の見解発表でもその件は出てきてはいません。長官?かどなたかが、「海外よりまずは出産を」となかなか海外訪問の予定をいれなかったという話をどこかで聞いたような気がしますが、東宮の公式発表ではあくまでも男児出産が病気の原因とされたことはないとも思います。
主さんは、どうして適応障害の原因が「男児出産プレッシャー」なのだと確信したのでしょうか。
ぽいぽいさんへ
コメントありがとうございます
返信が遅れてすみません
たしかに宮内庁や東宮からの発表はありませんよね
そういう意味では本当に男児出産のプレッシャーが適応障害を引き起こしたのかどうかは「わからない」と言えるのだとは思います
ただ、私は、いろいろな状況や状態から雅子さまは男児出産のプレッシャーが大きな原因となり、適応障害を患うに至ったのではないかと思っています
確信をしたわけではなく、そうなのではないかなという想像の域を出ないのですが、かなり確信に近い思いはあります
それに、雅子さまの場合、男児出産のプレッシャーの前に、不妊に悩んでいたように思うし、男児に限らず子供がなかなか授からないことに長いこと悩んでいたのではないかなとも思います
他の記事にも書いているので、そちらを読んでいただけたら…とも思いますが、なかなか子供を授かることができずに悩み、やっと授かった子が女の子で、本人はとてもうれしく思うけど、まわりは「次は男の子を」だのと期待をし、男の子を産まなければ意味がないように思われていることを感じ、男の子を授からない限りはこの苦しみからは解放されない…ということに悩んだように私は想像しました
雅子さまが適応障害になった時期からしても、2人目へのプレッシャー…しかも男の子でなければならないプレッシャーが大きかったのではないかなと思うのです
私は2人目不妊を経験したので、そのへんの気持ちはより想像しやすかったのだと思います

東宮側から正式に発表がないとのことですが、これはなかなか発表できることではないと思います
皇位継承は子供を産んでこそ保たれるものですから、子供が産める産めないに関わることはもちろん、子供の性別などについて発表がないのは当然なのではないかなと私は思います
皇太子夫妻に限らず、「女の子と男の子どちらがほしいですか」などという質問はぜったいになされないし、「お子様のご予定は」とか「○人目のお子様について」という質問には、うまく答えて直接の回答にはしないということは多いですよね
天皇陛下も他の皇族たちも女性天皇・女系天皇の皇位継承についてコメントを控えていますし(そうではない皇族の方もいますが)、あまりにセンシティブな問題過ぎて触れられないんじゃないかと思います
皇位継承権が男系男子にのみ与えられている状態ですから、男の子がほしいのは当然でしょうし、できるだけたくさん皇位継承できる男児をもうけてほしいという気持ちもあると思いますし、それは発表しなくても暗黙の了解のようにみんなが感じていることだと私は思います
もし発表されるとしたら…、雅子さまが男児を出産した後に、「実はこうでした…」という形で発表されるのではないかと思います
雅子さまは完全にお世継ぎ問題から解放された状態ではありませんよね
そういう状態でありながら「男児誕生のプレッシャーを感じています」ということを述べることはできないのではないでしょうか
No title
私は皇室ファンでテレビしか見てなかったんですが 最近インターネットで 2チャンネルとか存在する事を知りました。

雅子様への批判、酷いです。
公務をしないことを批判されるのは 仕方ないのかもしれないけど、
中傷は酷すぎて 読んでると悲しくなります。
特に外見のことをいうなんて 小学生レベル。自分が言われたら傷つく事を他人に言ってはいけません。
なんて酷い人が多いんだろうと呆れます。
こんなことをする人がいるから 雅子様の心が回復しないんだと思います。

書いてる人は 人の悪口を言う事を楽しんでる暇人です。最低です。
さきさんへ
コメントありがとうございます
そうですね、雅子さまへの批判は目に余るものがあると思います
人間ですからいろいろな感じ方があると思いますし、中には雅子さまのような人が皇太子妃であることをよく思わない人がいるとは思いますが、だからと言ってあることないこと批判材料にしたり、外見をおもしろおかしく取り上げたり、さきさんのおっしゃるようにまさに「小学生レベル」だと思います
雅子さまがこんな現状を知ったらとてもじゃないけど心は回復しないでしょうね

雅子さま批判を楽しんでいる人たちは人として何かが欠けている気がします
ストレス発散でもしているのでしょうか…かわいそうな人たちです
要は批判の中身であり、何故批判されるかなのだ
すでに再三述べているが、雅子妃一家の問題点については大きく以下の4つに集約されよう。
ちなみにこういった問題は両陛下や秋篠宮ご一家にはないことだ。
以前にも書いたが一部追記する。

1.雅子妃と反日との数々の接点
 売国外務官僚の父・小和田恒「A級戦犯」を断罪、「日本ハンディキャップ論」
 本人も外務省出身
 野村一成東宮大夫も元ロシア大使であり、外務省出身。しかも小和田の腰巾着。
 雅子妃の身元調査をしようとしたとき部落開放同盟から抗議を受けた。
 反日思想の拠点・国連大学に足繁く通っている。
(ここの管理人はこれを突かれて打ち消しに必死になっているようだが)
 創価学会(皇太子も関与)
 春先のスキー静養先のホテルグランフェニックス奥志賀の経営陣は在日朝鮮人。
 未確認だが、愛読書は大江健三郎との情報も。

2.女性として社会人として恥ずかしい言動の数々。
下記参照

皇室全般画像掲示板
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

3.入内の不審な経緯
★初対面の場・エレナ王女歓迎の茶会の出席者名簿に手書きで「小和田雅子」…こんなことが許されるのか?
★昭和末期から行われていた,国民への売り込み.
★今上両陛下や護衛官の目を盗んでの“再会”.
★女性・女系天皇計画との連動.
★「自信」「決意」宣伝…代替わりまでの執拗な時間稼ぎ工作.
★愛子天皇への道をつなぎとめておこうとの工作.
★徳仁天皇が小和田に操られる危険.

詳しくは下記を

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2008/01/post_a544.html#comment-33550853

4.愛子内親王殿下へのしつけがまったくなっておらず、国民への悪い手本になっている。

「ご病気」であろうと説明のつかない、あるいは許されない問題。
「ご病気」以前に起こしていた問題言動。
数多くあるのだ。

反日まみれであることひとつとっても到底看過できる問題ではない。

特に気にかかるのは、東宮批判に反発する人たちは、こういった部分、すなわち

「何故、雅子妃らが批判されるのか」

にまったく触れようとしないこと。
触れようとすると必死に逃げようとしたり、話をそらしにかかったり。

何か、

「雅子妃の非を暴かれては都合の悪いこと」
「雅子妃を悪者にされては都合の悪いこと」

があるのかと思わざるを得ない。

このサイトの管理人はこういった雅子妃批判のポイントについて糾しても、相も変わらず無視し続けている。
以前のサイト

http://blog.livedoor.jp/dailydiary/

で己の卑劣な正体を私に暴かれてから逃げ出し、このサイトを設置したわけだが、今度は都合が悪いと回答しないわけか。

雅子妃批判に異議があるのなら、この4つのポイントについてきちんと正面から反論していただきたい。

国連大学について必死に言い訳を始めたようだが。
No title
ブルーフォックスさんへ

関係ないのに横からすみません。

だからといっていっていいことと悪い事があると思います。
たとえば外見の悪口とかファッションセンスの悪口とか関係ない。こういうのもけっこう多かったです。
雅子様のことを悪く書いてる人がどんな人なのか知らないけど、人の悪口でストレス発散なんて最悪です。
それに私は雅子様の顔、好きです。
愛子様の学校の付き添いは どうかと思いますが。
さきさんへ
私当てのコメントではありませんが…

この人のことは相手にしないほうがいいと思います
何を言っても話し合いになりません
どうせ、さきさんもわたしが自作自演をしている1人だって言われるのがいつもの落ちです
はじめましてこんにちは。
こんにちは。
ネットサーフィンしていてこちらに辿りつきました。


ながくブログを運営しておられるのですね。
管理人さんは、確固とした理念をもって運営しておられるように感じました。
その姿勢が頼もしくて、コメントしたくなりました。

管理人さんが考えておられることは、私には理解できます。

応援していますv-278
ゆゆさんへ
コメントありがとうございます
ゆゆさんのような方からコメントをいただけてとてもうれしく思います
とても励みになります
ありがとうございました

いろいろありますが、私としては誠実な気持ちでこのブログを続けていきたいと思っています
何かご意見があったら、お聞かせください
笑わせるな!
>私としては誠実な気持ちでこのブログを続けていきたいと思っています

笑わせるな創価学会もしくは在日朝鮮人の工作員。
第三者(別の読者)に見えないところでは平気で嘘をつき、議論相手に非があるかのように見せかけようとする詐術を再三再四仕掛けておいて、よくもこんなことが言えるものだ。


さき殿へ
雅子妃批判について、中身に触れようとせず、見たくない聞きたくない、嫌だ嫌だと逃げ回っていては、問題の解決にはなりませんよ。
無用な揶揄が一部にあることは事実ですが、反日性・反社会性・非道徳性など、雅子妃らには批判されるべきところは十分あります。

紀子様がどうしてあのプロポーションを維持するのにかなりのお金をかけているなんて言い切れるのでしょうか?
根拠は?

あなたの意見は中立ではなく、東宮>秋篠宮に思えてしまいます。
あの・・ URL | 2010/06/13 11:01様の「中立ではなく、東宮>秋篠宮」とのご指摘ごもっとも
管理人殿
上記の方の「中立ではなく、東宮>秋篠宮」とのご指摘ごもっともである。

いかに?
なお、他の投稿者にも閲覧できるように、貴殿の段ボール様への言い訳を併記させていただく。

http://diarydaily.web.fc2.com/tocardboard_20100612.html

さらにこの言い訳が以下のスレッドの続きであることも併記させていただく。

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-194.html

さらに貴殿について述べた記事、改めて読み返していただきたい。

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/100850
「あの・・」さんへ
コメントありがとうございました
「お金かかってそうだし」という表現ですから、別に言い切っているわけではありません
この件では他の方にも指摘されたので、たしかに私が東宮寄りの立場で見ていると思われてしまうかも知れません
ただ、ここでの文章の前後を読み取っていただきたいです
私としては、お金をかけているのは雅子さまだけではないということを言いたいのです
私は紀子さまが美容に相当なお金をつぎ込んでいるのかどうかはしりませんが、一般的な視点から見て、皇室の人はいつも人に見られるという立場であるから、それなりにお金をかけて美容を保つようにしているのではないかと思っています
そのようなことにお金が使われるのは当然と言えば当然ですけど、それも当然税金があてがわれるわけで、そのことは何も言わずに雅子さまのことばかり言われているので、雅子さまばかりがお金を使っているわけではない、ということを言いたかったのです
もう少し他の書き方をすればよかったのかもしれません

私の立場は秋篠宮家よりも東宮を…というつもりはないのですが、雅子さまの批判に対してもの申しているので、そう思われる方もあるかもしれません
お手元金の違い
こんばんは。
皆さん雅子さまを批判するばかりで、偏ったご意見が多いようです。
東宮家と他宮家は3倍近く予算が違い、その事イコール雅子さまの「無駄使い」のようにおっしゃるのですね。勘違いなさってはいけませんよ。
たとえ、もしお子様がなくても、ご病気でも、東宮妃殿下のお立場の方が上なのです。
後継者云々より、大切な事を忘れてはなりません。
紀子さんについて言わせていただけば、一生懸命さを誤解されないよう、ご自分の分を弁えて行動なさるべきでしょう。
今から姫宮さま方の御降嫁時のお支度も、二人分用意が必要ですから、節約なさるのが当然です。
ただ、ケチと思われないよう、食品のお下げ渡しは早めになさらないと、食中毒の季節ですから、心配です。
では、おやすみなさいませ。
久邇晃子さんへ
コメントありがとうございます
たしかに東宮には大きな予算が組まれていますよね
それだけで批判材料になってしまっているようなところはありそうです
私としては…やはり次の天皇となる存在ですから、それなりに予算が充てられて当然かなと思います
悠仁さまが云々…とも言われますけど、このままで行けば次は秋篠宮さまが皇太子になりますから、そうすれば悠仁さまにも十分将来天皇になるための手当がなされるはずですし…
そのへんのところは想像にすぎませんけどね

眞子さまや佳子さまの結婚のことも考えなくてはならないんですね
やっぱり一般市民と違ってお金がかかるんでしょうか
それはそうと、宮家は貯金ってできるんでしょうか
貯金ができればいいですけど、よく予算よりも少なく済んだら次年度の予算は削られる…なんてことがお役所ではありますよね
皇室の場合はどうなんでしょうか
また禁止キーワードか
管理人氏へ
禁止キーワード故こちらに書く↓

http://blog.livedoor.jp/daily_diary/archives/51436233.html#comments

久邇晃子さんを僭称する人物(当方では雅子妃実妹池田礼子と断定)の僭称活動を容認するのはいかなるゆえんか?
管理人氏へ
段ボール様も

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-194.html

指摘しておられたが、久邇晃子さんを僭称する人物(当方では雅子妃実妹池田礼子と断定)の僭称活動を容認するのはいかなるゆえんか?
はじめまして。
雅子様は「適応障害」ではないと思います。

そもそも、皇室に嫁がれて初めから、朝も起きていらっしゃらず・・ってありえません。

世界中、まともな人なら、いくらご実家が自堕落な生活で、その中で育たれていたとしても、起きる努力をするでしょう。
我が家の中学二年の娘でも、それくらいの常識はあります。

まして、東宮様を待たせた挙句、毎日お一人で食事をさせるなんて・・・。

不良のお姉ちゃんたちだって、少なくとも新婚の数年くらいは一生懸命、彼より先に起きてご飯を作るのでは?

雅子様は、ご飯を作らなくてもいいのですから、せめて起きられないものでしょうか・・。

人として初歩のことですらこの調子ですから、万事でしょう。民間にお嫁入りされてたら、それこそ一年も経たず返品されます。

時代が時代なら・・・。
まして、朝鮮王朝なら、もし、妃としての素養・資質の欠如ならびに、妃の一族にも朝廷を脅かす謀反の罪があるのなら、廃妃および一族郎党処刑になるかもしれませんよね。

「最初から適応する気のない我儘自堕落病」か、
「適応しなければいけないことにふて腐れて、
やる気のない我儘自堕落病」か・・もっと
悪質でなければいいけれど・・。

とにかく、これ以上ないほどの「甘え体質」であることは間違いないと思います。

ただ、皇太子様はもともと芯のない方でいらっしゃるようですが、あたたかいご両親のもとでお育ちになった分、雅子様に何も言えないけれど、何かとお寂しい思いはなさっていらっしゃるのではないでしょうか。お気の毒ですが、国民は、情けない皇太子様に失望しています。

非常識なことも、何もかも妃の言いなりで、コントロールの一つもすることのできない皇太子に天皇が務まりますか?
国民の心がつかめますか?

・・・「全力でお守りします会見」の時に一抹の不安があったのですが、大当たりでした。

あと皇太子様が国民を絶望から救うことができるただ一つのことは、廃太子を申し出ることではないでしょうか。

そうして、邪まな画策で皇室を脅かす組織から開放され、ご家族三人、静かで自由きままな毎日を過ごされるのがお幸せかと。雅子様が皇太子でなくなった方についていかれるかわかりませんが。

今の皇太子ご夫妻が天皇・皇后におなりになるくらいなら、天皇制もなくてもいい、と思う国民も結構いると思います。
・・・それが狙いかもしれませんね・・。

日本と皇室をただお守りください。




くくりさんへ
コメントありがとうございます
思ったのですが、雅子さまは適応障がいではないとか、雅子さまがはじめから朝起きて来なかったとか、それらの情報はどこから得たものなのでしょうか
週刊誌や批判派の言っていることをうのみにしているように思えます
また、精神的な病いに対する見方も精神的な病いについて理解のない典型のように感じます
批判派の典型的な思い込みを濃縮したようなコメントだと感じました
私はこのような批判派の姿勢に対していかがなものかという思いがあり、このブログを始めました
人それぞれ感じ方・考え方がありますから、すべての人とわかりあうことは難しいとは思いますが、最低限事実が何であるかを踏まえた上でものを言うべきではないかと思っています
仮に適応障害としても
くりりさんの仰っていることを「批判派」と言い捨てるのは如何なものでしょう?

病気を錦の御旗にして、レジャーは皆勤
愛子様の校外学習に付きまとい完全に同じ工程をストーカーしたとか。
尋常なお振舞いではありません。

適応障害なら環境を変えるのが一番
(雅子様は自分が変わる気がないんですから)
伝統の何たることかご存じない方ならいざ知らず、
「高学歴な外交官子女」なのに努力した形跡もない
ただ成金のように遊ぶのが病状回復の手段として正当化されるわけがない

複数の精神科医に正式な診断書の提出と顔だし記者会見をさせないと「仮病」が定着しますよ。
海松子びっちさんへ
コメントありがとうございます
「言い捨て」たわけではなく、ただ「言った」だけです
感じたまでを書いたまでです
「言い捨てた」と取るか、「言った」だけだと取るか…それは受け止め方によって変わってきそうです

また、「付き添った」と取るか「つきまとった」と取るか…
人それぞれですね
いろいろな受け取り方があることを改めて感じました
ひとつのご意見として受け止めました
はじめまして。あなたは正しいと思いますよ。レジャー三昧や税金のムダとおっしゃる頭の弱い方にいくら正論を言ったところで通じるとは思いません。もう最初から話を聞く気がないのですから

友達も家族もいないんじゃないでしょうか。あの雅子さまの目を見て誰が普通の状態だと思いますか?サボってると思い込んで批判したいだけの低脳な人間です。そんな人がいるから治るものも治らないんじゃないかと思います

私も雅子さまを批判するときに紀子さまを引き合いにだす事に疑問を感じていました。紀子さま関係者かと思うほどです。
あいさんへ
コメントありがとうございます
私としては雅子さまのことを批判的に言う人たちのことに対し、あまりにも事実とかけ離れている場合や同じことを雅子さまがしたときだけ批判される場合などに対しもの申したいと思っています
同時にそう感じる人たちの意見はひとつの感じ方・捉え方として受け止めたいと思っています
自分の意見と合わない人たちのことをはじめから決めつけようとせず、話し合いができたら…お互いより深くわかってくることもあるのではないかと思うのです
言いがかりをつけられると何か言いたくなる気持ちにもなるのですが、そうしてしまっては皮肉の言い合いになっていまって語りたいことから反れてしまいますし、努めて冷静にものごとを判断し、そして語ることが大切なのではないかと感じています
No title
皇室の方々のことをあれこれ言うのはよくないと思います。
にゃん子先生へ
コメントありがとうございます
皇室の方々のことをあれこれ言うのがよいのかよくないのかは、人それぞれではないかと思いますが、自分の意見にそぐわないものはダメで、自分の意見に合うものはOKという考えになりがちのように感じます
私はあれこれ言うにしても、そこに一定のマナーが求められると思っているので、公人だからと言って何でもかんでも言っていいとは思っていませんが、だからと言ってまったく語れないのでは「言論の自由」から大きく外れることにもなります
一定のマナーの基準を述べるのはたいへん難しいのですが、私の書いたことで「これはまずい」ということがあれば、その箇所を教えていただき、なぜまずいのかを教えていただきたいです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。