スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
だいぶ前からですが、派遣社員の解雇が問題になっています
派遣社員は短期間での契約で雇うという雇用形態なのだから、仕方がないとは言え、急にやめてくださいと言われたら、それはたいへんなことだと思います
会社の寮に住んでいた人は、この寒い時期に住む場所も追われてしまうわけだし、そんな人たちが大勢いることはやはり大きな問題です
テレビのニュースなどでも毎日のように取り上げていて、よく目にするのですが、実際に解雇された派遣社員を追った映像を見ていて思うことがあります
これから住むところを探さなくちゃならない、蓄えもない、そういう人たちが何故にぷかぷかタバコを更かしているのでしょう
私はタバコを吸わないので、タバコの依存性の強さなど想像するしかないのですが、これからどうやって生活していこうかと困っている人たちがタバコをふかしているのを見ていると、あまり同情する気になれません
あと数百円しかないという人が、何百円という価格のタバコを買ってどうするのだ、と思ってしまいます
厳しい言い方をすれば、先が見えずに不安はあるけど、とりあえず何とかなるだろう…と残りわずかな所持金をはたいてタバコを買ってしまうというその場しのぎ的なやり方で、派遣社員になったのだろうし、収入が入っても貯金もせずに使ってしまったのでは?と思ってしまいます
そういう人ばかりではないとは思いますが、そういう人が多いのではないかと感じます
自分がどういう仕事に向いているのか、どういう仕事をしたいのかがわからないでいるのかもしれませんが、だとしても多少の蓄えをする必要はあると思います
寮に住んでいたのなら、住居費はそれほどかからなかっただろうし、貯金だってできたはずです
入った給料の大方を酒やタバコ、道楽につぎこんでしまったのでは?と思ってしまいます
国の政策にも問題があるとは思います
マスコミから求められた演出もあるでしょう
でも、先の見通しをせずにそのときよければいいやで来てしまった本人の責任は大きいと思います
スポンサーサイト
社会のこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。