スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
情報源はわからないのですが、雅子さまの写真が載った記事は見たことがあります
レポーターが自宅から出てきた雅子さまに直撃取材をしていたら、雅子さまと雅子さまの妹が突然笑い出したという内容だったと思います
雅子さまに取材を行なったレポーターが語った内容です:

「その日は、雅子さまのお誕生日の翌日でした。朝7時すぎ、雅子さまは妹さんとふたり、出勤のために家を出ていらした。私とカメラマンはロケバスを飛び出し、さっそく取材を始めたんです。まずはストレートに「皇太子さまに会われましたか?」「お誕生日に、皇太子さまから何か贈り物はありましたか?」とうかがうと、雅子さまは「そういうことは、ございません」とキッパリ。もちろん、ぶしつけな質問をした私がいけないのですが、雅子さまは固い表情で、まさに取りつく島のない感じでしたね。
それでも、何とかして雅子さまのコメントがほしかった。それで、とにかく雅子さまにくっついて、行けるところまで行こうと考えたんです。
ところが、雅子さまも妹さんも、歩くのがものすごく速くていらっしゃる。私もカメラマンも、必死の思いでおふたりについていきました。でも、相変わらず、何をお尋ねしても雅子さまは何もおっしゃらない。ですから、「では、一般論として、浩宮さまのご結婚についてどう思われますか」なんて、あの手この手で質問したんです。
でも、やっぱりダメ…。そうこうするうち、駅前の信号が赤になり、お二人の足が止まりました。すると突然、本当に突然、雅子さまが声を出して笑い始めたんです。何がおかしくていらっしゃったのか、目に涙をためて、身をよじって笑っていらしたんです。汚い格好をして、お二人のスピードに追いつこうとしていた私の姿が滑稽だったからなのか、それともカメラマンの風貌がおかしかったからなのか。
いまだに、雅子さまがあのときに大笑いされた理由は、わかりません。もし機会があったら、ぜひお尋ねしたいですね」


これを読んで思ったことは、マスコミってほんとにやな奴らだなあということです
これは雅子さまが結婚してから書かれたもののようで、雅子さまに対して敬語も使っているし、丁寧な書き方もしているし、自分の取材の仕方に非があったようなことも書いてあるけれど、でもやっぱりネタにしているだけ、ですよね
出勤時の忙しいときに突然やってきてマイクを向け、ぶしつけな質問をあびせまくり、しつこくついてくる…そうされてうれしい人はいないでしょう
これが何度行なわれたことか…そりゃマスコミが好きになるはずはないと思います
雅子さまもあの手この手でマスコミ対策をしてきたんだと思います
はじめは丁寧に受け答えもしていたと思うのですが、何を言っても取材をやめないし、ぶしつけな質問ばかりしてくるマスコミに、何も語らなくなったんじゃないでしょうか
雅子さまたちが横断歩道で止まって笑い出したわけですけど、私にはその理由がわかる気がします
マスコミを振り切るために必死に早足で歩いていたのに、横断歩道で信号が赤になって追いつかれてしまって…笑えてきますよ
それに、自分がお妃候補だとは思っていない雅子さまは、否定しても否定しても追いかけてくるマスコミに対する思いがなんだか馬鹿げたものに感じられたんじゃないかとも思います
身に覚えのないことで追いかけられるとそれに怒りを感じるけれど、その度が過ぎると今度は笑えてきたりする…そういうかんじなのかなと私は想像します
私自身の経験ですが、私のことをプロ市民だの創価学会信者だのあちこちで振れ回っていた人に対してはじめは怒りを覚えたけれど、そのうちなんだか馬鹿馬鹿しくなって、相手にすることすらあほらしく思えて、悲劇を通り越して喜劇的だなあと感じてきたのとよく似ているんじゃないかなあ…と思ったりもします
最近はようやく間違いだったのかな、って気づいてきたのかな、という感じもしますが、事実でないことを振れ回ったことを反省したり悪かったなんて思ったりはしないんでしょうね
自分がそういう目に遭うと(たぶん)血眼になって抗議するのに、ねえ…
話が反れました
雅子さまがレポーターの前で笑ってしまったのは、上記のとおり「わかるなあ」という思いですが、皇太子妃となったあとにこういう記事が載ったり、写真が残ってしまうのはやはり痛い話だと思います
お妃候補のことで騒がれた頃、私はまだ子どもだったので、うる覚えなのですが、お妃候補とされる女性の中には、リポーターに質問されてもはじめから無視を決め込んでいた人もいたので、雅子さまの対応は悪いほうじゃなかったのでは、と思います
一応ちゃんと相手をしてくれていますしね…
ただ、こういう話が後々語られるのはやっぱり痛いことだと思います
スポンサーサイト
皇室について。 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
>>横断歩道で取材を試みるレポーターを妹と一緒にクスクス笑ったこと

これはYoutubeにも動画が上がっていましたね。
確かにクスクス笑っておいででした。
正直、あまりいい感じはしませんでしたが、既にマスコミに悪い印象をお持ちだったのでは・・。
まっぽりさんへ
こんにちは、コメントありがとうございました
私は動画では見たことがないのですが、写真を見ました
たしかにクスクス笑っているかんじでした
私も正直あまりいい感じはしないと思います
追いかけ回すマスコミにうんざりしていたのだと思います
よかったらYou tubeの動画を教えてください

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。