スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
情報源は月刊テーミス2004年11月号だそうです

雅子さまの「マスコミ嫌い」は、結婚前から有名だった。
お后候補報道が過熱した当時、雅子さまの一挙手一投足は連日、各社のカメラマンにマークされた。
外務省>の元同僚によると、雅子さまは「マスコミってウジ虫みたい」とこぼしたという。
小和田番だった大手新聞社のカメラマンは、
「駅のホームで電車を待っていた雅子さまを撮ろうとしたら、タートルネックのセーターの襟を伸ばして顔を隠されました。
そこまで神経質な人が、皇室に嫁いで大丈夫かなと心配になった」と述懐する。


マスコミってほんと蛆虫みたいだと私も思います
どんなところにでもわっと湧いてきて、取っても取ってもいなくならないしつこい存在…まさに蛆虫そのものですよね
とっても適切な表現だと思うのですが、どうでしょう
私は有名人でもないし、マスコミに追いかけられたこともないのだけど、根も葉もないことであちこちのサイトで執拗にいろいろと書かれまくったことがあります
それだけでもほんとにうんざりしました
雅子さまは当時自分がお妃候補だなんて思っていなかったようだし、そういう状態で連日連夜マスコミに追いかけ回されるのは相当つらいと思います
雅子さまのマスコミ嫌いは結婚前から有名だっていうけれど、こんなふうに追いかけ回されたら嫌いになるのは当然でしょう
マスコミに追いかけられて、ニコニコうれしそうにしているとしたら、マスコミに追いかけられたい・世間から注目されたい目立ちたがり屋な人だなあと思ってしまいます
タートルネックで顔を隠したって言うのも、それほどマスコミがしつこかったってことで、雅子さまに精神的苦痛を与えたことを反省していただきたいですね
もっともマスコミはネタのためにはモラルもないような人たちの集まりですから、反省なんてしないんでしょうけれど
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。