スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
雅子さまは小学校3年から高校1年までのあいだ、田園調布雙葉学園で学んだそうですが、田園調布雙葉学園に入学できたのは、雅子さまの妹さんが入学できたからなのではないか、という人がいます
雅子さまは父親の仕事の都合でニューヨークの小学校に通っていましたが、日本に戻り日本の公立小学校に小学校2年まで学び、3年のときに田園調布雙葉学園に編入したそうです
雅子さまの編入について妹さんたちが合格したから編入できたということが、一体どこから出てきたものなのか、がまず疑問です
それに、雅子さまと雅子さまの妹さんたちは3才違いですから、雅子さまが編入したときには妹さんたちは年長の年です
妹さんたちは田園調布雙葉学園の幼稚園に入園したのか、それとも小学校から入学したのか、そのへんがわからないので何とも言えませんが、真妹さんたちが合格したから雅子さまも編入できたとするのはちょっと無理があるように思えます
昔の作家のエッセイ(昔といっても昭和くらいですが)などを読むと、お兄さんやお姉さんが成績優秀だったので妹や弟も優秀だろうと思われてそれなりの扱いを受けた…ということが書いてあったりもするので、兄弟のでき次第で合格なんてことがなかったとは言えないと思います
でも、下の兄弟の成績で上の兄弟が合格するなんてことはあまり聞いたことがありません
雅子さまが日本に戻ってきたのは小学校1年の3月で、この時期はもうすでに入学試験などは終わっていたのではないかと思います
学年の途中でも編入できるのかどうかなどはわからないのですが、日本に帰って、とりあえず公立の小学校に通って、翌年の試験を受けて3年生から編入したのではないか…と私は思うのですが、どうなんでしょうか
雅子さまが編入試験に1度落ち、2回目で合格して編入したと書いてあるサイトもあります
っていうか、ほんとどうでもいいことだと思います
雅子さまの母親も田園調布雙葉学園出身ですから、娘にも同じ学校で学ばせたいと思うのは、ごく自然な成り行きだと思います
私は公立の学校ばかりに通っていたので、私立学校に縁がないのでわからないのですが、お金がかかっている分それなりの教育をしてくれるのが私立学校なのかなあとは思います
いずれにしても、雅子さまがどういういきさつで田園調布雙葉学園編入になったのかとか、何度目で受かったのかとか、大したことじゃないと思います
別に学歴を詐称したわけじゃないし、何も悪いことはないと思います
皇室関連の報道を見ていつも思うんですが、なんていうか、皇族のことをやたらと優秀優秀と言うような気がします
実際によく知りもしないで、優秀だと報道し、でも実際にはそれほど優秀ではないってこともあるんじゃないかと思います
前に、皇太子さまのビオラを「プロ並みの腕前」だと書いてあったのを見たことがありましたが、実際にYou tubeでちょっとだけ聴いてみたら、正直「うまいの、かな?」と思ってしまったことがありました
私はビオラを弾かないのでわからない部分も多いと思いますが、それでもプロ並みの腕前ではないなあと思いました
こういうことが、皇室関連の報道では多々あるのではないでしょうか
私は雅子さまのその後の学歴などを見ても、控えめに言っても勉強はそこそこできた人なのだと感じています
この編入に関しては情報がなくてよくわかりませんが、批判の対象になるようなことではないと思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは。シェリーです。
今回は、お言葉に甘えて、個人的な意見を言わせていただきたいと思います。

そんなくだらない噂まであるんですか・・・。
出典が週刊誌なのか、ネットなのか、判りませんが、
噂を流した人たちのその想像力たるや・・・(いつもながらに)驚きですね。
噂というのは、一度、一人歩きをしてしまうと、
それを流した本人ですらが、
収拾をつけることは難しくなるというのが常です。
そして内容が、真偽をつけにくいものであればあるほど、
心ない人たちの独壇場となってしまいます。
そもそも、たとえ対象者が否定する機会を得たとしても、
不特定多数を相手にしている以上、
噂の完全なるリセットなど到底無理なんですから・・・。
だからこそ、誰であれ、発言には気をつけるべきです。
もちろん受け止める側にも責任が伴います。
法に触れる、触れない云々ではなく、良識の問題です。
それに対象者が人目につく人物であればあるほど、
なぜか「有名税」という名目で、人権が軽んじられてしまうのも不思議ですよね。

今回の噂については、雙葉学園の当時の学園長にでも出てきていただかないかぎり、
想像の域を超えることは誰にもできないでしょう。
ますます、根拠のない噂を流されてしまう雅子様を、お気の毒に思ってしまいます。
ほんと、シェリーさんの言う通りだと思います
なんでもかんでも批判の対象にしてしまっている感じがしますよね
「こうなんじゃないか」と誰かが口にしたことがいつのまにか「こうなのだ」に変わってしまっている…というのはよくあることなのかも知れませんが、雅子さまのような皇族は、そのような噂を否定する機会すら与えられないことが多くて、批判され放題になっている気がします
皇室のことはわからないことが多いが故に想像ばかりが膨らんでしまっているようですね

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。